登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
翁山(雪の山頂から山形の名山を眺める)2019 翁山(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん
  • 日程

    2019年11月22日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:翁橋の手前に数台駐車できるスペースがあります。橋から先の林道は荒れていて、SUVの四駆でなければ通行は難しいようです。今は降雪があり、普通タイヤではハリマ小屋まで行けません。

  • 天候

    晴れのち曇り
    [2019年11月22日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

翁橋(10:00)・・・ハリマ小屋(11:03)【休憩10分】・・・山頂(13:10)【休憩15分】・・・ハリマ小屋(14:25)・・・翁橋(15:10)


総距離 約10.3km 累積標高差 上り:約780m
下り:約780m
 最後の秋を楽しもうと思い、快晴の早朝、翁山を目指した。
 ところが予想に反して、東北の脊梁、奥羽山脈はすっかり冬山と化していた。翁橋からの林道は積雪に覆われ、ハリマ小屋付近は数十センチも積もっていた。林道には人の足跡はなく、ウサギやキツネ、カモシカ、クマの足跡しかない。冬タイヤを付けた四駆でないと、林道の走行はできない。翁橋に車を止めてきて正解だった。ハリマ小屋までの林道歩きでさえかなり難儀する始末だった。

 膝下までの積雪量に、ハリマ小屋から引き返そうと思ったが、とにかく行けるところまでいってみようと、登山道入り口からまた歩き始めた。登山口の杉林には立派な看板があり、そこから沢を3本ほど横切ってブナ林に入る。雪が多いので、渡渉も大変である。

 ブナ林の中も数十センチの雪が積もっていた。登山道はようやくうっすらと分かる程度で、赤テープもない。もちろん先行者の足跡も皆無である。急斜面を登るところで道は途切れていたため、斜面の下をまっすぐ進んで行くと谷にぶつかった。もしかして道を見失ったのではと思いGPSで確かめると、確かに外れていた。

 急斜面まで戻って、夏道らしいくぼみを見つけ、そこを登る。ここが一番紛らわしいところで、急斜面以外は夏道のくぼみが分かる。ブナ林の夏道をラッセル状態で登り、山腹を巻きながら高度を上げて、ようやく稜線に出た。通常の3倍ほど時間がかかっている。

 ゲイターを車に忘れてきたため、靴に雪が入ってすっかり濡れてしまったが、構わずに進んだ。今日は気温が比較的高く、靴の中が濡れてもそれほど冷たさは感じない。ただ、稜線上の雪は深い所で膝上まであり、かき分けながら進むのにかなり体力を使う。晴れていた空が曇ってきて、気持ちも萎えてきたが、樹間から山頂付近が見えたので、萎えた気持ちを鼓舞し、ほとんどラッセル状態で進んだ。

 13時10分に山頂着。翁橋を10時発なので、3時間ほどの行程となった。山頂は360度の展望。高曇りで、山形の名山を一望できる。月山、葉山は目の前に大きく、その左手奥に朝日連峰が連なっている。右に目を転ずれば鳥海山から神室連峰、そして栗駒山まで白く輝いていた。船形山から泉ケ岳、そして仙台市街も見える。黒伏山、柴倉山の輪郭もはっきりしている。何とも贅沢な眺めだ。これまでの疲れと不安と逡巡が、一瞬にして一掃された。

 下りは踏み跡が付いているので快調に飛ばす。13時30分に山頂を発ち、途中で休まず、15時10分に翁橋に戻った。

登山中の画像
登山画像
尾花沢市郊外から見える葉山
登山画像
月山
登山画像
雲がたなびく葉山
登山画像
翁山が見えてきた
登山画像
翁山から黒倉山への稜線
登山画像
青空
登山画像
翁山が近くなる
登山画像
翁橋から出発
登山画像
翁橋
登山画像
林道を歩く
登山画像
カラマツとヤマモミジの落ち葉
登山画像
月山が見える
登山画像
カラマツ林
登山画像
雪が深くなる
登山画像
ラッセル状態になってきた
登山画像
ハリマ小屋に着く
登山画像
雪囲いがしてある。スコップの位置に注目!
登山画像
綺麗に整頓された内部
登山画像
登山道入り口
登山画像
美しいブナ林
登山画像
夏道を頼りに進む
登山画像
斜面をトラバース
登山画像
対岸へ
登山画像
ここの斜面は歩きにくい
登山画像
ブナの大木と蔦
登山画像
トラバース
登山画像
稜線上に出る
登山画像
山頂近くの祠
登山画像
翁山山頂。動物の足跡があるだけ。
登山画像
鳥海山
登山画像
神室連峰
登山画像
葉山と月山
登山画像
黒倉山への稜線
登山画像
朝日連峰
登山画像
月山
登山画像
鳥海山
登山画像
小又山
登山画像
火打岳
登山画像
栗駒山
登山画像
船形連峰が遠くに見える
登山画像
下山を開始する
登山画像
鳥海山
登山画像
葉山と月山に向かって進む
登山画像
ハリマ小屋に着く
登山画像
翁橋に戻る
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?