登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
あじさいワールド雨引山 御嶽山、雨引山、燕山、加波山(関東)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2020年6月14日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:カーナビには「JR岩瀬駅」をセット。駅の裏側に回ると「岩瀬休憩所駐車場」がある。綺麗な駐車場で20台強は停められる。無料。

  • 天候

    曇りのち雨

この登山記録の行程

岩瀬休憩所駐車場(06:35)・・・御嶽山(07:08)・・・雨引山(07:41)・・・雨引観音(07:57)・・・・加波山(10:40)・・・燕山(11:17)・・・雨引山(12:26)・・・御嶽山・・・岩瀬休憩所駐車場(13:39)


総距離 約22.0km 累積標高差 上り:約1,675m
下り:約1,676m
新型コロナの自粛解除を以って遠征だ!と狙っていたのに、ドンピシャで梅雨に突入。やるせない話だ。
天気予報をチェックすると午後から雨マーク。どうせなら雨の似合う山へ行こうと岩瀬休憩所駐車場へやってきた。岩瀬休憩所駐車場は、以前、裏筑波縦走をした際に起点として利用した場所で約1年ぶり。
線路に沿って登山口へと向かう。最初の山は御嶽山。あの木曽の「御嶽山(おんたけさん)」と同じ読み方をする。ちなみに地元福井でも同じ名前の山があるが、こちらは「おたけやま」と読む。
御嶽山は、そのごつい名前に反して僅か230mの小さな山。しかし、地元からとても愛されていて、早朝から多くの方が散歩で登ってこられる。
いつも急ぎ足で通り過ぎてしまうため、「そういえば山頂はどこにあったのだろう?」と下山してから思うが、今回はゆっくり歩いていたおかげか、笹薮の中に分岐した細い道を見つけた。分け入ってみると5m程のところに三角点がひっそり設置されていた。目立たない笹の中に分岐の看板もなく、これでは見落とすのも道理だ。
そのまま雨引山へと進む。筑波山へと連なった山は徐々に高度を上げていく。1,000m以下の連山なので大したコースではないが、急な階段があちこちにあって、これが地味にダメージを蓄積する。どことなくダイヤモンドトレイルを連想させる階段地獄だ。
雨引山から一旦下山して今日の目的地「雨引観音」を目指す。雨引観音(あまびきかんのん)は、中国から帰化した法輪独守居士が587年に開山したと伝えられる古刹(寺)。
あじさいの名所で6月上旬から7月中旬にかけては、境内のあちこちでいろいろな種類のあじさいを楽しむことができる。特に池に浮かべた「水中花あじさい」とライトアップのイベントは、最近で言うインスタ映えでここ近年知名度が確実に上がっている。
残念ながらイベントは7月開始なので、水中花は見ることができないが、まだ人の少ないうちに、境内をゆっくり巡りながらあじさいを愛でることにする。紫に青。白いものやピンクのものまで。雨に濡れてひときわ鮮やかさを増している。
観光客が増えてきたので、雨引観音を後にすることにする。そのまま雨引観音から延びる林道を使って、山の中腹を縦走路と並行するように横へと移動しながら加波山へと向かう。この辺から霧雨が降るようになってきた。ほぼ天気予報通り。
途中から林道を外れて、沢沿いの登山道で直登していく。どこか見覚えがある道だと思っていたら、数年前に燕山に登った時に使ったルートだった。大きな一枚岩を緩やかに流れる沢の風景が記憶に残っていて、もう一度見たいと思っていただけに嬉しい偶然だ。

加波山神社に到着。大きな天狗が祀られていて、とてもユニークな神社だ。山頂へはその脇にある石畳のような登山道を登っていく。この石畳が実に趣があってよい。
登りきったところで出迎えてくれるのが、日本で唯一たばこを祀った珍しい神社。加波山神社では毎秋、葉タバコの豊作を祈願する「きせる祭り」が開催されていている。珍しいお祭りなので、一度見てみたいものだ。
山頂で水分補給をして折り返す。
帰路は峰伝いの縦走路を使って戻る。地形的に降りが多くなるが、その分、足への負担が半端ない。特に燕山の階段が「どこまで続いているんだ!」というくらい長かった。
この付近から次第に雨が強くなってきた。梅雨時期特有のムッとした湿度が不快だったが、雨のお陰でむしろヒンヤリして心地よい。
雨引山の山頂にある東屋で雨をよけながら休憩をとる。テーブルの上にザックを降ろし、椅子に座り込む。霧が立ち込めていて眺望は全くない。
テーブルに肘をつきながら雨音を聴いていたら、いつしかウトウトしていた。情緒的な話ではなくて、たぶん、軽いシャリバテ。そういえば、朝食らしい朝食をとっていない。東屋の屋根の下でゆっくりお昼ご飯を食べようかとも思ったが、ここまでくれば降った方が早いと、非常食を少しだけ口に入れて下山する。
雨引観音で見た色とりどりのあじさいも素敵だったが、登山道の脇にひっそり咲くコアジサイも、この時期の登山の風物詩としてとても綺麗だった。実に気持ちの良い雨の散歩だった。

登山中の画像
登山画像
御嶽山の登山口近くにある水場。今日は前日の雨…
登山画像
御嶽山の山頂。こんなところに。でも、どうみて…
登山画像
雨引山から。
登山画像
コケコッコー。
登山画像
雨引観音。立派なお寺です。
登山画像
ニルスの不思議な旅。
登山画像
あじさいと千手観音。
登山画像
パープル。
登山画像
境内のあちこちに。
登山画像
白く縁どられた。
登山画像
ピンク系も綺麗。
登山画像
粋な計らい。
登山画像
純白もいいですね。
登山画像
クジャクも散歩中。
登山画像
燕山の一枚岩。岩の上を沢が緩やかに流れていき…
登山画像
ギリギリ、ユキノシタを見つけました。やったね。
登山画像
加波山神社。天狗さんがいい顔しています。
登山画像
咲き誇るコアジサイ。
登山画像
雨引山に戻ってきました。雨宿りでそのままウト…
登山画像
岩瀬休憩所駐車場。トイレもあって、無料で嬉し…
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    うわぁ~なんだここ。すごく綺麗ですね。

  • Yamakaeru さん
    水中花はもっと綺麗かな。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2021年2月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。