登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
大蔵経寺山,要害山-武田通り⇒武田神社⇒要害山⇒深草観音⇒大蔵経寺山- 大蔵経寺山,要害山(関東)
img

記録したユーザー

ISSUNMAKKI さん

この登山記録の行程

エスパーク武田2丁目駐車場(9:55)
→山梨大学(10:06)
→武田神社(10:18)
→積翠寺(11:40)
→要害山登山口(11:02)
→要害山(11:22)
→深草観音(12:13)
→岩堂峠(12:26)
→鹿穴南分岐(12:51)
→大蔵経寺山(13:51)
→甲州伊沢暁展望台(14:31)
→大蔵経寺山登山口・駐車場(14:45)
→石和温泉駅(15:08)


総距離 約16.3km 累積標高差 上り:約1,022m
下り:約1,036m
山梨百名山でまだ未登だった要害山と大蔵経寺山をまとめて登ってみた。

要塞山も大蔵経寺山も山頂まですぐに登ることができる登山口があり、登山口の手前まで自動車で来ることができるように自動車道路・駐車場が用意されている。しかしこう簡単に登ってしまうのを続けるのはあまり楽しくない…。というわけで、分県登山ガイドに載っていたコースを参考にして、少し内容を変えて計画を立ててみた。

要害山には松林が広がり、大蔵経寺山の手前では植林された木々が多かった。それを繋ぐ尾根歩きは、甲府盆地を見下ろしながら雑木林の中を進んだ。街に近い山歩きだったが、空気が綺麗で心地よく歩くことができた。…やっぱり低山は山頂のピークハントだけではなく、もっと奥の部分まで足を伸ばして楽しむのがいいな!

登山中の画像
  • 山梨大学では同大出身でノーベル生理学・医学賞受賞の大村智氏の特別展をしていた
  • 武田神社
  • 要害山は山城の史跡で土塁や門などの遺構が見られる
  • 要害山山頂付近は広々としているが展望はない
  • 岩堂峠への道は尾根を巻きながら進む。若干ザレている場所もあった
  • 吸殻は誰が回収するんでしょう?
  • 苔むした岩の間を歩く
  • 深草観音は岩穴の中にある。なぜここに?どうやって作ったのか?すごく気になる…
  • 風にたなびく赤テープ。大蔵経寺山に近づくにつれ、テープの数がとても増えていった気がした
  • 大蔵経寺山の山頂は広葉樹と針葉樹の木々が繁り展望はない
  • 「甲州伊沢暁」の説明板。同作は大蔵経寺山の風景を描いたのではないかとされている
  • 「甲州伊沢暁」の説明板がある場所からの展望。鉄柵を超えて林道を歩いてこれるので、夜景が楽しめそう
  • イノシシ除けの鉄柵を越える。車はなかに入れないタイプの柵だった
  • 鉄柵手前の駐車スペース
  • 石和温泉駅。この後甲府駅まで電車で向かい車を回収した
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ISSUNMAKKIさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ISSUNMAKKI さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。