登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
鐘ヶ嶽経由で大山へ 大山(関東)
img

記録したユーザー

ジュンパク さん

この登山記録の行程

広沢寺温泉入口 7:35--(10分)--7:45 浅間神社入り口 7:45--(38分)--8:23 覗きの松 8:23--(19分)--8:42 七沢浅間神社 8:53--(2分)--8:55 鐘ヶ嶽 8:55--(16分)--9:11 広沢寺温泉分岐 9:11--(8分)--9:19 林道出合 9:19--(19分)--9:38 不動尻 9:38--(49分)--10:27 ピーク(三峰山分岐) 10:29--(4分)--10:33 唐沢峠 10:33--(19分)--10:52 ベンチ 11:12--(11分)--11:23 ベンチ 11:23--(19分)--11:42 見晴台分岐 11:46--(19分)--12:05 大山 12:13--(32分)--12:45 ベンチ 12:45--(20分)--13:05 ヤビツ峠 13:05--(34分)--13:39 沢(水場) 13:44--(15分)--13:59 蓑毛

総距離 約14.1km 累積標高差 上り:約1,855m
下り:約1,637m
コースタイム 標準:6時間55分
自己:5時間39分
コースタイム倍率 0.82
またまた大山へ。今度は、不動尻から入る。その前に、バス停からの長い車道歩きを避けようと鐘ヶ嶽経由とする。
広沢寺温泉入口バス停から表示板に従って短い坂道を上がると、簡易トイレが二つ。その少し先が鐘ヶ嶽への分岐。5分ほど行くと、登山口でもある七沢浅間神社の鳥居となる。登山道は、神社の参道でもあることから丁石が建てられており、迷うことは無い。ただし、低山といえど、急登していくところもあり、最後の石段は急勾配で長い。お社は、山の上の神社としてはなかなか立派。東側が開け、スカイツリーやうっすらと筑波山も望める。神社から60m程登ると、鐘ヶ岳山頂だが、生憎と、視界は利かない。
山頂からは、尾根伝いに進む。こちらのルートもしっかりしている。途中、ピークを巻いていくところは、狭いのかロープが付けられているが、使うほどのことはない。リスが木の上に逃げていった。間もなく山神隧道上の分岐に。ここを右に下っていけば、隧道を通らずに舗装された林道に出られる。
後は、不動尻に向かって進んでいく。一部の凍っているところは慎重に歩く。不動尻は、昨年の台風の影響で随分と荒れている。倒木などもあるが、歩く分には支障ない。三峰山との分岐から林の中の急登が続く。途中、うっすらと雪が残るところも。
1時間弱でピークに。表示はないが、ここから三峰山に縦走していくこともでできる。直ぐ先の唐沢峠に下り、大山へと登っていく。やはり、うっすらとした雪が目立つ。
広い尾根に出ると気持ちが良い。左は、関東平野、右は大山。途中のベンチで休憩するのがこのコースでの楽しみの一つ。エネルギーの補給ができたところで最後の階段登りへ。しかし、これがまた応える。一歩、また一歩。見晴台分岐まで来れば、先が見えてくる。日当たりが良くなり、ぬかるんだ道が続く。人通りも多くなる。
大山に到着すると、早々に裏側へ。スッキリとした富士山を楽しむ。でも、雪は少なめか。その右に南アルプスも少し見えている。
そのまま参道へと回り込むと、多くの登山者とすれ違いながら、ヤビツ峠分岐へ。ここから先は、大分人の数が減ってくる。それでも、トレイルランの団体が後ろから来たりする。毎回のように下っている道。ヤビツ峠上のベンチで小腹を満たそうかと思っていたが、団体さんがいたので、諦めて蓑毛に下る。蓑毛では、直ぐにバスに乗れたが、大日堂のベンチで持って来た食料を食べ尽くす。頭上には紅梅の花が咲いている。次のバスで秦野駅に出る。

登山中の画像
登山画像
バス通りから鐘ヶ嶽を見上げる
登山画像
バス通りから入っていく道
登山画像
七沢浅間神社入り口(登山口)
登山画像
参道の途中には丁石が建てられている
登山画像
覗きの松。小さく大山が見える
登山画像
神社手前の長い階段
登山画像
七尾浅間神社
登山画像
七尾浅間神社から東側の展望
登山画像
鐘ヶ嶽山頂。視界は利かない
登山画像
山神隧道上の分岐(鞍部)
登山画像
不動尻への林道に出たところ
登山画像
不動尻周辺は荒れている
登山画像
巨木を見ながら登る
登山画像
三峰山分岐でもあるピーク
登山画像
唐沢峠
登山画像
広い尾根にあるベンチ。大山を望む
登山画像
大山に直登
登山画像
階段がきつい
登山画像
山頂から富士山がきれいに見えた
登山画像
ヤビツ峠に下る途中から見える富士山
登山画像
水場でもある沢を渡れば蓑毛はもう直ぐ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、防寒着、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジュンパクさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ジュンパク さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年3月30日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、春の訪れを感じるようになってきた