登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
春の花縦走路 藤原岳孫太尾根 丸山、草木山、多志田山、藤原岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2020年3月1日(日)

  • パーティ

    4人 (Yamakaeru さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:北勢町新町を目指す。北勢町新町配水場が目印。駐車場は墓地脇の空き地。20台程度駐車可。特に案内板はないためものすごく分かりづらい。また、春先のシーズンには、墓地の駐車場をこんなに占有してよいのかというくらい混むため7時前には到着していることをお勧めする。トイレは無し。

  • 天候

    晴れ
    [2020年03月01日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

孫太尾根登山口(07:07)・・・丸山(08:04)・・・草木山(08:43)・・・多志田山(09:15)・・・藤原岳(09:57)・・・藤原山荘(10:00)・・・天狗岩(10:29)・・・藤原山荘(11:49)・・・藤原岳(11:52)・・・多志田山(12:33)・・・草木山(12:55)・・・丸山(13:24)・・・孫太尾根登山口(14:06)


総距離 約13.4km 累積標高差 上り:約1,443m
下り:約1,442m
今日は3月1日。「冬山はじめました」の看板を立ち上げる前に、ついに「春山はじめました」のシーズンに突入してしまった。
雪山に行こうか悩んだが、どうしてもこの季節、会いたい花がある。春の妖精(Spring Ephemeral)を代表する福寿草。鮮やかな黄色い花には幸せとエネルギーが溢れている。
そうなると目的は一つ。花の百名山、藤原岳。愛してやまない鈴鹿山系の中でも特に好きな山で、毎年必ず一回以上は足を運んでいる。メジャーな山だけあって常に登山者で溢れている。
通常は表登山道(大貝戸道)の登山口を使うが、個人的にお気に入りは孫太尾根のコース。距離がそこそこ、急騰もそこそこと初心者には多少厳しいが、花の種類は圧倒的に多いのでおすすめだ。山頂を極めずに途中の花を散策して帰る人もいるようだ。
7時前に墓地横の駐車場に到着。決して遅くはないが、既にところ狭しと、車が停まっていた。墓地にこんなに停めて大丈夫なのかといつも心配になる。昔はマイナーコースだったが、SNSの影響が大きく今や遠方の方にも知られるようになってきている。
林を抜けて尾根にとりつく。昨年には何もなかったと思うが、入り口の登山道が綺麗に整地されていて、丸太の階段が作られていた。地元の方々だろうか。素敵な山なので、安心して歩けるコースが増えることは嬉しいことだ。
尾根沿いに登っていくと、粘土質の土の中にゴロッとした大きく白っぽい岩が目立つようになる。藤原岳によく見られる特徴で石灰岩があちこちに点在している。カツレン(石灰岩の柱)と呼ぶとか。
そこまでくるとかなり眺望も開けてくる。振り向くと、朝日に反射して輝く伊勢湾が見えた。孫太尾根の素敵なところは眺望を楽しみながら登れること。また、山頂に向かって挑戦的にガシガシ登っていけるところだ。これぞ登山って感じがする。
石灰岩のゴツゴツした岩山を登り切ると最初のピーク、丸山に到着する。小さなケルンが出迎えてくれる。
ここが、ミスミソウや節分草の自生ポイントとなる。どれどれと覗き込むと、早速、小さな節分草を見つけた。白いドレスに紫が映える。朝露をつけた小さな花びらはまだ目覚めたばかりなのか、恥ずかしそうに下を向いていた。目が慣れてくると、あちこちに節分草が咲いているのに気づく。特別に保護している所以外で、これだけの群生地は珍しいと思う。ミスミソウは残念ながら葉っぱをかろうじて見つけただけだった。こちらはタイミングが合わなかったか。
草木山を抜け多志田山へ。目の前にはラスボスの如く藤原岳の山頂が大きく聳えている。「早く来い!」とまるで挑発的に待ち構えているかのようだ。
歩いていると珍しいやつが顔を出していた。ツチグリ。タコの八ちゃんみたいなやつで、子供の頃、よく遊んだものだ。頭を摘むとボワッと胞子が拡散する。
さて、いよいよ藤原岳山頂への最後の斜面にとりつく。ここが一番の強敵で且つ福寿草の群生地となる。コースが分かれていて斜面に向かって真っ正面に挑むコースと右側に逃げて岩稜地帯から登るコースがある。福寿草は真っ正面に多く自生しているが、ここはとにかくツルツルとよく滑る。雪解け後は歩けたもんじゃない。自信がない人は岩稜の方をお勧めする。数は少ないものの福寿草はちゃんとあるので大丈夫だ。
斜面のあちこちで福寿草を見つけるが、時期が早いのか蕾のものが多い。小さく花びらを開けているのがあったので写真に収める。きっと帰ってくる頃には太陽に向かって花びらを広げていることだろう。それを楽しみにひとまず山頂を目指す。
孫太尾根から登ると眺望が最高と書いたが、もう一つおすすめのポイントがある。それは登りきった瞬間に眼に飛び込んでくる広大なカルスト台地。眼下に広がるスケール感は半端ない。ここは日本か?と思うような不思議な風景だ。もちろん、表登山道コースから登ってもこの風景にはたどり着くが、一気に目に飛び込んでくるドラマティックな演出はこちらが上手だ。
山頂に立って御池岳方面を眺める。さすが鈴鹿山系で一番高いだけあって頂にはまだ雪を残している。伊吹方面の奥にも一際白い山塊が見える。白山と能郷白山か。あまりにもはっきりと近くに見えたので、最初、違う山かとさえ思ってしまった。
時間があるので、藤原小屋まで降りて、天狗岩まで目指す。天気が安定していて、風を遮れば、むしろ暖かいくらい。小屋から天狗岩までは登山というより天空の散歩コースのようで最高だ。山頂と登山口の往復で満足する方も多いが、ここも藤原岳の魅力の一つ。折角、登ってきたのであれば是非足を延ばして欲しい。
丘を越え、森を抜けて、岩稜地帯にたどり着いたら天狗岩。見晴らしがよく先ほど立っていた藤原岳の山頂が見える。実は、標高という意味では、天狗岩のほうが藤原岳の山頂よりも高い場所にある。
御池方面に歩けるだけ歩こうかという話もあったが、お腹が空いたということで小屋に戻ってお昼とする。
帰りはピストンで同じコースを辿る。予想通り下りの斜面では太陽を浴びで福寿草もしっかり花開いていた。福寿草はひまわりのように太陽を追いかけ、パラポラアンテナのように花の向きを変える性質を持っている。力強い黄色でエネルギーを沢山もらった。
丸山の手前で、節分草に混じって一輪、ヒロハノアマナを見つけた。同じ白い花びらなので見落としそうになったが、例えるならこちらの花弁はスタイリッシュなスカートか。
その他、少し早めのセリバオウレンも見つけた。結局、ミスミソウには逢えなかったものの、今年も沢山の花に出会えた藤原岳だった。
今年も素敵な風景と花を追い求めて、低い山から高い山まで、山に存分に駆け巡りたいものだ。

登山中の画像
登山画像
尾根を登り始めてすぐに振り向くと、海が遠くで…
登山画像
今日はカメラのバッテリーを忘れて携帯で。さっ…
登山画像
今年も節分草に出会えました。
登山画像
まだ眠そう?
登山画像
可憐ですね。
登山画像
ピークの一つ。草木山。
登山画像
おおっ、ツチグリだ。タコのはっちゃんみたい。
登山画像
多志田山・藤原の山頂が呼んでいます。
登山画像
福寿草。まだ小さい。
登山画像
このガレ場を超えると藤原の山頂。
登山画像
振り返るとこんな感じ。歩いてきたルートが見渡…
登山画像
山頂です。御池岳も見えます。
登山画像
カルスト台地。ここは日本か。
登山画像
藤原の最高地点。天狗岩。
登山画像
エネルギーをもらいます。
登山画像
また来年会いませう。
登山画像
折角見つけたヒロハノアマナ。でもピンボケ。笑。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    花を見つけた瞬間、心が喜ぶのが分かりますね✿

  • Yamakaeru さん
    春だねー。雪も恋しいけど。
    春も心躍ります。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年6月2日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん!
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん! 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」。多くの方からレシピのアイディアを投稿いただきました!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?