登山記録詳細

その他
参考になった 8
我が家から見える謎の「白い山」の正体がついに判明!? 間ノ岳 農鳥岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

すてぱん さん

東京西部の郊外にある我が家の周囲からは、丹沢や富士山が見えている。そこから北側に見える山並みは、位置関係からすれば奥多摩や秩父の山のはずである。けれども、これまで山座同定をきちんとやったことがなかった。

丹沢山塊と、奥多摩と思しき山並みの間に、以前から気になる「白い山」があった。隣家の屋根と屋根の間から遠く、わずかにのぞいているだけだし、よく晴れた日にしか見えない。その度にどの山だろう気になっていたのだが、いつもそれっきりだった。実は、南アルプスが見えているのではないか?という淡い思いはあった。それも我が家からである。山好きの端くれとしては、ワクワクする想像だったのである。

20年ぶりに我が家に戻り、いよいよ謎の「白い山」の正体が気になってきた。その上、外出自粛で登山はお預け。ちょうど良い機会ではないか。けれどもすでに5月の連休も終わりというタイミングで、果たして遠方の「白い山」が見えるだろうか?前夜の雷雨が上がり綺麗に晴れ上がった日、ダメ元で眺めてみたらあっさり見えている。

まずは、私のドタ感を整理してみる。第一に、「白い山」であること。秋が深まる前から、そして5月の連休を過ぎても、よく晴れた日には「白い山」が見えている。手前の丹沢や奥多摩などの山は黒く見えているのだから、冠雪している「白い山」の標高は明らかに2000mを大きく超えている筈だ。

第二は方位。「白い山」が見えるのは、我が家からほぼ真西である。地図を広げてみると、標高2000mを大きく超え、なおかつ我が家の真西にある山は・・・南アルプスの白根三山!おそらくは、間ノ岳と農鳥岳。けれども、この胸躍る答えは、ちょっと山好きには都合が良すぎて、人様になかなか言い出せなかった。(実は、以前投稿した散歩の記録には「南アルプスが見えている」と書き込んでいるのだが)

それに自宅から山が見えたところで、「だからどうしたの?」というのが、普通の人の反応だろう。けれどもヤマケイオンラインをご覧になるような方なら分かってくださるでしょ、この興奮。やはり分かっていただけないかしら・・・?

ともあれ、今回はDAN杉本氏が開発したiPhoneのアプリ「スーパー地形」を使ってみた。非常に機能が豊富で、正直使いこなせていない。この素晴らしいアプリの「見通し判定機能」を使って、謎の白い山の正体に迫ってみたのだが、果たしてその結果は・・・・?


ちなみに「見通し判定機能」を使って調べてみると、我が家からは箱根、丹沢、富士山はもとより、この他にも金峰山、大菩薩嶺、雲取山、大岳山、高尾山、陣場山、草戸山、武甲山、三ツ峠山、さらには日光男体山、房総半島の伊予ヶ岳や富山なども見えるという判定になった。家が立ち並ぶ住宅地のこと、地形的に見えるはずでも、実際に見えるかどうかは別の話だが、どうやら我が家は想像を遥かに超える大展望台らしいと分かって、嬉しく思った次第。ああ、リフォームの際にチラリと妄想した、屋根の上の展望台、やっぱり真面目に考えるべきだったかな・・。

(追記)
パノラマ展望図の表示方法を、写真で説明してみましたので、参考にしてみてください。あなたの家からも、憧れのあの山が見えているかもしれませんよ。それから、地図を動かして十字をお好みの場所に合わせれば、その場所からのパノラマも同様にみることができます。例えば、槍ヶ岳山頂からのパノラマとか、お手の物です。DAN杉本さん、素晴らしいアプリをありがとう!

登山中の画像
  • 自宅から見えている「白い山」の正体がついに判明!? 秋が深まる前から、そして5月の連休を過ぎても、よく晴れた日には白い山が見えている。丹沢や奥多摩などの山が黒く見えているのだから、標高も相当高い筈だ。 方位などからすると、どうやら南アルプスの間ノ岳と農鳥岳なのだが・・・
  • DAN杉本氏が開発したiPhoneのアプリ「スーパー地形」を使って検証してみる。
  • 「見通し判定機能」を使ってみると、見事、間ノ岳も農鳥岳も「見えます」という判定結果に。 東京西部の郊外の我が家から一直線に、相模川(上流域では桂川)が中央線沿いに関東山地を穿った細い「窓」を抜け、笹子峠を越え、甲府盆地を過ぎたその先に間ノ岳がある!
  • こちらは「パノラマ展望図」機能で作成した、理屈の上で見えるはずのパノラマ
  • 南アルプスが見えているあたりを拡大したもの
  • こちらは自宅近くからのぞむ丹沢山塊。ちょうど蛭ヶ岳の向こう側に、頭だけ富士山が見える。
  • パノラマ展望図の表示方法を示してみます。 アプリを起動したら、今いる場所の周辺地図が表示されますから、あとは、写真に示した手順でやってみてください。 地図中央の十字の点から見えるパノラマが表示されますから、今自分のいるところに合わせるには、右上の丸十字のアイコンをタップ。 次に、画面下の「ツール」をタップ。
  • すると、メニューが出ますから、「パノラマ展望図作成」を選んでタップ
  • 次に、オプションが表示されますから、好みに合わせて設定。 最後にOKをタップすれば、パノラマ図の作成が始まり、しばらくすると目の前に大パノラマが・・・
参考になった 8

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする
  • てんてん さん
    すてぱんさん こんにちは

    多摩川の河川敷からも白い山、有ります有ります。
    マンションとかビルが立ち並んで来ましたので、今も見えるか判りませんが小高い亀甲山古墳からが一番よく見えていました。
    余り気にすること無く、何処だろ~でしたが、まさかの南アルプス、間ノ岳か農鳥岳なんですね。
    何かスッキリしました。ありがとうございます。

  • すてぱん さん
    てんてんさん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。小田急線が多摩川の鉄橋を渡る際にも、山々がよく見えてどの山が見えているのか気になっていました。すぐに通り過ぎてしまうので、山座同定の余裕なんてないのですけどね。

    亀甲山古墳からのパノラマも、同じアプリで作成してみましたが、確かに間ノ岳、農鳥岳が見えるようです。北岳は、残念ながら甲斐大和あたりの山が邪魔してギリギリ見えない判定でした。

  • ガバオ さん
    すてぱんさん、こんばんは。

    家から間ノ岳ですか~、確かにワクワクしますよね。
    ご近所の坂の上からの丹沢と富士山の景色も、、、
    毎度同じようなコメントになってしまいますが、、、羨ましい!です。

    それにしても、面白いアプリがあるのですね。
    流石、すてぱんさんの抽斗の多さには毎度、頭が下がります!

  • すてぱん さん
    ガバオ さん、こんにちは。

    屋根と屋根の間から見えているから「間ノ岳」と名付けられたのだ、というのが私の説です!(笑)

    昔、何度も見た夢のパタンの一つが、いつもの自分の家を出たら、なぜかそこは涸沢で普段履きで気軽に穂高に登り放題というのがありました。あとは、階段を降りていくと、今まで気付いていなかった眺めのいいテラスや部屋がいくつもあるという・・・。どうして今までこの存在を忘れていたのだろうと、夢の中で感嘆しているのですね。まあ、実に虫のいい夢ばかりなんですが。

    ご覧の通りわずかに見えているだけで、眺望としての価値はないわけですが、山好きの無聊を慰めるには十分かと思いました。

  • すー さん
    すてぱんさん、こんにちは!

    なるほど~、家から見える山は山好きには気になるところですよね。私も引っ越した物件が4階で
    眺望がいいので結構山が見えます。遠くに見える山が何の山か気になっていてすてぱんさんの
    真似をして「スーパー地形」のアプリ、入れてみました!
    ですがちょっと私には難しくて使いこなせず。。。でも地図が立体的なので地形がよくわかって
    いいですね。今は眺めるだけですが、徐々に使いこなせればと思っております。(笑)
    でも関東に住む山好きにとって「白い山」はかなり気になるの、わかります。

  • すてぱん さん
    すー さん、コメントありがとうございます。

    郊外の4階なら、さぞや素敵な眺望が楽しめるでしょうね。私も、シロヤシオを訪ねた長沢背稜の山々や、紅葉が素晴らしかったウトウの頭など、思い出の山々が全部(理屈の上では)見えていることに、驚いています。

    アプリの使い方を写真にして示してみましたので、参考にしていただき、ぜひ窓から見えている山がなんなのか、楽しんでいただければと思います。

  • ys11 さん
    すてぱん 初めまして!

    私はピークファインダーを使ってましたが、早速スーパー地形アプリをインストールしました。
    こちらの方が見易くて判り易いですね。
    これからはジオグラフィカとこのアプリを有効に使いたいと思います。

    7階の我家からは富士山や大岳山を始め奥多摩や奥武蔵の山々が肉眼で見渡せる有難い環境におります。

    一番近い好きな山の登山口まで車で30分も掛からないで行けるのですが、外出自粛要請の中、じっと我慢の子で近所をウオーキングして鍛えております。

    早く自粛要請が解除され山行が出来る事を祈るのみですね。

  • ys11 さん
    すてぱんさん

    ys11です。先ほど投稿しました宛先に『さん』を付けずに送ってしまいました。
    大変失礼を致しました。

  • すてぱん さん
    ys11 さん、初めまして。また、コメントありがとうございます!

    7階からの展望ともなれば、大パノラマでしょうね。お話から想像するだけでも羨ましい限りです。

    仕事での行き帰りも減り、脚力の衰えは隠しようもありません。爽やかな風のなかで新緑を眺めれば、山への憧れも高まるばかりですが、今は我慢のしどころなのでしょうね。

    今後ともよろしくお願いいたします。

関連する現地最新情報

  • 南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    気温が一挙に下がり、一昨日は3.6℃まで下がりました。稜線は紅葉が始まりつつあります
    20年09月17日(木)

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 8

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年9月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催
秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催 小林千穂さん、現地ガイドが同行する、世界遺産・秋田白神の魅力を満喫する特別ツアー開催。参加者6名募集!
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
NEW いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳
いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳 標高差が大きく長時間の登りを要する笠ヶ岳。一日ではたどり着かない秘境・黒部五郎岳。上級編として、2座の魅力を伝えます。
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...