登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
涸沢(パノラマコース利用。徳沢泊。) 涸沢(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

中村 さん
  • 日程

    2015年9月26日(土)~2015年9月27日(日)

  • 利用した登山口

    上高地バスターミナル  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:9/26
    自宅2:40→松本IC→6:10 沢渡 6:28 →(タクシー乗り合い)→6:48 上高地
    ※タクシー代 4200円/4人=1050円
    9/27
    7:25上高地→(バス)→沢渡大橋
    ※1250円

  • 天候

    9/26 曇りのち晴れ、9/27 晴れ

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(06:58)・・・河童橋(07:02)・・・明神(07:37)・・・徳沢(08:20)・・・横尾(09:04)・・・本谷橋(09:54)・・・涸沢[休憩 30分](11:18)・・・屏風のコル(12:57)・・・奥又白谷河原(13:56)・・・徳沢(14:45)

【2日目】
徳沢(05:55)・・・明神(06:30)・・・河童橋(07:05)・・・上高地バスターミナル(07:10)

総距離 約28.3km 累積標高差 上り:約1,728m
下り:約1,728m
コースタイム 標準:11時間45分
自己:8時間32分
コースタイム倍率 0.73
涸沢の今年の紅葉は「見頃の予想は9/26頃」との情報(*1)に惹かれて、初めて(*2)この時季の涸沢を訪ねました。
 ただ、山小屋も登山道もかなりの混雑が予想されたため、涸沢泊は止め、
 上高地→涸沢→徳沢(テント泊)→上高地
の行程としました(敢えて穂高には登らず)。
 上高地出発時点(6:58)では山の上の方はまだ雲に覆われていたものの徐々に天候が改善。本谷橋付近から一気に紅葉の眺めが素晴らしくなり、特に本谷出合付近から望む天狗原方面はちょうど陽が当たり素晴らしい景観でした。
 しかし、涸沢に到着して得られた展望は更に格別。雑誌やカレンダーでよく見る眺めがまさにそのまま広がっていました。
 徳沢への戻りは、今年は9/18にようやく開通したという(*3)「パノラマコース」を利用。涸沢ヒュッテが口酸っぱく注意喚起している通り、アップダウンが結構あり、滑落・落石等への注意も必要、また数カ所道を間違えそうになる箇所もあり、万人向けではありませんし、雨や視界不良時も避けた方が良いと思われます。しかし今回のように天候が良く岩もそれほど濡れていない場合、眺めが良く歩き応えもありとてもいいコースでした。少し離れた高い位置から見る涸沢カールの素晴らしい展望、そしてまた槍ヶ岳の展望が得られ、大満足です。(この日、横尾→涸沢は、登山者はもちろん、下山者もそれなりに多く、たびたびすれ違い待ちがあったものの、パノラマコースで出会った登山者は、登り7名、下り5名のみでした。)
 15時前に徳沢に戻り、テント泊。テント場は意外に空いており、静かで快適。とてもいい時間を過ごすことが出来ました。
 翌日は5時過ぎに起きてテントを撤収し、早々に上高地へ。
 6時台の早い時間帯ながら、続々と来る入山者とすれ違いながら上高地に戻りました。
 今回のこのプラン、この時季の毎年恒例のプランにしたくなりました。

(*1)涸沢ヒュッテ情報 2015/9/16
http://www.yamakei-online.com/mt_info/info_detail.php?id=22243

(*2)過去の涸沢訪問
2012/9/13-14
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-224445.html
2014/9/13-14
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-511685.html

(*3)パノラマコース
涸沢のコース入り口に以下の注意書きあり。
  注意
  パノラマコースは起伏が激しく、滑りやすい岩場が続き、事故が多発する難路です。
  岩稜登はん経験のある方の通行をお願いします。
実際、横尾~涸沢間と異なり、アップダウンがかなりあり、フィックスロープに頼る箇所やルートが不明瞭な箇所も数カ所あり。

GPSデータ
          新村橋→涸沢  涸沢→新村橋
         (横尾経由)  (パノラマコース)
距離        8.3km     5.9km
累積標高差 登り  +940m    +450m
      下り  -230m    -1160m 

またこのコースは積雪期通行不可。
本年、通行可になったのは9/18。
http://www.yamakei-online.com/mt_info/info_detail.php?id=22305
2014年は、8/20。
http://www.yamakei-online.com/mt_info/info_detail.php?id=20171

登山中の画像
  • 8:10 徳沢手前
  • 8:12 徳沢手前
  • 8:18 徳沢
  • 9:05 横尾
  • 9:55 本谷橋
  • 10:13 本谷橋→涸沢
  • 10:16 本谷橋→涸沢 天狗原
  • 10:45 涸沢
  • 11:06
  • 11:26 涸沢ヒュッテにて
  • 11:39 涸沢にて (1)蝶ヶ岳方向
  • 11:39 涸沢にて (2)涸沢小屋・北穂高岳
  • 11:39 涸沢にて (3)涸沢岳
  • 11:39 涸沢にて (5)前穂高岳~奧穂高岳
  • 11:39 涸沢にて (6)北尾根
  • 11:39 涸沢にて (7)屏風ノ頭
  • 11:42 涸沢ヒュッテより 涸沢小屋・北穂高岳
  • 11:42 涸沢ヒュッテより 涸沢小屋・北穂高岳
  • 12:04 涸沢 パノラマコース入口
  • 12:05 涸沢→徳沢 (パノラマコース)
  • 12:08
  • 12:13
  • 12:14 涸沢
  • 12:16
  • 12:19 槍ヶ岳
  • 12:27 正面は× 右上が○
  • 12:28 ×
  • 12:47 屏風ノ頭
  • 12:47 徳沢方向
  • 12:52 屏風のコル手前より 槍ヶ岳
  • 12:54 屏風のコル手前より 涸沢カール(奧穂~北穂)
  • 12:57 屏風のコル
  • 13:21
  • 13:55 中畠新道分岐手前
  • 14:19
  • 14:27 左は× 右が○
  • 14:34 新村橋より
  • 2015/9/27(日) 5:53 徳沢
  • 6:16 徳沢→明神
  • 6:30 明神
  • 6:54 明神→上高地 登山者、続々
  • 7:05 上高地(河童橋)より、岳沢
  • 上高地→沢渡 バス時刻表
  • 新村橋→横尾→涸沢 距離:8.3km 標高差:+935m-236m
  • 新村橋←涸沢(パノラマコース) 距離:5.9km 標高差:+446m-1163m
この山行での装備
長袖シャツ、雨具・レインウェア、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、燃料
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

中村さんの登山記録についてコメントする
  • すてぱん さん
    中村さん、こんにちは
    やはり涸沢の紅葉の景色は素晴らしいですね。
    お天気にも恵まれたようで、うらやましいです

    パノラマ新道ですが、登攀経験者とありますが、これはロッククライミングの技術が必要ということなのでしょうか?
    三点確保程度でも大丈夫でしょうか?
    次に穂高に行くときはパノラマ新道も考えて見たいと思い、お尋ねする次第です。

  • 中村 さん
    コメントありがとうございます。

    パノラマコースは、コンディションの悪い時は避けるべきだと思いますが、クライミング技術まで要求されるわけではありませんでした。

    ちなみに小生は、コンディションの良い時だけ、槍ヶ岳、ザイテングラート、北穂~奧穂、奧穂~前穂~岳沢、剣山荘~剱岳の経験はありますが、槍~穂高とか、ジャンダルムは行ったことがありません。

    どうぞお気をつけて。

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    2021年は4月27日からの営業開始の予定です。宿泊は一人でも予約が必要です
    21年03月08日(月)
    西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    営業再開。北アルプスはまだまだ真冬のような状況になる日も
    21年03月01日(月)

中村 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年3月9日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。