登山記録詳細

雪山登山
参考になった 4
黒斑山~蛇骨岳 黒斑山・蛇骨岳(上信越)
img

記録したユーザー

koharu29 さん

この登山記録の行程

車坂峠(10:20)・・・車坂山(10:35)[休憩 5分]・・・赤ゾレの頭(11:40)[休憩 5分]・・・トーミの頭(11:55)・・・黒斑山(12:15)・・・蛇骨岳(12:40)[休憩 35分]・・・黒斑山(13:40)・・・トーミの頭(14:00)[休憩 5分]・・・車坂峠(14:55)

総距離 約6.7km 累積標高差 上り:約634m
下り:約634m
コースタイム 標準:4時間
自己:3時間45分
コースタイム倍率 0.94
冠雪した浅間山の綺麗な縞模様を楽しみに黒斑山へ。長野市は前夜から雪が降っていたので、浅間山付近も雪が降ったことが予想された。前日からの天気予報では午前中は曇りで強風とのことだったが、予報に反して朝から晴れており風も弱そうだったので、少し遅い時間帯ではあったが出掛けることに。前日からの荒天の影響か、10時でも登山者用の駐車場はガラガラで、登山者は少ない様子。
登山口付近から薄らとした雪が着いていた。チェーンスパイクは持っていたが、まだ滑り止めが刺さるほどの雪はない。日が当たる場所はそこそこ暖かいが、日陰に入って風が吹くとかなり寒く感じたので、防寒対策は万全にしておくことが必要。
上りは展望のよい表コースへ。上るにつれて八ヶ岳、北アルプス、四阿山等の上信越の山が綺麗に見えてくるので、時々立ち止まって振り返るのが楽しみ。シェルターが近付いてくると、雪が着いた黒斑山や浅間山の姿を楽しめる。槍ヶ鞘やトーミの頭からの景色は、いつ見ても素晴らしい。
トーミの頭から黒斑山にかけて少しずつ雪が多くなってきて、頭上の木々にもこんもりと雪が積もっている。冬ならではの美しい景色に見とれながら歩けばあっという間に黒斑山に到着する。午後の予定がなければJバンドから草すべりまで周回したかったところだが、3時頃には下山している必要があったので、蛇骨岳までで我慢。(そもそも出発時間が遅すぎて時間的に無理だった…。)
黒斑山から蛇骨岳までの登山道は日当たりが悪いため一際気温が低く、雪を踏みしめるとキュッキュと締まった音がする。寒さのため少し急ぎ足になりながら蛇骨岳まで行けば、群馬側の景色が一望できて、一瞬寒さも忘れてしまう。強風だと蛇骨岳に長時間滞在するのは難しいが、この日は風もほとんどなかったので、蛇骨岳でランチタイムに。カップラーメンでお腹の中を温めて、展望を存分に楽しんでから往路を戻ることにした。
帰りは中コースへ下ったが、表コースよりも日が射さず気温が低いため、靴が泥だらけにならずに済んだ。この先は雪が積もる一方だと思うので、足元も服装も万全にして出掛けることをお勧めします!(^^)!

登山中の画像
  • 登山道入り口付近の様子。雪の量は全体的にこんなものでした。
  • 車坂山からは八ヶ岳が見えます
  • 少し登ると、背後に北アルプスも見えてきます
  • 黒斑山にはしっかり雪がついていました
  • お~、久しぶりに間近で見たなぁ(^^♪
  • トーミの頭 この稜線が泥だらけです
  • トーミの頭からの景色は圧巻です
  • 蛇骨岳からJバンドまでの外輪山は、見れば歩きたくなります
  • キレイ!
  • 人が少なくて、写真も撮り放題でした
  • 蛇骨岳からの景色も、また素晴らしいのです!
  • 外輪山の北側の木々は、さらに雪をまとって綺麗でした
  • 四阿山
  • 田代湖も見えてます
  • 草津白根山
  • 富士山も見えた!
  • 蛇骨岳からみた黒斑山
  • いよいよ冬ですね
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、カトラリー・武器
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

koharu29さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高峰温泉 ~浅間山
    高峰温泉
    チェリーパークラインは災害復旧工事が終わり、通常運行に変わりました。12月6日までメンテナンス休館です。
    19年12月01日(日)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

koharu29 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年12月7日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?