登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
朋有り遠方より筑波山に来たる 亦た楽しからずや 筑波山(関東)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2019年11月2日(土)

  • パーティ

    3人 (Yamakaeru さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:カーナビには筑波山神社をセット。市営の駐車場はいくつかるが、今回は赤い鳥居の手前左上に入った市営筑波山第3駐車場を利用。500円。140台規模。綺麗なトイレあり。神社付近にもお土産屋さんの駐車場などあるが、800円等割高なところもあるので注意。数100m歩くくらいがちょうどいい。

  • 天候

    晴れ
    [2019年11月02日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

市営筑波山第3駐車場(08:43)・・・筑波山神社(08:57)・・・白雲橋コース登山口(09:06)・・・弁慶茶屋跡地(09:51)・・・弁慶七戻り(09:54)・・・母の胎内くぐり(09:58)・・・陰陽石(09:59)・・・出船入船(10:02)・・・北斗岩(10:07)・・・女体山(10:24))(休憩~10:42)・・・かえる石(10:46)・・・筑波山頂駅(10:54)・・・男体山(11:05)・・・筑波山頂駅(11:34)(昼食~11:56)・・・水場・男女川(12:13)・・・筑波山神社(12:52)・・・市営筑波山第3駐車場(13:10)

朋有り遠方より筑波山に来たる 亦た楽しからずや。。。
登山仲間の先輩が東京に来る機会があり、足を延ばして遊びに来るという。「是非、筑波山に登りたい」との連絡があったので、これはもう最高の登山にせねばと、県内に住む別な先輩にも声をかけ3人登山を計画した。。。
当日、天候は快晴。つくばに向かう車中からは、双耳峰の綺麗な山容が見えていた。
つくば駅の前で、8:00丁度に先輩をピックアップ。今日は観光も兼ねた登山なので、ゆっくりした工程を組んでいる。
9:00に筑波山神社でもう一人の先輩とも合流。久しぶりの再会を喜び合う。3連休だけあって、多くの観光客でにぎわっていた。
今日のルートは奇岩が並ぶ白雲橋コースを使って登り、ケーブルカー沿いに延びる御幸ヶ原コース(みゆきがはらコース)で降るコースとする。自分が初めて筑波山に登った時と同じコースを辿る。
「西の富士、東の筑波」と富士山と並び称される日本百名山の筑波山。先ほど双耳峰と書いたが、男体山(標高871m)と女体山(標高877m)の2つの均整の取れた2つの頂を持つ。日頃、トレーニングで使っている山(野坂山)よりも低いが、これがまた結構タフな登りが楽しめる。
筑波山神社にご挨拶をして、そのまま右側へと進む。暫く行くと民家の横に登山口があり、ここから本格的な登山がスタート。真っすぐな杉が立ち並んだ森。朝の木漏れ日が美しい影を織りなしている。広めの登山道なので、登山者が多い筑波山では渋滞を避けることができて、個人的にはお勧めのルートだ。
針葉樹林帯から広葉樹林帯に稙層が変わると眺望が徐々に開けてくる。
弁慶茶屋跡地に到着。平らな場所で休憩ポイントとなっている。家族向けのつつじヶ丘からのコースが合流する地点でもあるため、小さいお子さん連れの登山者もいっぱい休憩していた。
弁慶茶屋跡地から直ぐのところに最初の奇岩が出現する。「弁慶七戻り」。岩と岩の間に大きな岩が挟まっていて人がようやくくぐれる空間ができている。かつて武蔵坊弁慶が、今にも落ちそうな岩を前に、進もうかどうしようかと怖くて七回後戻りしたという逸話が残っているとか。さすがにそれは武蔵坊弁慶に失礼な逸話で、子供も「きゃっきゃ」と言いながら楽しそうにくぐっていた。
天照大神を祀る稲村神社の横を過ぎ、鉄梯子を登ると「母の胎内くぐり」に到着。「母の胎内くぐり」は、岩をくぐり抜けることで生まれた姿に立ち返るとのこと。かなり年を重ねているので、きっと百回ぐらい回らないといけないか。笑。
次いで見上げるような大きな二つの岩が、寄り添って立っている「陰陽石」に到着。
更に進んで「国割り石」。ここを過ぎるとようやく女体山が視界に入ってきて、二等辺三角形の整った鋭いピークがかっこいい。
暫く遊歩道のようななだらかな稜線が続く。最後に二等辺三角形の急登が待ち構えているので、そこまでの体力温存ルートだ。この稜線沿いにも奇岩が続く。石の形が出船と入船が並んでいるようなところから名付けられた「出船入船」。大黒様に似た「裏面大黒」。石門のようになった「北斗岩」。
斜度が増してくると、さすがに渋滞が発生してきた。3歳ぐらいの女の子だろうか。家族と一緒に頑張って登っていた。「えい、えい」と言いながら、とても小さいのに大人に負けじと登っている姿に凄いと感心。その瞬間、滑っておでこをぶつけたようで大きな声で泣き出した。笑ってはいけないが、それさえも愛らしい。
大きな岩がゴロゴロした急登を登りきると、神社のすぐ横に出る。筑波女大神を祀る本殿。天浮橋と呼ばれる橋が架かっていて、渡りきるとついに女体山の山頂。
山頂にはせり出した大きな岩があって、よじ登ると360度の絶景が待っている。
ここからの風景はいつ見ても最高だ。左手には、岩瀬駅から続く裏筑波山の縦走路として雨引山、燕山、加波山、足尾山が見えている。その奥向こうには並行して走る山系、吾国山、難台山、愛宕山。近場だけではなく、筑波山の凄いところは、まさしく関東はとてつもなく広い平野なんだと改めて認識できるほどの360度の眺望。地図の上に立っているかのように遠く隅々まで見渡せることだ。天気が良いので富士山も見えるかと思ったが、残念ながらお昼近くなって霞が出てきたようで姿を確認することはできなかった。
持ってきた秋の味覚みかんをほおばり暫し絶景に見とれる。
一旦、双耳峰のコルに当たるケーブルカーの筑波山頂駅方面へと降りてから男体山へと向かう。男体山は、女体山程の眺望はないが、その分混雑も比較的少なく、落ち着いてゆっくりできるため、個人的には気に入っている。あでやかな女体山に対して、寡黙な男体山というイメージだ。
筑波山頂駅方面へと戻り、石畳の階段脇でお昼ご飯とする。暖かい陽射しで心地よい。
降りは、筑波山頂駅の右手側から入って御幸ヶ原コースで一気に下山。今年は紅葉が遅れているとよく聞くが、筑波山もまだ色づきには早く色とりどりの中の登山とはいかなかったが、小春日和の天候にも恵まれて先輩を迎えてのよい登山となった。
最後に、筑波山神社の下で、保存会が行っている筑波山名物「筑波山ガマの油売り口上」を見ることができた。「一枚が二枚。二枚が四枚。。。」韻を踏んだ巧みな話術もさることながら、観客も巻き込み会場一体となった語り口上が既に芸術の領域だと思う。ぜひ、筑波登山の際には立ち寄って欲しいものだ。

登山中の画像
登山画像
筑波山の赤い鳥居をくぐります。
登山画像
筑波山のマップ。今日は白雲橋コースで登り、御…
登山画像
神社前の大杉。
登山画像
筑波山神社。今日は七五三のようですね。
登山画像
杉が並ぶ森を抜けていきます。
登山画像
お参り。
登山画像
弁慶茶屋跡地では家族連れの登山者がいっぱい。
登山画像
武蔵坊弁慶はそんなに臆病じゃないでしょ。笑。…
登山画像
「母の胎内くぐり」左側に潜り抜ける空間があり…
登山画像
見上げるような大きな二つの岩が、寄り添って立…
登山画像
奇岩のポイントがいっぱい。
登山画像
大きな岩。
登山画像
ここまでくればもうすぐ山頂です。
登山画像
筑波女大神を祀る本殿の横を抜けて天浮橋を渡る…
登山画像
女体山の山頂です。
登山画像
みよこの絶景。とても低山とは思えない。
登山画像
裏筑波の縦走路が見えます。
登山画像
双耳峰の男体山も見えます。
登山画像
混雑している山頂を陣取っているおっちゃん。実…
登山画像
秋の味覚、みかんを食べながら休憩。
登山画像
女体山の神社。筑波女大神を祀る本殿です。
登山画像
ぽいっ。入れ!!かえる石の口に入るとお金持ち…
登山画像
筑波山頂駅にやってきました。男体山が目の前に。
登山画像
男体山につきました。こっちはひっそり。寡黙な…
登山画像
筑波山頂駅の付近でお昼ご飯。
登山画像
御幸ヶ原コースの水場、男女川。
登山画像
説明書きです。
登山画像
ケーブルカー。写真じゃわかりませんが、急な斜…
登山画像
神社まで降ってきました。
登山画像
保存会が行っている筑波山名物「筑波山ガマの油…
登山画像
「一枚が二枚。二枚が四枚。。。」その鋭い刀で…
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    同じ空の下、素敵な仲間ですね。

  • Yamakaeru さん
    小春日和のなかの楽しいひと時。 ^_^

  • レオ さん
    素敵な思い出ありがとうございます。
    なにを見ても新鮮で本当に楽しい2日間でした。ガマの油?ききました(^.^)

  • Yamakaeru さん
    まさか、ガマの油にあんな秘密があったとは。でも、本当に治りが早かったのは驚きでした。またお越し下さい。^_^

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年12月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?