登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
晴れ予報も外れ「湯の丸山・烏帽子岳」・・下山後良くある天気に 湯の丸山・烏帽子岳(上信越)
img

記録したユーザー

スーさん さん
  • 日程

    2020年9月27日(日)

  • パーティ

    2人 (スーさん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅より碓氷バイパス、浅間サンライン経由で小諸より地蔵峠へ

    往路は小諸より妙義まで高速利用その後は18号と17号で帰宅

  • 天候

    曇りガス

この登山記録の行程

【車移動】
           自宅      4:20
  6:25  地蔵峠駐車場
【山歩き】
        地蔵峠駐車場     6:45
  6:57  キャンプ場
  7:08  ゲレンデトップ
  7:21  鐘分岐
  7:54  湯の丸山
  8:10  北峰        8:11
  8:30  湯の丸山
  8:51  小梨平
  9:13  稜線分岐
  9:24  小烏帽子岳
  9:43   烏帽子岳    10:30
 10:48  小烏帽子岳
 10:53 稜線分岐・近辺散策 11:25
 11:39  小梨平
 12:01   中分岐
 12:10  キャンプ場
 12:15  地蔵峠駐車場
【車移動】
        地蔵峠駐車場   12:44
 13:16  あぐりの湯    14:53
  入浴料金   500円
  地蔵峠よりの距離  19.3km
    〃   時間  30分
17:22   自宅

 


総距離 約10.0km 累積標高差 上り:約668m
下り:約668m
 今週は台風・低気圧とで天候はよろしくなく、傘マークの比較的ない所を選びで、9時ころから晴れ間の得られる湯の丸烏帽子岳に、しかしそううまく運んでくれなくて下山してから山の良くある事件やっと晴れ間が出てきましたよ、今日はこんなとこでした。

【山歩き】
 時間を見計らって歩きだし、キャンプ場よりゲレンデに登る道は工事車両(キャタピラ)が通ってぐちょぐちょで早くもズボンの裾は汚れまくり,ゲレンデトップに到着、上を見れば期待の持てる色が広がっていたのでラッキーと思いながら鐘分岐までマツムシソウ、リンドウ、イワインチン、ウメバチソウ、ノコンギクと残り少ない花を見つけながら登って行きました、

 湯の丸山山頂も見え隠れして途中富士山も見られて増々期待が膨らみました・・・・途中よりガスが張り出して早くもダウン、山頂に着いた時には真っ白な世界となり予報を信じて9時過ぎには青空が見られると思い、ゆっくり歩きとジャム作りの食材意を摘みながら北峰往復、これでも回復ならず、もう雨が降ってこなければいいやと気持ちを入れ替えますが何処かに晴れ間を期待する自分がいました、

 初秋の花は少ないので夏の残り花を見つけながら、一番多かったのはマツムシソウ、2位はウスユキソウ、3位は秋の花でリンドウの順でしたね稜線分岐手前で稜線が青い空で期待感ありましたが、やっぱりガスに飲まれていましたね、烏帽子岳山頂途中のコマクサの保護区域で盗掘の跡がありコマクサが一株なくなっていました、悪い人がいるんですね、そういう俺達も和製ブルベリーを頂戴して来ましたけど…野生動物のエサを少々いただく。

 烏帽子岳を下山しかけた時に素晴らしき出会いが、似ているなと思っていたら、妻は絶対そうだよと声掛け「お役所マラソンをやっている方ですか」と「そうですよ」そこで妻とツーショット写真をお願いしたら気持ちよく受けてもらいました、有名人がまさか烏帽子岳にトレランで良い思い出となりました。
帰りはとっとと下山です、キャンプ場に着いて振り返ると湯の丸山が見えている、山のあるある事件発生、さらに温泉に入っている時には浅間山塊がくっきりと見えていました、入浴後駐車場より写真を撮った時には湯の丸山は雲の中・・ザンネン。

登山中の画像
  • キャンプ場よりゲレンデトップを目指す道はキャタピラ(工事車両)で泥濘
  • ゲレンデトップとキャタピラ轍 駐車場洞スタートのグループとここで逢う、同タイムなのですねゲレンデ歩きと
  • 期待の持てる青い空が広がってきました
  • そして目指す湯の丸山のガスも取れだし気分良し
  • 湯の丸高原の登山路に 残っているノコンギクに群生
  • 秋の花(オヤマリンドウ)と紅葉(ハクサンフウロ)
  • リンドウはいっぱい
  • ウメバチソウも咲き残っていました
  • 高原登山路より振り返ると 雲海が広がっています
  • いつもの鐘分岐に到着 鐘を鳴らす妻
  • 樹林帯が開けた所より 瑞牆山と富士山を見る事ができました
  • 雲の海に浮かぶ 日本一高い山・・今回は見られました 後は山頂から北アですね
  • 願いもはかなく 山頂直下はガス霧の世界へ
  • なんと真白な背景で山頂到着
  • ガス晴れを期待して北峰に 三角点タッチ
  • 四等三角点と彫られています
  • 多くの登山者がこの石柱(境界石中)を三角点と思っていますが5から10M角間峠へ行ったところに本物三角点は在ります
  • 湯の丸稜線にコケモモの花とクロマメの実がありました (和製ブルーベリー)
  • 足元の紅葉は ハクサンフウロの葉っぱ
  • まだまだ健在のマツムシソウ
  • 黄色いイワインチンは目立ちますね
  • 時間を遅らせて湯の丸山山頂で ザンネン行きと同じく白い背景
  • 下りでも ハクサンフウロの紅葉
  • まさかのツリガネニンジン? までも咲き残っています
  • 烏帽子岳への登りになり 黄色い黄葉
  • マツムシソウはそこら中に咲き残っていました
  • 稜線分岐支柱を稜線手前よりアップで 青空が期待出来た一時(だって予報の9時を回っているのだもの)
  • 稜線に着くと 青い空と小烏帽子岳が見えてきた ☀期待アップ
  • 北ア方面は雲海なれど青空が広がりつつあり ますます☀期待度アップ
  • 小烏帽子岳下に咲き残っている シャジクソウ
  • 烏帽子岳稜線には数多くマツムシソウが咲き残っていました
  • 小烏帽子岳に着くとまたもやガス軍団が押し寄せてきました
  • 稜線登山路にはマツムシソウは最後の力を出して登山者を迎えています
  • ガスの白い背景に リンドウがにょっきりと立ち咲きしています
  • 烏帽子岳山頂で休息中 青空が戻ってきました
  • でもやっぱり曇り空になってしまいます
  • 同時間出発したグループの山頂に到着した姿をバックに山頂写真
  • 下山しようとしていたら 妻がマラソンの人ではないかと言って声掛け 大正解の役所マラソンで有名な川内優輝選手 写真をお願いすると軽く受けてくれました
  • 下山途中に 石壁に保護された石仏を拝みに
  • 稜線の紅葉です
  • 寄り道していると 本日初めて烏帽子岳の姿が見えはじまる
  • クロマメの紅葉と烏帽子岳
  • 烏帽子岳を少しアップで
  • 小烏帽子岳山頂はこの人だかり
  • ガレ場横よりの登山路より下界が見え始めた このダム湖は?
  • 紅葉探しで散策中 マツムシソウとヤマハマコの群生
  • 綺麗な紅葉の木が一本 ここより戻ります
  • ウスユキソウもまだ綺麗に白い花を保っています
  • キャンプ場に到着 山の良くある天気で湯の丸山が綺麗に山頂を見せています
  • 駐車場正面のこのお店の 下山後はキイチゴソフトが恒例に
  • 店頭のお飾り自動車に乗って ソフトを食べる・・・寒い(ソフトを食べる気温ではなかった)
  • 帰りの温泉駐車場より高峰山と黒斑山と浅間山(前掛山) 入浴中ははきれいに見えた浅間山塊
  • 見晴らし岳、三方岳、籠の塔と赤ザレ
  • 烏帽子岳と湯の丸山 入浴中ははきれいに見えた浅間山塊もまた 湯の丸山は雲隠れ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、トレッキングポール、マット(個人用)、ライター
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スーさんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高峰温泉 ~浅間山
    高峰温泉
    週末に5㎝の積雪がありました。宿はメンテナンス休館中
    20年11月30日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

スーさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年12月2日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!