登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
経ヶ岳 多良岳 2019秋 多良岳 経ヶ岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

コシアブラ さん
  • 日程

    2019年11月10日(日)

  • 利用した登山口

    黒木  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:前日移動
    北九州(16:30)~飯塚~佐賀~道の駅白石(20:30頃着,車中泊)
    この道の駅はできたばかりのようで新しく,静かだった。
    当日(5:30発)~黒木集落奥の駐車場(6:25頃着)

  • 天候

    晴れのち曇り
    [2019年11月10日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

黒木(07:02)・・・つげ尾(08:07)[休憩 8分]・・・経ヶ岳(08:33)[休憩 5分]・・・平谷越(08:49)・・・タワラギ山(08:59)・・・平谷越(09:07)・・・舞岳(09:36)・・・中山越(09:46)・・・笹ヶ峰肩(10:04)・・・役行者像(10:25)・・・多良岳(10:43)[休憩 4分]・・・前岳(本多良)(11:01)・・・鞍部(11:12)・・・役行者像(11:50)・・・金泉寺(11:54)・・・中岳(12:28)・・・五家原岳(12:52)[休憩 4分]・・・横峰越(13:14)・・・横峰越・五家原岳標識(13:54)・・・黒木(14:09)

総距離 約17.3km 累積標高差 上り:約2,055m
下り:約2,055m
コースタイム 標準:9時間31分
自己:6時間46分
コースタイム倍率 0.71
黒木集落から経ヶ岳,多良岳,五家原岳を周回した。
駐車場からは山間の集落がだんだん明るくなって見えてきて,いい天気のなか巡ることが出来そうな感じ。
身支度してまず経ヶ岳を目指したら,最初はなだらかな樹林下歩きも直ぐに傾斜がきつくなり,つげ尾までガレ場の延々の急登。つげ尾付近は僅かに平坦も,すぐロープ設置の露岩急登になりそこを越えたら山頂だった。
経ヶ岳山頂からは360度の好眺望。霞がかった感じだったのは少し残念だったが,九州西部の海と山が見渡せた。
そこから平谷越までは再び露岩の急斜面でロープが設置されている。恐怖を感じるほどではなく,手頃な高さと長さだった。
平谷越を通過してタワラギ山へ,この山は経ヶ岳から見た通り山頂部は平坦部に雑木が立ち上がって眺望がないため,直ぐにUターンし平谷越から下って舞岳へ,平谷越から下る際に道を見失い少し斜面を歩いたが,GPSを見て登山道に復帰し舞岳へ,ここの山頂は狭くシャクナゲが立ち上がって眺望はないが,花の時期は良さそうだ。
役の行者像は意外と小さい。お参りし少し石段を上ったら,ここもロープ設置の急登。過去に転落死亡事故があったらしく注意表示板が目に付くが,三点支持で慎重に登降すれば問題はない。
登りきると尾根の反対側を巻いて多良岳神社に行くが,尾根の左に国見岳と表示板があったので,少し先に行っていたが,折角来たのだからと戻って国見岳に行ってみた。
50m無い位の平坦尾根を向かうと行き止まり,その手前の足元に小さな国見岳と書いた板が置いてあった。やはりその名の通り,経ヶ岳,五家原岳など眺めがいい。
戻って多良岳山頂は石造りの祠とその前面に境内。大きな切り石を運び上げる苦労を凌ぐ信仰心はなかなかのものと感心する。
次に前岳へ移動。急斜面を下ったのちに巨岩を渡り歩き前岳。
巨岩の登りにくいところにははしごがかかっている。頂部の平らな岩が座禅岩かな?見晴らしも良いし確かにその上で座禅を組んで下界を見下ろすと気分もスッキリ,いい修行になりそうだ。
前岳からの眺望はなし,なので直ぐに延々と先を下って鞍部から山麓を戻って来たが,途中でまた道を見失い,GPSを見ながら斜面を歩き役行者像の少し手前で登山道に復帰した。
金泉寺は再建間もないのか新しく,そこを横目に中岳へ向かったが,山頂手前までの尾根歩きは傾斜もなだらかで歩き易い。途中にはザレた急斜面があったが,ここにもロープがあり助かる。
中岳を通過,先の鞍部から再び登り返す。
五家原岳山頂は人工建造物で風情がない。アンテナや建物が無ければこれまた素晴らしい眺めだろうけど,現代社会の犠牲となっているが致しかたのないところだ。
黒木集落まで横峯越経由延々の下り,途中少し林道歩きがあるが直ぐに沢へ,次に舗装路に出て集落へ。
黒木集落の人達に挨拶しながら駐車場に戻って来た。
 今回の山は標高1000m前後の低山だが,登山口も低い位置にあるので標高差もあり,ピークがニョキニョキあって登降が繰り返すことから登り応えがある。
夏は暑そうだが,ガイドブックによれば花の季節は色々な花が咲いて見どころが沢山あるようだ。
ということで,次回は花の時期に来ようと思う。
 帰る途中,平谷黒木トンネルを鹿島側に抜けた先にある平谷温泉に入って汗を流し,前の晩にお世話になった道の駅白石に立ち寄って,レンコンチップスと玉ねぎの入ったスティック状のソフトケーキのようなものを買ってきた。旨かった。

登山中の画像
登山画像
駐車場から下り,100m位で登山口へ
登山画像
登山口
登山画像
ショートカットで左に入る
登山画像
獣除けの柵を開いて出る
登山画像
最初の沢渡り
登山画像
延々とガレ場が続く
登山画像
つげ尾
登山画像
経ヶ岳山頂直下は露岩の急斜面・・・ロープが設…
登山画像
経ヶ岳到着。いい眺めです
登山画像
佐賀(鹿島・白石)方面
登山画像
雲仙方面・・・遠く雲仙岳
登山画像
諫早市方面
登山画像
大村市方面
登山画像
佐世保方面
登山画像
雲仙方面をアップで・・・諫早湾の堤防道路が見…
登山画像
山頂から少し先の岩場から丸いタワラギ山
登山画像
多良岳とそれに続く尾根,山・・・これから行く…
登山画像
こちら側の斜面も岩場で急。ロープあり
登山画像
平谷越
登山画像
タワラギ岳山頂も木が立ち上がって何も見えない
登山画像
舞岳・・・ここも木が立ち上がって見えない。シ…
登山画像
中山越
登山画像
笹ヶ峰の側壁
登山画像
役の行者像は鳥居のたもと
登山画像
役の行者像
登山画像
国見岳・・・急な斜面を登りきって左に少し行っ…
登山画像
国見岳から。右端が経ヶ岳
登山画像
五家原岳・・・アンテナが見える
登山画像
多良岳頂上の神社・・・かなり大きな石があるの…
登山画像
前岳
登山画像
途中,座禅岩あたりから振り返って多良岳
登山画像
雲仙岳はガス,諫早湾の堤防道路が良く見える
登山画像
直下の紅葉
登山画像
経ヶ岳方面の直下の紅葉
登山画像
佐賀(鹿島,白石)方面の直下の紅葉
登山画像
前岳の紅葉
登山画像
前岳到着
登山画像
前岳からヒョロヒョロの樹林下を下る
登山画像
また役の行者のところに戻って来たが,途中,道…
登山画像
中岳到着・・・年配の団体さんでいっぱいだった
登山画像
五家原岳へも結構な斜面が待っていた
登山画像
到着・・・アンテナ乱立で風情がないし,車で来…
登山画像
横峯越
登山画像
林道に合流
登山画像
黒木集落を歩く
登山画像
経ヶ岳たち
登山画像
黒木バス停
登山画像
朝の登山口に無事到着
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

コシアブラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年4月3日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。