登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
平ヶ岳、激闘の13時間! 平ヶ岳(上信越)
img

記録したユーザー

kazu さん
  • 日程

    2019年6月26日(水)

  • 登山口へのアクセス


    その他:6/25、自宅より平ヶ岳の麓のペンションを目指します。
    東北自動車道を「那須塩原IC」で降りて、そこから延々と90kmほど走ります。
    一般道の90kmは結構疲れますね!おまけにこの区間、コンビニは全然ありません。
    食糧は宇都宮のコンビニで事前に購入しておきます。(ペンションのある檜枝岐にもコンビニはなし)
    翌朝3時半、鷹ノ巣登山口に向け、出発。
    40kmで1時間もかかってしまいました!道は舗装で整備されていて問題ないのですが・・とにかく長い・・

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

平ヶ岳入口(04:50)・・・下台倉山(07:10)・・・台倉山(08:15)[休憩 15分]・・・白沢清水(09:25)[休憩 10分]・・・池ノ岳(11:00)[休憩 20分]・・・平ヶ岳(11:40)[休憩 60分]・・・平ヶ岳沢源頭の水場(13:00)・・・池ノ岳(13:15)[休憩 5分]・・・白沢清水(14:10)[休憩 5分]・・・台倉山(15:10)・・・下台倉山(16:10)[休憩 15分]・・・平ヶ岳入口(18:00)

総距離 約20.1km 累積標高差 上り:約1,861m
下り:約1,861m
コースタイム 標準:9時間54分
自己:11時間
コースタイム倍率 1.11
今年8回目の山行は平ヶ岳(2141m)です。日本百名山の中でも屈指の難関の山です。
今回の記事は「これから平ヶ岳を目指そうとされている方に少しでも参考になれば」との思いで記載させて頂きました。本格的に登山を初めて2年半、62歳の小生でも辿り着くことができるだろうか? 体力面で不安を抱えつつも、敢えて今、挑みました。
自分史上、最大のチャレンジ!

名前だけ見れば簡単そうな山。しかも標高もそれ程高くない。
・・一見楽そうな山に思われますが・・ところがどっこい、この山、百名山のなかでも屈指の難関の山なのです・・
以前、小生は冗談で100名山ではなく98名山を目指すと言っていました。小生には無理だと思った2座を除いたのですが、その2座というのが最難関の幌尻岳とこの平ヶ岳です。
2年前、会社退職後、最初に登った山は「筑波山」でした。その時は小学生にも抜かれる程、体力がありませんでした。
そんな小生がはたしてこの高いハードルを越えられるのか、そして何故、今なのか?
その準備、心構え、覚悟は? 
前置きが長くなりますが、その点を記載して、これから挑もうという方の参考にしていただけると幸いです。

まず
平ヶ岳が難関の理由
1.登山口へのアプローチが長い
とにかく奥深い! 新潟県と福島県の県境に位置して登山口の鷹ノ巣は奥只見湖と只見川の畔。登山口ですでに携帯(au)が「圏外」でした。
アプローチは関越の「小出IC」からと東北自動車道の「那須・塩原IC」からの2つです。
電車・バスでのアプローチも可能ですがその場合、平ヶ岳往復の行程(日帰りしかできません)からして時間的に無理のように思えます。

小出ICからのアプローチについては・・ICを降りてから約80km、裕に2時間はかかります。また通称シルバーライン、R352は銀山平から尾瀬口までは冬季通行止め。
つい先日の6/21に解除になったばかりとのこと。トンネルばかりの道だそうです。
(当日、一緒になった登山者からの情報)

那須・塩原ICからのアプローチについては・・ICを降りてから実に130km。
会津、檜枝岐、尾瀬御池を超えて延々と走ります。3時間はかかったように思います。
この通称樹海ライン、R352も尾瀬御池から銀山平までは冬季通行止め。
したがって冬にこの山に来るのはやはり、無理があります!
もし誰かがいるとしたら、それは大学の山岳部かよっぽどのアルピニストぐらいではないでしょうか!想像も出来ない位の体力が必要かと・・

こんな状況ですので、平ヶ岳に行くのは6月下旬から10月位までしかないでしょう。
多くの登山者は前日に登山口に入って、車中泊して翌朝、一番で出発するようです。

駐車場は約20台ほど止められます。 
とにかく山深い!

2.往復22kmのロングコース
この山、山中に避難小屋、テント場は一つもありません。
したがって日帰りを余儀なくされます。緊急避難場所もありません。
しかも往復で22km、とにかく長い!
平地で22kmであればそれ程でもないでしょうが、山での22kmは結構足にきます!
通常であれば山頂直下の山小屋で一泊・・なのですがそれが出来ないのはなんとも辛い!
3.累積標高差1800m
登山口の標高は840m、山頂は2140m 標高差1300mですがかなりのアップダウンがあり累積すると1800mにもなります。(当日、一緒になった登山者からの情報)
こんな累積標高差は小生には初めての経験です!
4.標準コースタイム 11時間
結果として標準CTは11時間!
途中に休憩、食事の時間を入れると12時間以上はかかることになります!
朝、早く出発しないと明るいうちに帰って来られません。
実際、帰りの下りはきつかった!・・足がガクガク!
5.アップダウンの繰り返しで急坂
登山口から最初のピーク・下台倉山までは標高差760mの急坂が続きます。
しかも痩せ尾根で風があったらちょっと怖いところも。ロープが設置されている急坂が幾つもあります!下台倉山から先もいくつかのピークを超えるアップダウンが続きます。そして最後に池ノ岳への強烈な急坂!
結構辛い!

このようなことで平なイメージのこの山が実はとても難しい山になっています!
若い人には問題なくても、中高年には結構キツイ山ですよね!

何故、今の時期?
1.まず考えたのは1日の日照時間。
CTから考えて14時間ほどは確保しておきたいところ!
6月の下旬は朝4時には明るくなってきます。午後6時過ぎには暗くなってきますので十分な日照時間があります。ヘッデンは必須ですができれば使いたくありません。
2.次に夏の暑い時期は避けたい。
真夏の山行は大量の汗で熱中症とかのリスクがあり、やはり避けたい。
また大量の水分補給が必要になり荷物も重くなってしまうでしょう。
かといって寒い雪道は急坂と道迷いがあり危険。
したがって春から夏への季節の変わり目で登山道の雪が融けている時期が最適ではないかと思います。
3.先延ばしせず、出来るだけ体力のあるうちに行くべきかと・・
1年、歳をとればその分、益々難しくなってくるような気がして・・
  
以上により6月下旬から7月が最適かと考え、今回、思い切って、ほんとうに思い切って
チャレンジすることにしました!
「平ヶ岳、いつ登るの・・今でしょ!」

心構え・準備、覚悟
周りの方から「無謀」だと思われないように十分な準備と心構えで挑みます。
1.荷物の軽量化
最低限必要なものに限定し出来るだけ軽量化します。
まず、ガスバーナー、コッヘルは持っていかない。いつもコーヒーとかラーメンとか作っていましたが、今回はその余裕もないかと!
服もレインコートとジャケットだけ!山小屋泊の時は長袖シャツとかフリースセーターとかを持っていきますが、今回は不要、嵩張るだけ。
結局持って行ったもの・・
水(必須。ちょっと多めに3.5ℓ) 食糧(パン、おにぎり)、行動食(飴、チョコレート、胡桃、ア-モンド等のナッツ)レインコート、ジャケット、救急セット、タオル、地図、ヘッデン(必須)、携帯、財布、カメラ、替えバッテリー、ストック、サプリメント、手袋・・
緊急時の対応としてツエルトかヒートシートは必要かと思いましたが、持っていないので断念。今後の為にも揃えておこうかな。石井スポーツに聞いてみよう!
できればGPSの山アプリも必要ですが、まだスマホを持っていないので断念。
こちらも家内と交渉してみよう!
2.早朝の出発
遅くとも朝、5時には出発(できれば4時)。午後6時までには帰りたい。
3.ペース配分
11時間を超える長丁場になるので前半とばさないように気を付ける。
特に帰りの急坂の下りが心配。疲れから痩せ尾根とかで躓かないように。
4.休憩は出来るだけ短く
時間的にあまり余裕がないので・・
5.水分補給、食事はしっかりと
喉が渇くまえに補給。水は多めにもっていきます。
またバテないようにこまめに食事をとる。行動食は常に口のなかに・・
サプリメント(アミノバイタル)は朝、昼2回とる。
6.前日は充分な睡眠
朝3時起床の予定で前日9時には寝る。寝られればいいんだけど。
7.同じようなペースの人について行く
山中ではあまり人は多くないように思われます。
単独の山行になりますので登山中、何かあった時に誰かいればそれだけで心強いものです。一人ぼっちだとちょっと不安・・
実際、今回は他に二名単独の方がいらっしゃってとても心強かったです。
8.途中撤退も考慮
午前中、12時までに山頂に着けないと判断した場合はその時点で迷わず引き返すこととします。また名所の「玉子石」には行けたらいいが、無理はせず随時その場で判断する。

ずいぶん前置きが長くなってしまいましたが、以上のような準備、心構えでこの難関の山に挑みます。
平ヶ岳を目指す方にこの山行(サンコウ)が参考(サンコウ)になれば嬉しいです。

登山中の画像
登山画像
鷹ノ巣登山口それでは、今日一日頑張るぞ! 4:5…
登山画像
暫く進むと尾根道になります。この尾根道をずー…
登山画像
この痩せ尾根は延々と遥かに続いています。
登山画像
左側には燧ケ岳!大きいですねー!
登山画像
ムムム・・ここはちょっと危ないぞ!一歩一歩、…
登山画像
下大倉山に到着ここまで標高差764mを登って来ま…
登山画像
ここからの燧ケ岳!
登山画像
ちょっと進んだ先で・・見えてきました平ヶ岳・…
登山画像
展望のいい爽快な登山道!
登山画像
左側には燧ケ岳の雄姿!
登山画像
前方には平ヶ岳! 先は長―い!
登山画像
台倉山に着きました!山頂の標識はありません。…
登山画像
白沢清水を越えて・・池の岳への登りにとりつき…
登山画像
ここを登りきれば・・あの先が池の岳山頂!
登山画像
至仏山
登山画像
池の岳を登りきると・・いきなり・・別世界に・…
登山画像
ここはまさに「天空の楽園」池塘と平ヶ岳と青空…
登山画像
花たちも咲き始めています。チングルマ、イワカ…
登山画像
右に進むと「玉子石」に・・さらにショートカッ…
登山画像
山頂への「天空の回廊」を進みます。
登山画像
やりました!平ヶ岳登頂目安としていた午前中に…
登山画像
その先には絶景がありました。越後三山! まだ…
登山画像
山頂にこの花。ハクサンコザクラではないでしょ…
登山画像
山頂はこんな感じで真っ平で広々としています。…
登山画像
山頂に1時間ほどいました!ちょっとゆっくりし過…
登山画像
行く手に・・ドーンと雪の壁!アイゼンもなく・…
登山画像
姫の池まで戻ってきました!「玉子石」は断念
登山画像
池塘と平ヶ岳ここから一気に下ります。
登山画像
さっきまでいた平ヶ岳
登山画像
台倉清水の先で・・尾根道の日の当たる場所に・…
登山画像
「コミスジ」という蝶のようです。
登山画像
下台倉山を過ぎて尾根道を下って行きます!登り…
登山画像
おっと、ここは痩せ尾根です。疲れているので、…
登山画像
漸く痩せ尾根を越えて、燧ケ岳の最後の展望!こ…
登山画像
遂に着きました!登山口!激闘の13時間でした!…
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

kazuさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

kazu さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...