登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
富士山を眺めに高畑山~倉岳山へ 高畑山~倉岳山(関東)
img

記録したユーザー

ジュンパク さん
  • 日程

    2020年7月2日(木)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:中央本線鳥沢駅を出発し、梁川駅に下る

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

鳥沢駅 7:48--(車道35分)--8:23 小篠(おしの)貯水池 8:26--(21分)--8:47 H型鋼橋 8:47--(8分)--8:55 石仏分岐 8:58--(九十九折れ 19分)--9:17 尾根 9:20--(22分)--9:42 仙人小屋跡 9:42--(檜林の急登 11分)--9:53 尾根 9:55--(急登 15分)--10:10 高畑山 10:25--(22分)--10:47 天神山 10:47--(4分)--10:51 穴路峠 10:51--(緩やかな登り・急登 26分)--11:17 倉岳山11:43--(27分)--12:10 立野峠 12:15--(杉林 16分)--12:31 水場・ベンチ12:31--(月尾根沢 41分)--13:12 橋 13:12--(8分)--13:20 下山口 13:22 --(車道12分)--13:34 梁川駅

総距離 約11.7km 累積標高差 上り:約1,143m
下り:約1,167m
コースタイム 標準:5時間15分
自己:4時間53分
コースタイム倍率 0.93
晴れの予報ということで、大月の鳥沢駅から高畑山に登り、倉岳山を経由して梁川駅に下るコースを歩く。何度か歩いたコースではあるが、昨年の台風等で状況が変わっていたような気がする。
早めの行動ということで、鳥沢駅を7時50分頃には出発する。国道20号線から案内標識に従っていった先の住宅地を抜け、桂川に掛かる虹吹橋を渡る。対岸の住宅地を抜けると、小篠貯水池の管理地となり、鉄扉を抜けて貯水池下へ。
ここから山道となる。北斜面で暗い上、荒れた道は昨日の雨で濡れている。暫く沢沿いに登っていく。やがて、穴路峠との分岐に。今回は、高畑山に直接向かう。
暫く急登していくとようやく明るくなり、九十九折りの道を経て尾根筋に出る。一息入れて更に急登した後、巻き道を進み、仙人小屋跡へ。とはいえ、小屋の痕跡もなく、標識があるだけだ。ここから檜林を急登すると、また明るい尾根筋に。高畑山山頂までもうひと頑張りだ。
山頂からは富士山が望めるが、雲が掛かってスッキリとは見えない。また、山頂にある看板よりも木が生長したようで、何とか富士山が見られるといった感じだ。
山頂を後にすると、尾根筋を暫く急下降して天神山へと向かう。天神山からは、桂川・中央本線を挟んだ向かいの百蔵山・扇山が見える。穴路峠はここから直ぐだ。倉岳山へは穴路峠から急な道を登り返す。
山頂からは富士山が望めるのだが、到着時は雲で姿を見せてくれなかった。昼食を終え、出発する頃に少し見えるようになる。梅雨の合間の貴重な晴天だったことから、思った以上に人出は多かった。
山頂から立野峠に向かってどんどん下っていく。南から吹き上げてくる風が気持ちいい。立野峠を後にすると、やはり北斜面の杉林の道を下る。勿論、風はなくなる。15分ほど下ると、後は月尾根沢沿いの道となる。徒渉が何回もあり、慎重に渡る。橋を渡った先にも一寸した徒渉地点があるが、間もなく登山口に出る。
後は、車道を下っていく。梁川大橋を渡った先は国道20号線になるが、交通量が多いので、交差点右手にある信号機の所で渡ろう。直ぐに梁川駅だ。

登山中の画像
登山画像
鳥沢駅
登山画像
鳥沢宿の面影を残した建物
登山画像
高畑山~倉岳山を望む
登山画像
小篠貯水池ゲート。右脇の扉を開けて入る
登山画像
小篠貯水池
登山画像
沢の流れを見ながら進む
登山画像
分岐。穴路峠は左。高畑山は右へ
登山画像
緑がきれい
登山画像
仙人小屋跡
登山画像
高畑山から富士山。雲が掛かっている
登山画像
天神山から百蔵山と扇山
登山画像
穴路峠
登山画像
倉岳山から富士山。やはり雲が掛かっている
登山画像
立野峠
登山画像
徒渉地点が幾つもある
登山画像
少し緩やかになってきた
登山画像
橋を渡る
登山画像
急流を見下ろす
登山画像
下山口
登山画像
梁川駅
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、虫除け・防虫薬品類、行動食、トレッキングポール
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジュンパクさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 蛭ヶ岳山荘 ~丹沢
    蛭ヶ岳山荘
    日中気温も高く安定した一週間でした。朝は0℃前後の気温です。登山には軽アイゼンが必要。
    21年03月01日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ジュンパク さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年3月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。