登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 8
苗場山〜暑かった〜 苗場山(上信越)
img

記録したユーザー

やぎやぎ さん
  • 日程

    2015年7月12日(日)

  • 利用した登山口

    かぐらスキー場町営駐車場  

  • パーティ

    2人 (やぎやぎ さん 、 だんな さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他: 関越・湯沢ICより神楽スキー場を目指す
    *神楽ゴンドラの入り口から林道に入るとゲートがあり、登山届けを提出します。あらかじめ用意するとスムーズに駐車場へすすめます。駐車場は30台ほどなので一杯になると路駐が増えていきます

  • 天候

    快晴(各地で猛暑日となった)
    [2015年07月12日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

かぐらスキー場町営駐車場(08:20)・・・和田小屋(08:45)・・・下ノ芝(09:55)・・・上ノ芝(11:05)・・・神楽ヶ峰(11:45)・・・苗場山(13:15)・・・神楽ヶ峰(14:45)・・・上ノ芝(15:15)・・・下ノ芝(15:50)・・・和田小屋(16:45)・・・かぐらスキー場町営駐車場(17:00)

総距離 約13.5km 累積標高差 上り:約1,303m
下り:約1,303m
コースタイム 標準:7時間40分
自己:7時間10分
コースタイム倍率 0.93
ほぼひと月ぶりの山行。各地で猛暑が予想され熱中症が心配。ちょっと危険かもなあと思いつつ…苗場山へ行ってきました。
8時過ぎに町営駐車場に着くと、駐車場は満車。トイレの屋根の上では猿の群団が戯れておりました。ハルゼミからバトンを受けたトンボや蝶がたくさんみられます。腰丈ほどの笹が茂る登山道へ入っていきますが、和田小屋まで車道を利用したほうが朝露に濡れずに済みそうです。
和田小屋の前には日光キスゲやゴセンタチバナなどが咲き始めています。ゲレンデではマイヅルソウがカーペットを広げ、コバイケイソウも咲いています。ゲレンデを横切るまで炎天下にさらされ先が思いやられました。岳樺やコメ栂の林へ入るとやはり涼しく、寄って来る虫が少なくなりました(トンボのおかげかなぁ)が、石がゴロゴロとして歩きにくいです。林床ではゴゼンタチバナ・ハナニガナ・モミジカラマツ(花盛り)・コバイケイソウ(花盛り)・ウラジロヨウラク(終盤)が出迎えてくれました。この辺りのイワカガミは終盤でした。
下ノ芝へ着くと長いベンチがあり、周りではイワイチョウがたくさん咲き始め大きな群落をつくっていました。タテヤマリンドウ・モウセンゴケ(初見)・イワカガミもポツポツと咲いています。ムラサキヤシオの最終花も見られました。初夏の花々からの過渡期の様子です。
中ノ芝にも広いベンチ(2段)があり、付近には綿スゲ(咲き始め)やコバイケイソウ・ウラジロヨウラクの群落が見られます。(ゼンテイカ)日光キスゲも咲き始めていました。夏らしい青い空に綿スゲのふわふわとした白い果穂が風に揺れるさまは、とてもメルヘンチック。平標山・仙ノ倉山への眺望も素晴らしく、ふき渡る風も涼やかに感じられます。
上ノ芝〜小松原分岐からはかぐら田代スキー場・ドラゴンドラSTが望めます。道をふさぐように股スリ岩が現れますが難なくやりすごせます。
神楽ヶ峰(八合目)の周りではハクサンチドリ・苗場キスミレを見ることができました。ここで昼休憩を取るには狭いので、お花畑を目指し一旦下っていきます。カラマツソウ・モミジカラマツ・ハクサンボウフウ・オオカサモチなどの白い花が大勢です。雷清水では水汲みの列ができていましたが、かなり消費していたので迷わず水を補給。とても冷たくて生き返る心地でした。帰りもしっかり補給し大変助かりました。
神楽ヶ峰と苗場山の鞍部にあたるお花畑ではウスユキソウ・ムカゴトラノオ・日光キスゲが花盛りで見事な群落をつくっていました。山を上るように広がるキスゲの黄色い花は、なかなか見ごたえあり、クルマユリは少ないながらも発色の良いオレンジが存在感たっぷりでした。ヒメシャジン・ミヤマシャジンは咲き始め、紫色の小さい蕾をたくさんつけています。ハクサンフウロ・コキンレイカ・ヤマハハコ・ミヤマトウキなども一部咲き始めています。お花畑を満喫し、見るからに明らかな苗場山への急登に怯み、戻りの時間を考慮すると…もう此処まででいいかなぁ…と思いましたが、(旦那さんの)欲が出て歩みをすすめます。
9合目・雲尾坂を過ぎると仰け反るほど本格的な急登に四苦八苦させられました。下ってくる人は「ここが一番きつい、頑張れ」「あとひといき。いや、ふたいきかな…」と励ましてくれます。もう無理かもと何度も思わせる急登に後悔しきりでした。辺りにはベニサラサドウダンが未だ咲き誇り、シラネアオイの群落では花はすでに終わり(魚の尻尾みたいな…)種ができていました。
此処を登りきると、木道が伸びる湿原が現れ池塘群と雪田が目の前に広がります。広大な湿原は山頂だということを一瞬忘れさせます。息を整えながら歩いていくと池塘の周りに綿スゲやイワイチョウが咲き、池塘の水鏡に姿を映していました。チングルマは終盤。よく見ると姫シャクナゲに初めてお目にかかれました。その周りをよく見るとモウセンゴケが群生していました。こちらもとても小さく見落としそうです。山頂のお花畑はこれからの様子でした。
苗場山頂ヒュッテでバッチと苗場山・花の本を購入。トイレを借り(100円・靴は脱ぐ)ましたが、バイオトイレで匂いもなく快適でした。
14時近くなって下山を始めるとキレ落ちるように下って行く道に良くぞ登ってこられました…と感心しきり。自分を褒めてあげたくなりました。同じように登ってくる人を励まします。
鞍部まで下りてきたら神楽ヶ峰へ登り返し、上・中・下ノ芝へ下っていきます。◯ノ芝の前後に石がゴロゴロとした道が交互に現れ、下りは特に歩きにくく感じました。和田小屋へ戻ってくると17時近くなっており、日が長くないと日帰りはきついと感じました。

標識5合目から9合目まで細かくあり、標準タイムも書いてあるので迷うことはなさそうです。
水分は1.5L用意しましたが足りず、雷清水で0.5L×2利用しました。冷たくて美味しかった(大変助かりました )but...飲みすぎたせいか…帰り際、手がむくんでしまいました。。

登山中の画像
登山画像
トイレの屋根には猿が戯れる…
登山画像
オオカメノキとは違うような…ミズキでしょうか……
登山画像
小屋前には日光黄菅が咲き始め、青空に映えて綺…
登山画像
ゲレンデを突き進む
登山画像
マイヅルソウがカーペットのように広がる。コバ…
登山画像
岳樺・ブナなどの林へ入る
登山画像
モミジカラマツ
登山画像
ゴゼンタチバナ…対生の6枚葉になってから花が咲…
登山画像
コバイケイソウの群生
登山画像
下ノ芝
登山画像
イワイチョウ
登山画像
イワイチョウとイワカガミが混生しています
登山画像
イワカガミ
登山画像
ムラサキヤシオ
登山画像
綿スゲ
登山画像
平標山・仙ノ倉山への眺望
登山画像
中ノ芝の休憩ベンチ
登山画像
綿スゲが満開
登山画像
松野原分岐
登山画像
股スリ岩
登山画像
田代・ドラゴンドラST
登山画像
神楽ヶ峰(八合目)
登山画像
苗場キスミレ…かな?だといいなあ・・・ナエバキ…
登山画像
ハクサンチドリ
登山画像
ウラジロヨウラク
登山画像
苗場山
登山画像
ウラジロナナカマド…風衝地のせいか背が低い
登山画像
ハクサンボウフウ?ミヤマトウキ?この種の判別…
登山画像
ウスユキソウが大群生
登山画像
ウスユキソウ
登山画像
ゼンテイカ(日光黄菅)…上に向かってキスゲが群…
登山画像
お花畑
登山画像
トリアショウマ
登山画像
ハクサンフウロ
登山画像
ヒメシャジン
登山画像
雲尾坂
登山画像
苗場山の一番きつい場所からの眺め
登山画像
ベニサラサドウダン
登山画像
苗場山に点在する池塘
登山画像
山頂の木道
登山画像
苗場山の山名の由来である スゲ類の果穂
登山画像
苗場山頂ヒュッテ
登山画像
苗場山山頂の池塘群
登山画像
これは??クロクモソウ??ではなくて、イワカ…
登山画像
ショウジョウバカマ
登山画像
イワイチョウが水鏡に映る
登山画像
青空も綺麗に写す
登山画像
ヒメシャクナゲとモウセンゴケ…初めまして
登山画像
神楽ヶ峰
登山画像
コキンレイカ?
登山画像
タテヤマウツボグサ
登山画像
シラネアオイの種ができていた
登山画像
ミヤマシャジン
登山画像
尾根の路肩崩れあり
登山画像
タカネアオヤギソウ
登山画像
クルマユリ…葉が輪生する様子がコオニユリと異な…
登山画像
ベニバナイチゴ
登山画像
イワカガミ
登山画像
和田小屋へ戻ってきました。たくさんのお花を見…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、テーピングテープ、カップ
参考になった 8

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

やぎやぎさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 和田小屋~苗場山
    和田小屋
    登山道では、ゴゼンタチバナ、ツマトリソウ、キヌガサソウ、コイワカガミなどを観ることができます
    20年07月06日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

やぎやぎ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 8

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...