登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
水かけ祭り開催中! お馬を連れて秋田駒 秋田駒ヶ岳(東北)
img

記録したユーザー

鋸太郎 さん
  • 日程

    2020年9月11日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:中生保内登山口駐車場
    ※林道は舗装とダートのMIXですが、ラスト2kmは結構ハードなダートです。

  • 天候

    曇りのち晴れ ほぼ無風

この登山記録の行程

中生保内登山口0548……0656御坪分岐0656……0801水沢分岐0801……0815五百羅漢0815……0851男岳0858……0920阿弥陀池0924……0937男女岳0952……1002阿弥陀池避難小屋1008……1022横岳1024……1050大焼砂分岐1050……1106第二展望台1106……1130横長根1130……1150県境標柱1151……1203御坪分岐1203……1243中生保内登山口


総距離 約11.1km 累積標高差 上り:約1,195m
下り:約1,198m
中生保内登山口から秋田駒ヶ岳を周回してきました。
前日の藤里駒ヶ岳から夜の内に登山口に移動しましたが、夜半から明け方まで結構な雨。山行開始の5時半には上がりましたが、この雨をもって主に笹軍団が水かけ祭りを催行してくれました。
いやもうなんか、連中はしゃぎおって!
おもてなしにも程がありましたよ。
  
中生保内登山口は旧三合目とのことですが、前夜からの雨もあってか駐車場には終日自分の車一台でした。
北桧木内川上流に沿ってまずは稜線の分岐を目指します。
  
秋田駒は今や八合目から登るのが主流の様ですが、だとしますと尚更こちらには人は回ってこないかも知れません。
それもあってか、踏跡はしっかりしているのですが、登山道の上を容赦なく笹や雑草、灌木が覆い隠していました。
最初の内は秋田杉ほかがそびえ立つ良い道だったのですが、すぐに草を踏み分けながら道を探す様な登山道になってきました。
斜面としての難易度は高くありませんが、笹の葉などの蓄えられた雨水をかき分けて行きますので、とにかくズボンをびしょ濡れにされました。
トラバースする様な道も、山側から笹が手を伸ばしています。
でもそれを嫌がると、谷側の路肩は雨のせいか弱くなっており危険でした。
と言うことで笹に歯向かいながら歩かなくてはならず、ズボン改め全身がびしょびしょになるにも、そう時間は要しませんでした。
  
ですが途中で織り交ぜられる渓流に癒されながら、何とか分岐まで到着。
ここに登る頃には眼下に田沢湖も広がり、青空も顔を出し始めました。
登山靴の中も結構な水分。登山靴自体は頑張って水を弾いていたと思いますが、ズボンからタイツ、靴下を経由して染み込んでいったのでしょうね。
後の祭りではありましたが、下半身だけでも雨具履いていった方が良かったかも知れません。まあ、それはそれでやぶ漕ぎでかぎ裂きなんかを作ってしまったかも知れませんけどね。
  
御坪分岐からは時計回りに男岳を目指しました。
金十郎長根という名前だそうですが、こちらも道がはっきりしている部分と草木に覆い隠されて探して歩く部分が混在していました。
水沢分岐を越える頃には森林限界も超えてましたが、相変わらず足元への水分補給は継続中で、見え隠れするお日さまに本気で乾かして!と祈りましたよ。
とにかく風がなかったのが幸いでした。
もし少しでも吹いていたら、別の心配が必要になったでしょうね。
  
それでも露岩が出始める事には晴れました。
文字の読めない標柱を越えていよいよ五百羅漢でしたが、さすがに道はカルデラ内側に巻いていました。
岩本体に挑んでも良かったかなと思いましたが、現地での自分の判断は
・今日はガチャ物は最低限しか持ってきていない。
・雨上がり。
・自分も靴は泥だらけ、手袋も水浸し。
ということもあって、おとなしく眺めるに留めることにしました。
でも間近から見上げた岩は、なかなかの迫力でした。
  
稜線歩きも高度が上がってくると、見える風景が変わってきます。
角度が変わると見えなかった池も見えてきます。
最終的には「お鉢巡り」の様に一周した訳ですが、この御坪分岐から男岳の稜線が一番わくわくしながら進んだ箇所でした。
草木の刈り込みをもう少しお願いしたいかなとは思いましたが、今回のルートではこの部分間違いなく一番の部分でした。
  
男岳への登りはいかにもな火山の山肌でした。
ロープも何本か用意され、ザレている箇所も超えて登って行きます。
9時前に山頂に到着。青空に何種類もの雲が漂う良い天気になりました。
お日さまパワーも素晴らしく、概ね上半身は乾きました。
働いてるぞ瑞牆山荘Tシャツ!
ここで水分補給と行動食を少しもぐもぐし、阿弥陀池を目指して下山開始すると、本日初めて他の登山客の方とお会いしました。
何でも群馬・栃木・福島・宮城と、車で移動しながら二週間山を渡り登っているとのこと。
自分なぞ、運転もあって二日連続でくたくたです。
天気の悪い日もあったでしょうに、凄いバイタリティだと思いました。
  
阿弥陀池から先はメジャーコースなのか、平日とは言えそこそこ他にも登山客を見かけました。
男女岳を往復し秋田駒最高峰を踏み、避難小屋を探索した後、横岳に登ります。
大砂焼を越えて横長根に入り、少しずつ高度を下げて行きます。
横岳から横長根の整備は、主に岩手県側の仕事なのでしょうか。こちらは整備が行き届いていました。
国見温泉から入るルートも多いみたいですから、人気度と整備度が比例しているのかも知れませんね。
  
ぐるっと回って御坪分岐に戻ってきましたが、さあ神経を使う中生保内への下山開始です。
とは言え登りで一度は通った道です。お日さまパワーに草の葉の雨水も軒並み乾いており、また登りに顔面で100は下らない数のクモの巣を先んじて破壊して進んだこともあり、思ったよりは楽に歩けました。
  
でも登りはクモの巣にも、本当に難儀しました。
彼ら・彼女らからすると、雨上がりのお天気が見込まれる朝に折角せっせと巣を張ったのに、得体の知れないおっさんが片っ端から壊して行くんですから、迷惑だったのは彼らの方が数倍上ですね。本当に申し訳なかったです。
でも20m~30m進む毎にクモの巣が顔に張り付いて、その度にタオルで顔を拭いて進むのも大変だったんだよ。
知ったことかって?
残念なことに、降りでもいくつか顔面で破壊してしまいました。
上りおっさんに壊されたと思ったら、下りおっさんにも破壊されたクモもいたことでしょう。
本当にごめんね……。
  
12時半過ぎに無事下山。
気温もかなり上がってきており、空には入道雲が育っていました。
今回は秋田駒のクラシックルートと現在のメジャールートを混合した形で歩いた感がありましたが、終わってみると道がどうの、雨露がこうのなんて話は微々たるものでした。
帰宅して写真を整理してみると、本当に男岳・女岳・男女岳・小岳と言った山の写真が大半なんです。
普段ならもう少し道の状況を記録として撮影してくるのですが、どれだけ自分が広がった秋田駒の山容に舞い上がっていたか分かります。
登山客からすれば登り堪えが今ひとつの山かも知れませんが、ランドスケープは圧巻でした。
むしろハイカーや家族連れが「お山とはこういうものなのだ!」と基準点にしてしまわないか、心配になる程でした。
願わくば、中生保内からのコースも素晴らしかったので、刈り込みをお願いしたいです。
無論、折からの豪雨・高温で草木が一気に育ってしまったのだとは思いますが。
ともあれ、素晴らしいお山でした。
  
-------------------------------------
  
二日目の秋田駒も、出発前の予報では曇り時々雨でしたので、小雨でも歩ければいいかな、程度で計画していました。
ところが望外の好天に恵まれましたので足取りも軽く(実際は塹壕足寸前の、歩く度にじゅぼじゅぼ音を立てる足回りでしたが)、予定より早く下山できました。
となれば、行ってみるしかあるまい乳頭温泉!です。
  
一時期盛岡に住んでいたこともありますので、行こうと思えば行けたはずなんです。
ところが当時はまだ「日帰り温泉」という文化がなく、指折りの秘湯とは言え、宿泊代までかけて浸かりに行くまでの熱意は持てませんでした。
貧乏な若者でしたしね。
ところが今や日帰り入浴文化が全盛。ありがたい話です。
今回は黒湯温泉に行ってみました。
内湯はまたもや貸し切り状態。温度もやや高めで、熱い風呂好きな自分にはうれしかったです。
因みに混浴の露天風呂にも行ってみましたが、自分の他におじさんがひとりいるだけでした。
ごめんねおじさん。
でもそんなに期待もしてなかったでしょ?
  
=====================================
  
今回の山歩きはここで終了となりました。
実は三日目も企画していて、しかも三か所候補を挙げてあったのですが、登山口に入って天気図とにらめっこするに、どうにも午前の天気が良くなさそうに思えました。
天気予報でも秋田は午前中雨。
でもお山は午前中に終えて、その後は帰路につかないといけません。
21時過ぎまで車の中で考えましたが、とりあえず第一候補の秋田のお山は諦めました。
その足で第2候補の山形のお山の登山口に向かいましたが、こちらも道中ずっと雨。
第3候補に至っては、太平洋側に属するためか、大雨予報でしたので初めから無理でした。
どこも「午後から雨」ならまだ良かったのですが、帰りの運転時間も考えますと後ろ倒しは厳しかったです。
山形市まで走らせたところで、三日目の計画の中止を決め、そのまま帰路につきました。
  
途中2回の仮眠を挟み、12日の10時過ぎに帰宅しました。
そのまま各候補の降雨状況を調べてみましたが、結論からすると3か所ともほとんど降雨はなかった模様です。
ありゃ。
無論行けば行けたかも知れませんが、それでも帰って来たことは正解だったと思いました。
いやもう運転疲れました。
嫌いじゃないですが、家を出発してから帰宅まで60時間の旅中、30時間は運転しっぱなしでしたから、ここにもう7時間山行を加えていたらもっとへろへろになっていたことでしょう。
3候補は、いずれもまた縁があったらですね。
計画は残しておくからね!
  
-------------------------------------
  
でも、思った以上に天気に恵まれた良い山旅でした。
酒やおいしいものとは無縁な山行ばかりですが、
昭和の若者みたいな、チカラ技みたいな旅が好きなんです。
登山も基本、チカラ技ですしね。
ここまで遠方はアレですが、また渡り歩きは企画したいですね。
  
=====================================
(追記)
中生保内登山口が旧三合目と言うのは、林道がそこまで伸びたからとのことでした。
また女岳の噴火で当初の参道(中生保内コース)が変更になったとの情報もありましたが、白滝へ行けない理由もそこにあるのでしょうか?
中生保内登山口への標識は、むしろ「白滝こっち」という案内が多かった気がするのですが、中生保内コース内に白滝へ行ける分岐は見当たらなかったと思います。
昔は行けたのでしょうか??
それとも「白滝」とは北桧木内川上流の総称だったりするのでしょうか??
  
少し調べてみます。
  
-------------------------------------
(追記2)
中生保内から金十郎長根コースは、どうやら昔から「やぶ漕ぎ」「ずぶ濡れ」必須のコースみたいでした。
確かに今回は前夜までの降雨もありましたが、他の方の記録を読んでも、皆さん一様に朝露でずぶ濡れになっていました。
と言う事で、このルートを早朝から歩くときは、初めから丈夫な雨具着用が望ましいかも知れません。
  
-------------------------------------
(追記3)
中生保内登山口にはひと晩お世話になりましたのでゴミ拾いをしたのですが、
一番多かったのがプルタブでした。30個は拾いました。
これは平成元年には廃止されていると思いますので、その頃からのものでしょう。
また、その頃にはここも賑わっていたのでしょう。
  
でも次いで多かったのが錠剤のガラ。高血圧の薬や尿酸値の薬など、自分も知った薬のガラが本当に多かったです。
これが同じ30年ちょっと前から残っているとも思えず、また中高年御用達の薬であることから、割と近年、ここで飲んで捨ててってないか?疑惑がひしひしと。
うっかり落としそうなゴミほど、意識して持ち帰りたいものです。

登山中の画像
  • 中生保内登山口の駐車場です。 ここで一晩過ごしましたが、夜に結構な雨。 降るだけ降ったものとして、日中は晴れて欲しいものです。
  • 夜は気温も少し下がりました。 でもゾウさんの足も持ってきていましたので問題ありませんでした。
  • 5時半過ぎです。 それでは出発しましょう。
  • これが登山口の唯一の標識です。 昔はメインコースのひとつだったと思いますが、今はクラシックルートと化しているかも知れません。
  • 連日の雨もあって、道は相当ぐにぐにでした。 沢沿いを登って行きます。
  • 立派な杉もありましたが
  • この腰のひねり。
  • 植林ではないでしょうね。
  • 登山道はとにかく草木が覆っていて、大変でした。 RFだけでなく、容赦なく葉っぱの雨水を浴びせられるのと、雨後に張り切って張っただろうクモの巣です。
  • これは……枝が白くて、皮がボロボロむけるので……ダケカンバですね。
  • 白いキノコ。裏側を確認しませんでしたので、未だ同定できていません。 個人的にはメダマヤキダケとでも名付けたいところです。
  • 山側から張り出した草木は、腰から顔の高さにまでになってきました。
  • トラバース状の道では路肩も雨で弱っていて、神経を使いました。 枝葉を嫌がると谷側に滑るという構図です。
  • 歩きだして1時間弱。 草木による水かけ祭りは最高潮、もう下半身はビショビショです。
  • ただたまにこういう光景を挟まれると、何か全てを許してしまうところがありますよね、お山には。
  • でも、こうもジャングル状態が続くとさすがにキツいです。 顔面で破壊したクモの巣は確実に100を超えたでしょうし、下半身に続いて上半身もずぶ濡れになりました。
  • 田沢湖だー! 精神力が少し回復しました。
  • 御坪分岐、着いたー! それにしても登山には本当に様々な苦労があるのですね。今日また新しい苦労要素を知るに至りましたよ。
  • でも向かう男岳方面は、まだまだ水分たっぷりっぽいです。 水かけ祭り、まだ続きそうです。
  • でも振り返ったその先に
  • 鳥海山だー!
  • 白いキノコその2。
  • これは分かりやすいですね。 白い、大きい、つば、つぼ、茎に独特の模様。 "破壊の天使"ドクツルタケでしょう。 そう言えば以前この子に類するキノコを見たのも、お隣の岩手山でした。
  • 金十郎長根に出ても水かけ祭りはまだまだ終わりません。 登山靴とスパッツは頑張ってガードしてくれていますが、ズボン⇒タイツ⇒靴下と水分が下がっていき、靴の中も既にビショビショです。
  • 向かう先の男岳(左)と女岳です。 男岳へは左から金十郎長根が続いています。歩いて行く先です。
  • 気候自体は穏やかで助かりました。 ここで風に吹かれたら低体温症一直線です。 着替えや雨具は持って来ていますが、それは最後の手段です。
  • それでも少しずつ晴れ間が広がって来てくれました。 寒さは感じませんでしたが、とにかくお日さまの到来を心待ちにしながら歩いていました。
  • カルデラの内側です。 結構な数のくまがいるんだろうなあなどと思って眺めていました。 熊ベル忘れたので余計にです。
  • こちらでもウメバチソウに会いました。
  • 因みにこの辺りに三等三角点があるらしかったのですが、さすがに見つけられませんでした。
  • アキノキリンソウでしょうか。
  • こちらはヤマハハコさん。
  • 金十郎長根でも背丈を越えるジャングルはありました。 もう好きなだけかけてくれい!
  • でも青空もどんどん広がって来ていました。
  • ハイマツも広がってきましたから、森林限界超えですね。
  • たまに山中でこういう見事に四角い石を見ますが、どういうロジックで形成されるのか本当に知りたいです。
  • 水沢分岐に着きました。 虫が多かろうと出発前に多めに虫除けスプレーをかけてきましたが、ここでは大量の羽アリにたかられました。高温・高湿度ですからその出現は分かりますが、交尾しか頭にない雄アリにはサラテクトも効きませんでした。 俺は夜の自動販売機じゃないぞ!
  • 男岳が近づいてきました。
  • でもその前に巨岩が立ちはだかります。
  • ああ岩場楽しい!
  • ようやくお日さまの到来です。 待ち望んでましたが、これで衣服の乾燥も期待できるでしょう。 こちらでもお馬さん、降雨・止雨共に全開です。
  • 標柱がありました。 一番肝心の読めない部分には、「五百羅漢」と書かれていたはずです。
  • その五百羅漢です。
  • が、さすがに道は巻いてました。
  • 目印になる巻き道の下り先の岩です。 短距離ですが、結構な角度を降ります。
  • その岩、多分あの辺りから崩落したのでしょうね。
  • 見上げる五百羅漢です。
  • 再び稜線に戻りました。
  • 男岳もあと少しです。
  • また巨岩が登場。 特に標識はなく、地図に名称もありませんでしたが、
  • ベンチ跡と思しきものもあり、昔はよい休憩地だったのかも知れません。
  • リンドウさん登場。
  • さあ火山らしき道の登場です。 ロープも出てきました。
  • ゴロゴロ系を登って行きます。
  • シナモンロールの様な小岳と、その左に駒池です。
  • こちらは横長根手前の姿見ノ池。 横長根からは見れませんでした。
  • さらに登って行くと
  • 小岳の中の池も見えました。
  • 女岳です。 男女岳がお妾さんなので女岳は何時も怒っているとのことですが、噴火記録を見る限り、まだまだ男岳はご機嫌を取る必要がありそうです。
  • 岩手山が見えました。 岩手山に登った時は秋田駒を眺めたので、逆も行えて感無量です。
  • こちらは早池峰山。 古くからの信仰のお山ですが、その昔大学の先輩が登った折、古銭を拾ったエピソードは今も強烈に印象に残っています。 自分はせいぜいプルタブですからねえ。
  • 着いたー! 男岳山頂だー!
  • 山頂にはお社がありました。 駒形神社でいいのかな?
  • お馬、秋田駒ヶ岳男岳に立つ!
  • それでは続いて最高峰の男女岳に向かいます。 後姿は本文でも触れた、車を使いながら各県の名峰を登り続けている方です。凄いよなあ。
  • さあ男女岳です。 手前の一直線は八合目からぐるっと回ってきた木道ですね。
  • まずは阿弥陀池に降ります。
  • 女目岳? と思いましたが男女岳の別名とのことです。
  • それでは向かいましょう。
  • この付近では幼齢のバッタが沢山飛んでいました。 それに交じって一匹だけアズマヒキガエルを見ましたが、写真に収める前に隠れてしまいました。
  • 男女岳へはかなり登山道が整備されていました。 こちらを使って登ってくださいという、強いアピールもあると思います。
  • 男女岳は秋田駒の最高峰ですが、阿弥陀池が既に標高1533m位ありますので、登るのは100m程です。
  • 着いたー! 秋田県の最高峰だー! (最高地点とは言ってない)
  • 一等三角点「駒ヶ岳」です。 二日続けて駒ヶ岳に登りましたが、どちらの点名も「駒ヶ岳」でしたね。
  • お馬、秋田駒ヶ岳男女岳に立つ! 昨日に続き、10座目の駒ヶ岳です。
  • それでは降りて次に向かいましょう。
  • ですが横岳に向かう前に、避難小屋の見学をしました。
  • 避難小屋ですので、緊急時以外は宿泊しないでくださいとの事です。 緊急時とは主に噴火と、
  • 後はくまですかね。
  • トイレはチップ制です。
  • ヘルメットは本当に沢山配備されていました。 噴火に対する意識の高さが伺えます。
  • 二階の様子です。
  • 外では汲み取りトイレのタンク清掃を業者の方が行っていました。 頭が下がります。 因みに前の写真で少しだけ写り込んでいたザックは、この方々のものだと思います。
  • 横岳に着きました。 避難小屋との標高差は50m程度でした。
  • 昔は1583高地という呼び名だったみたいです。
  • 三等三角点「氷倉」です。 たまにこういうのっぽな三角点に出会いますが、設置した頃から土砂が削られた、などの事情もあるのでしょうか。
  • 注意書き。ムーミン谷ってカルデラの内側の道ですよね。 今日は熊ベルも忘れてきていますし、無理です。行きません。
  • 大焼砂を進みます。 火山だなー!
  • 金十郎長根からとは逆から見た女岳、男岳です。
  • オヤマソバさん。
  • こちらは花を終えたコマクサさん。 花のシーズンには沢山人が来たでしょうね。
  • 大焼砂分岐、ムーミン谷への分岐です。 きっとモランサイズのくまがいるんだ……。
  • 自分は横長根へと進んでいきます。
  • こちらからだと女岳の噴火口が見えました。
  • 不思議と地図には書いてもらえていない第二展望台です。 トンボが写り込んでいますが、この辺りから県境標識までは、本当にトンボが大群でいました。
  • やっぱり池の存在が大きいのでしょうか。
  • 横長根に着きました。 国見温泉からの合流地点です。
  • 横長根~御坪分岐~金十郎長根は人が少ないのか、やっぱり比較的荒れていました。
  • 秋田・岩手県境標識です。 横岳からここまでが岩手県と秋田県の県境の道でしたが、ここから先は再び秋田県内です。
  • 少しだけ登り返して
  • 御坪分岐まで戻ってきました。
  • でも中生保内への道、ないですよね。
  • 登りに歩いてきた道です。 踏み込んで進みます。
  • 写真を撮らせてもらいました。 カワラヒワのメスですね。
  • 植林帯の杉には絶対見られない光景です。 またがってくるんだったー。
  • 無事下山しました。 前半は雨水などの試練を与えられましたが、楽しかったです! 因みにこの時点では、不思議と登山靴内のじゅぼじゅぼしていた水分まで消え去っていました。
  • 帰りの桧木内林道で車からみた案内です。 「←男岳 オボナイ→」ですね。 昔はここも歩いて来ていたのでしょう。
  • 奥に「坂上田村麻呂試し切りの石」の案内がありました。 前日に続いてこちらでも伝説を残しているとは、さすが征夷大将軍です。
  • 思った以上に時間を残せましたので、子供の頃からの密かな憧れ、乳頭温泉に向かいます。
  • 選んだのは黒湯温泉。 頼んだぞ!
  • ひと言、最高でした! 内湯は貸し切り状態でしたので、こっそり撮影させて貰いました。
  • 洗い場も一人用です。 お山の後なので、入念に洗ってからお湯を頂きました。 お風呂含めて、良い山行でした。
  • 因みに三日目に予定していた登山口へ向かう途中にあった、静態保存車両です。 雨を心配して中止にしましたが、いずれまた挑みたいです。 この後仮眠含め13時間車を走らせて帰宅しましたが、秋田往復自体が一番キツかったです。
  • 「おみやげです」  「登ったお山、秋田県だよね?」  だって移動が夜だったのと(道の駅などは閉まってた)、あと秋田県内、おみやげが買えるSAないんだもん……。
  • でも乳頭温泉Tシャツと秋田駒のバッジは買いました。 秋田駒バッジは「アルパこまくさ」で買えるという情報がありましたので、いそいそと寄りました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、マット(個人用)、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 予備ヘッドライト、モバイルバッテリー、アマチュア無線機、風力計、カラビナ、スリング、シットハーネス、ATC、クイックドロー、細引き
※熊ベルの他、車で干していた帽子も忘れました……。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

鋸太郎さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

鋸太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。