登山記録詳細

雪山登山
参考になった 7
すべてが凍る強風の天狗岳 東天狗岳、西天狗岳、中山、高見石(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2020年2月9日(日)

  • パーティ

    4人 (Yamakaeru さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:カーナビに渋の湯「渋御殿湯」をセット。渋御殿湯手前100m(右側)ほどの所に有料駐車場あり。約40台。日帰り:1,000円、山で宿泊:2,000円。宿泊者は無料。トイレあり。ただし、冬季は雪かき等の関係で朝6時以前はロープが張られていては入れないため注意。受付は渋御殿湯。マップコード(218 714 827*50)。携帯ほdocomo、auは少なくともダメだった。

  • 天候

    晴れ
    [2020年02月09日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

渋の湯・渋御殿湯(07:09)・・・八方台分岐・・・唐沢鉱泉分岐・・・黒百合平・黒百合ヒュッテ(08:48)・・・東天狗岳(10:09)・・・西天狗岳(10:31)・・・中山峠・・・見晴らし台(11:45)(昼食~12:01)・・・にゅう分岐・・・中山・・・中山展望台(12:27)・・・高見石・高見石小屋(13:07)(休憩~13:22)・・・賽の河原・賽の河原地蔵(13:51)・・・渋の湯・渋御殿湯(14:40)


総距離 約12.2km 累積標高差 上り:約1,072m
下り:約1,071m
仲間と合流して夜の高速を飛ばす。
登山口となる渋の湯に着いたのは6時半ごろ。6時から受付開始と聞いていたので程よい時間だ。車の外に出ると空気が痛いほどに冷たかった。つい先日までは冬とは思えない穏やかな気温が続いていたが、この週末は大型の寒気到来で久しぶりに東北や北陸に雪をもたらしている。
今回は仲間と一泊がけの雪山遠征。この渋の湯を起点に1日目は天狗岳。2日目は蓼科山を歩く。
渋の湯(渋御殿湯)は以前も使ったことがあるが、まさしく秘湯と言われるだけあって趣のある温泉なので楽しみだ。。。
楽しみだ。。。と思っていたのに、受付開始早々、いきなりおばちゃんの洗礼を浴びる。
「中のトイレは使えますか?」と聞いたら、「外の駐車場のトイレ。書いてあるでしょ。中はだめだよ。」と、きっつい一言。宿泊者ではないと勘違いされたのか?それにしてもそんな尖った言い方をしなくても良いのに。ただ、振り返ってみると終始そんな感じだったのできっとそれがデフォルトのようだ。ツンデレならぬ、ツンツン。笑。
以前、天狗岳に来た時は、宿の下にある駐車場に停めたが、24時間フリーだったような記憶があるが、今はロープが張られていて、受付者(車)が来るたびに、おばちゃんが走っていってロープを外しているようだった。それは機嫌も悪くなるというもの。料金箱でも設置しておけばいいのに。
さて、装備を整えて、いざ出発。登山ポストに届を出してから橋を渡る。
前回は西天狗から登ったが、今回はまずは黒百合平を目指す。
それにしても雪が少ない。
太陽が完全に顔を出したようで、木漏れ日が差し込んできた。光が雪の結晶に反射してキラキラしている。
早めにアイゼンを着用して先へと進む。履くほどではなかったが、今年はとかく雪山が遠のいているので、早く雪の感触を感じたくて仕方がない。
キュッキュッとアイゼンの雪を噛む音が心地よい。
斜面が緩くなってくると、黒百合平も近い。木々の間から青い空が見えている。きっと遠くまで見渡せるだろう。山頂からの絶景が楽しみだ。
前方に屋根の一部が見えてきた。黒百合ヒュッテ。名物のラーメンを食べたことがあるが、特に冬は冷え切った身体を心底温めてくれて最高に美味かった。
ヒュッテの前では、5張りほどのテントが設営されていた。羨ましい。羨ましいが、ヒュッテ入口の温度計を見るとマイナス7度だったので、さぞ夜は極寒だったに違いない。
ヒュッテから樹林帯を抜けて東天狗へと進む。
天気とくらすでは、晴れの予報ながら、ちょうど今の時間帯はCとなっていた。つまり相当、風が強いと予想される。
それでも、樹林帯の中ではまだ楽観していたが、抜けた瞬間にCが現実となって、冷たく刺すような風が襲ってくる。慌てて目出し帽をかぶり身構えるが、防寒が全く効かない。天気とくらすでは山頂付近でマイナス16度を予想していた。さきほどの黒百合ヒュッテ付近の予測と実際の温度計がほぼ合っていたので、多分、山頂付近の数値も正確だろう。ただでさえ寒い上に、この強風で体感温度は軽くマイナス20度を超えている。
グローブも防寒対策をしてきたのに、指先がちぎれるように痛い。それよりもヤバいのが鼻。触るとカチカチに凍っているのがわかる。天狗岳なんて登りやすい山と、正直舐めていたが、今は厳冬期。2,500メートルを越えれば、簡単な山なんて一つもないと言うことだ。厳冬期用のグローブを持ってこなかったことを激しく後悔した。
ガレ場の急登を登っていく。雪があるからまだ歩きやすいが、ガレている上に結構な斜度があるので落石には注意が必要な場所だ。
東天狗の山頂に到着。標高2,640m。
立ってはいられないほどの強風の洗礼を浴びるが、目の前には息をのむような絶景が待っている。サメの歯のようにギザギザした稜線。一番鋭く尖っているのが、八ヶ岳の最高峰、標高2,899mの赤岳。カッコ良すぎて痺れる。
カメラを出すが、極寒が瞬時にカメラの機能を奪い去る。それでも数枚は撮れたか。
天狗岳は東と西に分かれる双耳峰からなる。一度降って、もう一つの西天狗へと登る。標高2,646m。西は尖った東に比べて対極的で丸みを帯びた優しい山容をしている。有難いことに、西天狗岳の山頂は比較的、風が穏やかだった。
南アルプスの仙丈ヶ岳が綺麗に見えていた。
ちょうど山頂に着いた時に、3人組の登山者にシャッターをお願いされた。女性が一人混じったグループで一見して仲の良さが分かる。年齢は自分たちよりも少し上か。気持ちの良い感じの方々だったので、快諾して角度を変えながら3枚写真を撮影。聞くと3年ぶりに集まったメンバーとのこと。気心の知れた山仲間が久しぶりに集う。素敵な話だ。
再び東天狗岳方面へと戻る。ただし、強風を避けるために山頂手前で巻きながら最短で東天狗岳を降りる。森へ逃げ込んで暫くしてようやく指先の感覚が戻ってきたが、逆にしびれが残ってジンジンする。
中山峠まで戻り、そこから高見石を目指して歩く。アップダウンは少なく、こちらを歩く人は少ないようで静かな森の中を楽しみながら雪を踏みしめ進んでいく。静まり返った森。雪に囲まれた世界は美しい。
中山を抜けて中山展望台へ。小高くなっていて眼下に風呂敷を広げたようにどこまでも続く大きな森が見えた。遠くにはひと際、白くなった蓼科山も見えた。
中山展望台を過ぎると、降りのコースとなる。緩やかな下りだと思っていたら、途中から急こう配にかわる。しかも、どこかの登山口についてしまうんじゃないかと思うくらいの勢いでどんどん降る。地図で確認はしていたものの、高見石小屋が見えた時には正直、ホッとした。高見石は高見石小屋の脇から50m程登ったところにある。森の中に小さな岩山が顔を出しているような感じ。眺望がよく、広い森が見渡せる。下の方には真っ白に凍った白駒池が見えた。完全に凍っているようで、池の表面にはいくつものトレースがついていた。
軽く休憩をした後、渋の湯方面に向けて再び降っていく。
八ヶ岳と言えば苔むした森が素敵な場所。今は雪景色になっているが、きっとこの辺も苔が似合う森だろう。そんな素敵な森の道を抜けていくと、突然、見晴らしの良い場所に出た。大きな岩がゴロゴロしていて、名前を聞かなくてもすぐに場所が分かる。賽の河原だ。
想像していた以上に広い空間で、伯耆大山の賽の河原を思い出す。積雪があるのでなんとか歩けるが、雪がないと足が岩に挟まってしまいそうだ。
登山道脇にちょっと太めのお地蔵さんが佇んでいた。誰かが編んであげたのか、可愛らしい青色の帽子をかぶっている。賽の河原地蔵だ。
賽の河原からは沢沿いに森の中を降るコースとなる。全体的に緩やかで周辺の地形から見ても、渋の湯は近いと勝手に思っていたが、これが実に長かった。あまりの長さにオートパイロットで歩く。そろそろか?と思ったタイミングで、風の中にかすかな硫黄の臭いを感じとった。今度こそ、ゴールも近いはず。そうなるともう後は温泉まっしぐら。そのまま温泉に飛び込みたいくらいだ。
渋御殿湯に帰着。チェックインを済ませて部屋に入る。4人一部屋で予約していたが、8人は泊まれそうな大きな部屋だった。中央にこたつもあって有難い。
温泉は2つあり、一つは石鹸がない源泉のお風呂。もう一つは石鹸が置いてあるお風呂。日帰りとして入る場合は1,000円/一人だ。確か以前来た時は石鹸がない方に入った記憶がある。
浴衣を持って、外よりも寒いんじゃないかと思うような長い廊下を通って石鹸有の方の温泉に飛び込む。冷え切った身体には最初熱すぎると思ったが、慣れたらむしろもう少し熱いぐらいでも良いと思った。
温泉で温まった後は、楽しみの夕食。温泉宿なんだからもう少し豪華でもいいんじゃないかと思ったが、まあ価格相当か。ごはんを2杯お代わりして満腹でした。ごちそうさま。
そうなるとあとは部屋に戻っての大?宴会。ただ、登山後のお酒は酔いが早く、あっという間の撃沈でした。
それにしても鼻が痛い。どうも軽い凍傷になった模様。。。

登山中の画像
登山画像
うぉーここでもう「さっぶい」予感。
登山画像
明るくなって受付を終えて出発準備。
登山画像
ここで登山届けを出してスタート。橋を渡ると登…
登山画像
黒百合ヒュッテが見えてきました。
登山画像
快晴です。 嬉しい。
登山画像
ちょっとした風景がかっこいい。
登山画像
黒百合ヒュッテの玄関。以前、入って右側のとこ…
登山画像
とげとげ。雪の結晶。
登山画像
テント泊。いいね。
登山画像
でも、夜は極寒だったに違いない。
登山画像
中山峠から。
登山画像
凍った森が広がっています。
登山画像
双耳峰の天狗岳が見えます。左が東天狗岳(実際…
登山画像
うっとりします。
登山画像
樹氷。
登山画像
八ヶ岳最高峰の赤岳が見えます。かっくいい。
登山画像
東天狗岳から西天狗岳を眺めたところ。
登山画像
東天狗岳はいつも強風。
登山画像
西天狗岳から見た東天狗岳。雲海に浮かぶ。
登山画像
南アルプスが見えています。
登山画像
蓼科山が綺麗に。。。
登山画像
西天狗岳。
登山画像
中山展望台。
登山画像
振り返るとプチスノーモンスター。
登山画像
高見石小屋。
登山画像
高見石小屋の周辺マップ。
登山画像
高見石。眺望がよく、広い森が見渡せる。
登山画像
白駒池。完全に凍っているようで、池の表面には…
登山画像
太めのお地蔵さん。賽の河原地蔵。
登山画像
渋御殿湯のマスコットキャラか?笑
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    勇者になれなかったです(涙)

  • Yamakaeru さん
    いや、素晴らしい働きでした。

  • レオ さん
    今まで経験したことがない寒さ…それだけに下山後の温泉と宴会最高でした(^。^)

  • Yamakaeru さん
    一番寒かったのは、宿の部屋から温泉までの長い廊下でしたが。。。
    とは冗談ですが。ようやく凍傷気味だった鼻に触れるようにまで復活してきました。
    この暖冬で花粉が舞っているので鼻がかめないと死にそうです。

関連する現地最新情報

  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    小屋周辺は残雪期の景色。小屋のテラスにホシガラスが帰ってくるようになりました
    20年04月03日(金)
    黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    降った雨が凍結し、小屋までの登山道はほぼ全区間がアイスバーン。登山口付近は特に注意
    20年04月03日(金)
  • 北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    29日の昼過ぎまでに25cmほどの新雪。「雨氷」も見ることができました
    20年03月29日(日)
    硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    春山らしさを感じられるようになりました。森林限界までは残雪が多く、暖かい日はスノーシューの利用をおすすめします
    20年03月28日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月6日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。