登山記録詳細

雪山登山
参考になった 4
月世界のような不思議な空間 蓼科山 蓼科山(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2020年2月10日(月)

  • パーティ

    4人 (Yamakaeru さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:ビーナスラインを通って「女の神茶屋」を目印に進む。茶屋の看板は目立つので見落とすことはないと思う。登山口は茶屋の丁度対面ぐらいに位置するが、駐車場は100m程離れた同じく対面にある。「女の神茶屋登山口駐車場」または「すずらん峠園地駐車場」と呼ばれる。約30台程度。バイオトイレあり。緯度経度36.084938 138.280616。

  • 天候

    晴れのち曇り
    [2020年02月10日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

女の神茶屋登山口駐車場(06):55)・・・標高2,110m標識・・・幸徳平(08:08)・・・蓼科山頂ヒュッテ(09:12)・・・蓼科山・山頂(09:18)・・・蓼科神社奥宮(09:32)・・・蓼科山頂ヒュッテ(09:35)(休憩~45)・・・女の神茶屋登山口駐車場(11:18)

雪山遠征2日目。
渋の湯・渋御殿湯の宿を6時に出発。途中、明るくなってきた空に八ヶ岳のシルエットを見た。痺れるほどに美しい。
ビーナスラインを通って女の神茶屋登山口駐車場に到着。既に3台程の車が停まっていた。今日は午後から天気が降り傾向にあるので、サクッと登ることにする。
今年の1月、武尊山に登った際に、遠くに蓼科山を見た。白く雪を冠していて、どこからでも一見して分かる、平らな頂の特徴的な山容を見て「よし、次は蓼科山に登ろう!」と思ったが、こんなに早く機会が訪れるとは幸運だった。
別名、諏訪富士。標高2,531mの山頂へいざ!!
女の神茶屋の道路を挟んで対面にある登山口から山へと入っていく。
最初は雪の林を抜けて進む。スノーシューが似合いそうな場所だ。もっとふかふかの新雪だったら楽しかったのにと思う。本当に今年は雪が少ない。
斜面にとりつく。地面が露出していたので、アイゼン無しでそのまま登っていく。所々で岩が凍っているため足元には要注意だが、斜面はそう長くない。登り切ると再び水平移動に移る。積雪が少し増えて気持ちが良い。
次の斜面にとりつき高度を2,100mまで上げていく。
幸徳平に到着。コースの中で最後の平らな部分。林の中から蓼科山の山頂が見えた。大きな斜面がどーんと目の前に。同じ百名山である伊吹山の3合目からの風景に似ている。まるで「さぁ、登ってこい!」と手招きをされているようだ。挑戦状の通り、幸徳平を抜けると本格的な登山モードに入り、ほぼ山頂まで続く長い直登コースとなる。アイゼンを装備して、ガシガシ登っていく。朝ご飯が足りなかったので力が入らないが、振り返ると遠くに八ヶ岳の勇姿とそのすそ野に広がる街並みが見えて、気持ちが奮い立った。
森林限界を抜けると山頂も近い。昨日の天狗岳の強風をイメージしていたが、幸い森林限界を抜けてもそれほどの風ではなかった。有難い。
直登が終わり、巻くようにして進むと半分雪に埋まった蓼科山頂ヒュッテに到着。目の前には浅間山が聳えていた。さすが存在感がある。
山頂から八ヶ岳を眺める。雲の動きが早く、赤岳周辺は既に雲の中にあった。武尊山から眺めた通り、蓼科山の山頂は真っ平で岩がゴロゴロしている。そこに雪が積もり、まるで異世界に来たような不思議な空間が広がっていた。その中に凍った鳥居がぽつんと建っていて、不思議さに神秘的なものを加えてとても絵になる素敵な風景を生み出している。登り時に蓼科山を伊吹山に例えたが、山頂がだだっ広いところも含めて全体的によく似ている。
見るみるうちに天気が崩れてきたので、帰路も考えて下山を開始。途中、雪が舞ってきたが、それでも次から次へと多くの登山者が登って来た。もっと快晴であれば、360度の絶景が際立ったに違いない。確かに大好きな八ヶ岳を眺めるのに最高の山だった。また、季節を変えて訪れてみたいものだ。

登山中の画像
登山画像
車で向かっている途中。前方に頂が平らな特徴的…
登山画像
女の神茶屋登山口駐車場に到着。既に何台か車が…
登山画像
登山口へ。前方に八ヶ岳のシルエット。うーん、…
登山画像
ここから登山開始。
登山画像
雪の林を抜けていきます。
登山画像
目の前に蓼科山の斜面が。。。さぁ、登ってこい…
登山画像
幸徳平。8時8分着。なんとHappy?!
登山画像
振り返ると八ヶ岳が。。。
登山画像
赤岳がかっこいい。
登山画像
登ってきました。
登山画像
雪に埋もれる蓼科山頂ヒュッテ。
登山画像
遠くに浅間山が見えます。
登山画像
山頂の標識まで。。。
登山画像
月世界のような空間が広がります。その中に鳥居…
登山画像
蓼科神社奥宮。
登山画像
降っていきます。ここから先は再び樹林帯。
登山画像
下山してきました。すっかり天候が。。。
登山画像
女の神茶屋
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • レオ さん
    グッドタイミングな登頂でした。有意義で楽しい2日間でした(^.^)

  • Yamakaeru さん
    最高の企画でした。念願のメンバーで忘年会のリベンジも出来ましたし。いつもながら、登山の後のお酒は回るのが早く、即ノックアウトでしたが。
    有難うございました。

  • shou さん
    2530メートル、211号室、20150805、合ってますか?

  • Yamakaeru さん
    211号室、20150805は微妙に違うような。。。。
    3歩ならず、3つ山を登ると忘れるので。はっきりしていませんが。。。笑。

関連する現地最新情報

  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    小屋周辺は残雪期の景色。小屋のテラスにホシガラスが帰ってくるようになりました
    20年04月03日(金)
    黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    降った雨が凍結し、小屋までの登山道はほぼ全区間がアイスバーン。登山口付近は特に注意
    20年04月03日(金)
  • 北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    29日の昼過ぎまでに25cmほどの新雪。「雨氷」も見ることができました
    20年03月29日(日)
    硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    春山らしさを感じられるようになりました。森林限界までは残雪が多く、暖かい日はスノーシューの利用をおすすめします
    20年03月28日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月4日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。