登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 7
大峯奥駈道(逆峰)単独踏破 山上ヶ岳、八経ヶ岳、釈迦ヶ岳、笠捨山、玉置山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

カモネン さん
  • 日程

    2015年5月3日(日)~2015年5月9日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:近鉄吉野線・吉野駅で下車し、吉野ケーブルで吉野山駅へ。ここで路線バス(8:00~16:00にかけて30分または60分に1本。季節によって異なるのでHPで要確認)に乗り換えて終点・奥千本口まで約20分。バス停から金峯神社までは徒歩5分。早朝等でケーブルやバスが運行していない場合は徒歩(約90~120分)またはタクシー利用。

  • 天候

    初日:晴れ後曇り 2日目:曇り時々雨・強風 3日目:晴れ 4日目:晴れ時々曇り 5日目:曇り後雨 6日目:晴れ時々曇り 7日目:曇り後雨
    [2015年05月03日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

初日:金峯神社(10:00)⇒四寸岩山(11:35)⇒二蔵小屋(12:40)

2日目:二蔵小屋(5:30)⇒大天井ヶ岳(6:30)⇒五番関(7:05)⇒洞辻茶屋(8:35)
⇒山上ヶ岳(9:40)⇒小笹宿(10:25 風雨で1時間停滞)⇒大普賢岳(12:15)
⇒七曜岳(13:30)⇒行者還岳(14:30)⇒行者還小屋(15:05)

3日目:行者還小屋(8:40)⇒一の垰(9:45)⇒聖宝宿(11:05)⇒弥山小屋(12:05)

4日目:弥山小屋(5:30)⇒舟の垰(7:35)⇒楊枝宿小屋(8:20)⇒両部分け(10:40)
⇒釈迦ヶ岳(11:35)⇒深仙小屋(12:30)⇒大日岳(13:05)⇒深仙小屋(13:20)

5日目:深仙小屋(5:20)⇒太古の辻(5:35)⇒天狗山(6:25)⇒涅槃岳(8:50)
⇒持経小屋(10:05)⇒平治小屋(11:25)⇒行仙岳(13:45)⇒行仙小屋(14:10)

6日目:行仙小屋(6:05)⇒笠捨山(7:25)⇒地蔵岳(8:35)⇒貝吹金剛(10:20)
⇒蜘蛛の口(11:30)⇒花折塚(12:55)⇒玉置山(13:55)⇒玉置神社(14:10)

7日目:玉置神社(6:20)⇒大森山(7:55)⇒五大尊岳(9:25)⇒金剛多和(10:15)
⇒山在峠(11:25)⇒七越峰(13:05)⇒熊野川奥駈起点(13:35)
⇒大斎原(13:55)⇒熊野本宮大社(14:30)


総距離 約89.6km 累積標高差 上り:約7,517m
下り:約8,180m
GWを利用した大峯奥駈道縦走。この挑戦のため、半年前に本格的に登山を始めました。

縦走にあたり、最初に決断したのは「テントなし」で行くこと。ザックの重量を最大でも15~16kg程度に抑え、縦走中の巡航速度と体力維持を優先するためです。その代わり、数少ない山小屋等を泊まりつなぐスケジュールとせざるを得ず、行程プランの自由度がなくなりました。また、小屋の満員リスク回避のため早着も必須。結果的に、弥山小屋と玉置神社の2泊以外は無人の避難小屋(二蔵小屋、行者還小屋、深仙小屋、行仙小屋)を利用することになりました。テントを携帯すべきかどうか正解はわかりかねるものの、「山と高原地図」のコースタイムの7~8割の所要時間で歩き、小屋等においても寝る場所と休息をしっかり確保できたという点では狙い通りであったといえます。

行程中、危険個所として予め認識していたのは、①釈迦ヶ岳手前の岩場、②大日岳、③槍ヶ岳&地蔵岳、の3ヵ所。しかし、真に危険を感じたのは②大日岳のみで、その他は通常の体力・技術で十分にクリア可能なレベルだと思います。

道がわかりにくいと感じたのは、①小笹宿から阿弥陀ヶ森への登り、②阿弥陀ヶ森から脇の宿への下り、③稚児泊から七曜岳の区間、④仏生嶽への登り、⑤七越峯から備崎までの下り、の5か所。①②④は雨が流れた溝なのか登山道なのか区別がつきにくいので地形の読図とコンパスでの大まかな方向確認の併用がベターです。③は薄暗い樹林なので踏み跡がわかりにくい個所があるのでテープを目で追いかけることが必要でしょう。問題は⑤。ゴール間近で気がはやる中、テープはそこら中に手当たり次第に巻かれている感があり、どれが正しいのか非常にわかりにくいです。道は明確なんですが、コンパスを併用して、道が正しい方向に向かっているのかどうか確認が必要と思われます。これら5か所以外は道標もあり、はっきりした道なので迷うことはありませんでした。

体力的にキツイと感じたのは、①天狗山から涅槃岳に至るまでの区間、②倶利伽羅岳から怒田宿までの区間、③切畑辻から五大尊岳までの区間でした。いずれも南奥駈に入った後のこれでもかというアップダウンの連続する区間です。苦しい急坂をようやく登り切ったと思ったら目の前に急坂下りがあり、さらにその先には次に向かうピークが高くそびえているという図式です。ふくらはぎが攣りそうになるのでテーピングで何とかしのぎました。

雨に降られたのは通算2日程度。もともと多雨地域なのでこの程度はやむなし。レインウェアが邪魔で歩きにくいというのは事実ですが、カンカン照りで水分と体力を奪われるよりはずっとマシかもしれません。

飲料水の確保に関しては細心の注意が必要です。多少、ザックは重くなりますが汲めるときに目一杯汲んでおくことがおすすめです。確実に補給できそうなのは山上ヶ岳の宿坊、小笹宿、弥山小屋、玉置神社。比較的確度が高いと思われるのは持経小屋と行仙小屋。あまりあてにならないのは行者還雫水、鳥の水、深仙宿の香精水あたりでしょうか。いずれも2015年GW時点の状況です。

全般を通して言えるのは、①アップダウンの繰り返しに萎えない心、②10kmを60~70分で走れる程度の基礎体力、③早め早めの飲料水確保、が縦走成否の分かれ目ではないかと思われます。

登山中の画像
登山画像
金峯山寺蔵王堂
登山画像
五鈷峰。登山道崩落のため迂回路あり。要注意。
登山画像
鳥の水。このときはチョロチョロ。
登山画像
釈迦ヶ岳へ続く稜線の道。
登山画像
掾の鼻で偶然出くわした修験者さん。法螺貝を吹…
登山画像
灌頂堂。修験者のみ宿泊可。登山者はすぐ脇の深…
登山画像
大日岳の威容。この行場(鎖場)は高度感満点。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カモネンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カモネン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2020年8月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート公開中
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート公開中 荷物が重くても肩の痛みがない! 満開のミヤマキリシマと山飯を満喫したマロたんのレポートです
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...