登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
埼玉の四阿屋山~春花に会いに~ 四阿屋山(関東)
img

記録したユーザー

Virginia さん
  • 日程

    2020年3月15日(日)

  • パーティ

    2人 (Virginia さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅発(7:45)・・・R254・・・R463・・・県道126号線・・・県道397号線(狭山環状有料道路区間普通車150円/片道)・・・県道347号線・・・R299・・・R140・・・県道37号線・・・県道367号線・・・セツブンソウ園自生地着(10:25)発(10:28)・・・県道367号線・・・県道37号線・・・道の駅両神温泉薬師の湯着(10:40)
    *セツブンソウ園自生地駐車場は約20台駐車可

  • 天候

    晴れ後曇り
    [2020年03月15日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

道の駅両神温泉薬師の湯(10:50)・・・薬師コース・・・フクジュソウ園/ロウバイ園(11:45)・・・山居コース男坂・・・(12:05)展望休憩舎(昼食)(12:25)・・・両神神社奥社(12:35)・・・(12:58)四阿屋山山頂(13:04)・・・両神神社奥社・・・(13:45)展望休憩舎(コーヒー休憩)(14:00)・・・山居コース(女坂)・・・薬師コース・・・道の駅両神温泉薬師の湯(14:55)

2020年シーズン初めは、ヤマケイオンラインメルマガでも紹介されていて以前から見たかった節分草と福寿草を目当てに埼玉にもある四阿屋山(こちらは屋が入る)に行って来ました。例年だと3月はまだスキーシーズンなのですが、今年は少雪で雪質も期待できないことから2月で終了して、早々に登山シーズンに切り替えました。
節分草自生地は既に閉園していて今シーズンは終わっていたのが残念でした。山中にあるフクジュソウ園に望みを託すことにして、道の駅へ移動しました。
前日の14(土)は首都圏平野部でも降雪があり、山では積雪があるかと思いましたが、登山道に雪はなかったものの、朝の冷え込みで樹林についた霧氷が融けて時々冷たい水滴が落ちてきて、地面は湿った状態でした。レインスパッツを付けていて良かったです。
登山コースはいくつもあり、私たちは山居広場にあるフクジュソウ園を目指しました。既にピークを過ぎていたようですが、まだいくつも咲いていて写真を撮れました。斜面の上にはロウバイ園もあり、こちらもまだ咲いていました。
急登や鎖場もあり、山頂からは秩父山塊が一望でき、シーズン初めの足慣らしに相応しい山行となりました。
詳細は以下の通り。

【セツブンソウ園自生地】
県道367号線に「セツブンソウ園」の標識があり、左折して県道37号線に入ります。道幅が狭く、すれ違いに注意が必要です。小森川に架かる橋は左右で車線が分かれています。その先の左手斜面にセツブンソウ園自生地があります。
例年は3月中旬頃まで見られるようですが、今年は暖冬のせいか3/10(火)で早くも終わってしまい、見ることは出来ませんでした。敷地内に入るのには入園料が必要なようです。

小鹿野町観光協会HP TOPページの「おしらせ」に最新情報有り
 http://www.kanko-ogano.jp/archives/1567/

あずまや山ハイキングマップ
https://www.pref.saitama.lg.jp/b0504/ryoukami-kyuuyouti/documents/370881.pdf

【道の駅~薬師コース】
農林産物直売所の建物の前から道路に出て第二駐車場を左に見ながら狭い道路を進むと、右手に屋根付きの案内看板があり、その左側から登山道に入ります。民家があるので静かに通り過ぎます。正面の樹林帯が登山口です。左手に利用者数調査のカウンターが設置してあり、一人1回ボタンを押します。所々急登があって息が上がります。

【山居コース~フクジュソウ園/ロウバイ園】
車道に出たら左へ進むと駐車場があり(10台位駐車可)、その先に「四阿屋山 山居広場 福寿草園地→」の案内標識がありしばらく車道を直進します。約600m位先に福寿草園地がありました。オオイヌノフグリやスミレも咲いていました。斜面の上にはロウバイ園もあり、まだ見頃が続いていました。

【山居コース男坂~展望休憩舎】
ロウバイ園の左側から階段状の直登ルートが続いていて、時々立ち止まって心拍を調整しながら上りきった所に「男坂」の標識がありました。左手に進むと展望休憩舎があります。私たちはここで昼食を摂りました。
武甲山側から冷たい風が吹いてきて、男坂を登り汗をかいた後で汗冷えをしてはいけないと思い、フリース、ダウンジャケット、ネックウォーマーを付けました。

【展望休憩舎~両神神社奥社~四阿屋山山頂(標高771.6m)】
樹林帯の登山道を登って行った先に「両神神社奥社」があります。木のお社があり、本日の安全を祈願しました。奥社の左側を進み少し下った先は「直登禁止」となっているので、左側に続く巻道を下って行きます。その後はいよいよ木の階段状の鎖場急登の始まりです。軍手をはめて手も使って登って行きます。
尾根に出ると「つつじ新道」からの登山道と合流します。右手に折れて、木の根が露出している最後の急登を上った先に山頂標識と三等三角点があります。
木々の間からの眺望は雲が多いながらも両神山が北西側に、南東側に小鹿野町の街並みが見えました。山頂は広くはないので、食事を摂るのは難しそうです。

下山は展望休憩舎までは同じ道を下り、その先は女坂を直進、車道に出た後はまた同じ薬師コースを下りました。途中に河津桜園地があり、ピンク色の花弁が綺麗でした。

駐車場に戻り、薬師の湯で入浴して出て来た時には雨が降っていて驚きました。もう少し下山が遅かったら濡れていたかもしれないと思うとラッキーでした。
帰路はR140からR299に曲がる辺りで渋滞がありましたが(交通量と信号のタイミングが合わないため)、その後はスムーズでした(途中飯能市街のファミレスで夕食)。

登山中の画像
登山画像
セツブンソウ園自生地
登山画像
既に閉園・・・残念!
登山画像
道の駅両神温泉薬師の湯 駐車場
登山画像
案内看板の左側の道を入って行く
登山画像
登山口にある利用者調査カウンター
登山画像
梅(紅でも白でもなくロゼ?!)
登山画像
最初の急登を上った後は平坦に
登山画像
このような階段状の道が多い
登山画像
車道に出て左へ進むとある駐車場
登山画像
山居コース入り口
登山画像
福寿草園 まだ咲いていた!
登山画像
福寿草
登山画像
ロウバイ園の蝋梅
登山画像
男坂の最後 このような急な階段が続いた
登山画像
展望休憩舎
登山画像
両神神社奥社
登山画像
正面の直登ルートは禁止、左側の巻道へ下る
登山画像
鎖場
登山画像
山頂直下の急登
登山画像
四阿屋山山頂標識
登山画像
河津桜
登山画像
番外編:雪の武甲山(行きの車中から)
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、登山計画書(控え)、健康保険証、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、マット(個人用)、カップ
【その他】 ネックウォーマー、貼るカイロ、スマートフォン、ウェットティッシュ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Virginia さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年9月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催
秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催 小林千穂さん、現地ガイドが同行する、世界遺産・秋田白神の魅力を満喫する特別ツアー開催。参加者6名募集!
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
NEW いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳
いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳 標高差が大きく長時間の登りを要する笠ヶ岳。一日ではたどり着かない秘境・黒部五郎岳。上級編として、2座の魅力を伝えます。
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...