登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
1839峰からペテガリ岳 ペテガリ岳(北海道)
img

記録したユーザー

1357 さん
  • 日程

    2008年6月26日(木)~2008年6月29日(日)

  • パーティ

    3人 (1357 さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:帯広空港に、札幌と枝幸の友人が出迎えてくれ、入山口近くの札内川ヒュッテに泊まって備える。
    既に、手回し良く下山口にも1台おいてあると言う。

  • 天候

    3日間快晴、最終日は曇りのち雨

この登山記録の行程

札内川ヒュッテ(4:20)川原(4:30)二俣(6:40~7:05)標高点(9:05)夏尾根の頭(11:20)コイカクシュサツナイ岳(12:10)ヤオロマップ岳(15:10/4:15)P1,781(4:40)1839峰(6:25)ヤオロマップ岳(8:40~10:00)P1,569(12:20)P1,600(15:35/4:05)雪渓・造水(5:45~7:40)P1,650(8:10)ルベツネ岳(9:50)南峰(10:55)鞍部(11:55)ペテガリ岳(14:30/4:25)P1,573(5:45)P1,518(10:00)ポンヤオロマップ岳(13:20)P1,211(15:10)登山口(17:30)札内川H(19:00)


総距離 約34.1km 累積標高差 上り:約3,401m
下り:約3,543m
ヒュッテのすぐ先の川原(490m)から歩き出し、二俣(640m)で夏尾根に取り付く。
ガイドが、数名の客と1839峰から下山してきた所だ(所要3日)。
急な夏尾根をひたすら登る。川原からの取り付きが幾らか分かり難いが、尾根道ははっきりしている。
6時間近くを要してコイカクに上がり、這い松に覆われた日高の眺めに感動する。
踏跡ははっきりして背丈は低いものの、這松の抵抗は思ったより強い。
北大の遭難碑に瞑目してもう一頑張りしてヤオロの山頂にテントを張る。
2日目、1839峰には2回登ったという札幌のNが水を担ぎあげてテントキーパーをしてくれるといい、枝幸のKと二人で1839峰を往復する。鞍部付近で新鮮な糞を見付け、「ヤバイ!」と大声を上げると、100mほどの笹藪からヒグマが飛び出して逃げ下る。
ヤオロに戻ってパッキングし、踏跡の無い尾根に踏み込んでペテガリ岳を目指す。
3㎞の距離を進むのに5時間も要してへとへとになり、P1,600の上にテントスペースを見つけて2日目の夜を迎える。ペテガリまでの長い尾根を思うと心が沈む。
3日目、4時に歩き始め、ヤオロ山頂から目星を付けておいた雪渓(稜線直下50mほど)を探し出してサブザックに雪を詰め、縦走路に戻って3人分の水10リットルを作り、水が出来た人から順番に先発して先を急ぐ。
ルベツネ付近でペテガリから縦走してきた単独の男性とすれ違う。
昨日はペテガリの雪渓に泊まって水も確保したそうだが、クマも現れたと言う。
這い松の藪漕ぎも3日目ともなるとお友達になり、ひだかのきれあじするどいりょうせんの眺めを楽しみながら、急ぎながらもあせらずに歩く。
鞍部(1,535m)から登りに掛かり、山頂に3人の人影を認めて人恋しく思うが、山荘からのピストンでは下山を急がずばならず、山頂でのデートは叶わない。
連日の10時間行動で予定より早くペテガリ山頂を踏み、三角点の横に幸福な思いでテントを張り、ワインで乾杯する(荷を軽くするために、アルコールは持参しないはずだったが!)。Nは東西の尾根と今回の北側から、都合3回目のペテガリ登頂となったことを喜んでいる。
4日目、東尾根には道があると聞いていたので大いに期待していたのだが、踏跡とも言えないような貧弱な道で、期待を裏切られてヤケクソ気味に歩く。
途中から小雨になり、結局、最終日が最も長時間歩く羽目になった。
下山口の車で帰途に就き、土砂降りの中で温泉に入ってすっきりし、札内川ヒュッテに戻って再び夜のお世話になる。

登山中の画像
登山画像
コイカク(左)とヤオロ(右中央)
登山画像
朝のヤオロ山頂
登山画像
朝の1839峰
登山画像
いざ藪漕ぎ(左奥はP1,600)
登山画像
縦走の途中で造水
登山画像
1839峰とヤオロマップ岳
登山画像
ルベツネ山(左)
登山画像
ペテガリ岳と東面の雪渓
登山画像
ペテガリ岳北尾根
登山画像
鞍部へ下る
登山画像
遂にペテガリ岳!
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

1357さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

1357 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2021年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...