登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 2
五葉山BCスキー2020 五葉山(東北)
img

記録したユーザー

100ski さん
  • 日程

    2020年1月26日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:岩手県道193号線釜石側冬季ゲート手前路肩駐車スペース(五葉林道分岐)

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

7:09釜石側冬季ゲート―8:27赤坂峠―9:12賽の河原―9:31畳石―10:40石楠花荘10:50―11:02五葉山三角点頂上11:12―11:33五葉山最高地点頂上11:44―11:57五葉山三角点頂上12:08―12:15石楠花荘12:23―12:43五合目―(熊野川源頭部沢部滑走)―14:32岩手県道193号線標高645m地点―14:44釜石側冬季ゲート


総距離 約14.2km 累積標高差 上り:約963m
下り:約961m
今回は、日本三百名山、五葉山で山スキーしてきた。
2年前に五葉山で山スキーしたが、三角点頂上に登ったものの、下山してから最高地点頂上があることを知り、気持ちにシコリを残してしまった。
今回の五葉山は、そのシコリを取り除く山スキーである。
前回は、岩手県道193号線大船渡側冬季ゲート手前の大沢ルートで登ったので、今回は、釜石側冬季ゲートから赤坂峠ルートで登ることにした。
釜石側冬季ゲートからスタートし、赤坂峠までシールで県道を登った。
赤坂峠から登山道に入り、シールのまま登った。
賽の河原、畳石を経由して、石楠花荘に登った。
標高が上がると、積雪が多くなり、モナカ雪になり、稜線部になるとシュカブラが出てきた。
五葉山三角点頂上に着き、眺めを楽しんでから、更に奥の五葉山最高地点頂上に行った。
五葉山最高地点頂上は、迷路のような樹林に覆われており、複数の尖った巨岩のピークだった。
岩の上に登って眺望を楽しんだ。
三角点頂上に戻り、石楠花荘に向けて滑走し、五合目付近まで登山道周辺を滑走した。
五合目付近から、疎林の熊野川源頭部を滑走し、沢部を滑走した。
沢部は下の方になると、倒木が積み重なり、岩が多く露出し、檜の幼木の藪で覆われていた。
仕方なくスキーを外して沢の底まで歩いて下り、熊野川の川岸に沿って、滑走したり、シールで進んだり、ツボ足で歩いたり、渡渉したりして、県道の標高645m地点に合流した。
県道に入ると、冬季ゲートまでノンストップで滑走して下山した。
下山後、夏虫のお湯っこで入浴し、夕食を食べて、家に帰った。

登山中の画像
登山画像
岩手県道193号線釜石側冬季ゲート
登山画像
県道
登山画像
県道
登山画像
赤坂峠
登山画像
赤坂峠登山口
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
賽の河原
登山画像
賽の河原
登山画像
登山道
登山画像
畳石
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
石楠花荘
登山画像
登山道
登山画像
五葉山三角点頂上
登山画像
五葉山頂上三角点
登山画像
五葉山三角点頂上
登山画像
五葉山三角点頂上
登山画像
五葉山最高地点頂上
登山画像
五葉山最高地点頂上
登山画像
五葉山最高地点頂上
登山画像
五葉山最高地点頂上
登山画像
五葉山最高地点頂上
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
石楠花荘
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
登山道滑走
登山画像
熊野川源頭部滑走
登山画像
熊野川源頭部滑走
登山画像
熊野川源頭部滑走
登山画像
熊野川源頭部滑走
登山画像
熊野川源頭部滑走
登山画像
熊野川源頭部滑走
登山画像
熊野川源頭部滑走
登山画像
熊野川源頭部滑走
登山画像
熊野川沢部
登山画像
熊野川沢部
登山画像
熊野川沢部
登山画像
熊野川沢部
登山画像
熊野川沢部
登山画像
熊野川沢部
登山画像
県道標高645m地点
登山画像
県道滑走
登山画像
県道滑走
登山画像
県道滑走
登山画像
県道冬季ゲート前
登山画像
夏虫のお湯っこで入浴
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、グローブ、手袋、軍手、サングラス、腕時計、カメラ、非常食、行動食、GPS機器、アウタージャケット、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、アイゼン、ビーコン、ヘルメット
【その他】 スキー 兼用靴 ウィペット シール クランポン
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

100skiさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

100ski さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...