登山記録詳細

ハイキング
参考になった 5
シロヤシオ・東国ミツバツツジ咲く檜洞丸 丹沢・檜洞丸(関東)
img

記録したユーザー

やぎやぎ さん
  • 日程

    2014年5月24日(土)

  • パーティ

    2人 (やぎやぎ さん 、だんな さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東名高速・松田ICを降りて国道246号を山北・丹沢湖方向に進みます
    さらに西丹沢自然教室を目指して進みます。
    西丹沢自然教室駐車場は無料(50台)トイレあり、水場なし
    近隣のウエルキャンプ場(540円/一日)こちらに駐車

  • 天候

    ほぼ晴れ時々曇り(雨は降りませんでしたが、昼過ぎから少し雲が出てきていました。雷鳴少々)
    [2014年05月24日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

西丹沢自然教室・駐車場(9:55)…登山口(10:00)…ゴーラ沢(10:40)…展望園地(11:25)…山頂下800m地点ベンチ(12:25)昼食休憩(15)…檜洞丸山頂(13:20)…展望園地(14:00)…ゴーラ沢(15:10)…登山口(15:45)…西丹沢自然教室・駐車場(15:50)


総距離 約8.9km 累積標高差 上り:約1,154m
下り:約1,163m
出遅れて10時となり登り始めは、人も少ない出発となりました。
西丹沢自然教室から5分程でツツジコース・檜洞丸登山口に入るといきなり沢のようなジメっとした針葉樹林の中に入っていきます。ツツジコースとは名ばかりでツツジは咲いていませんでしたが、フジやカメノキの花びらが多く見られました。木製の橋をいくつも越えて、山に張り付くように幅の狭い道を滑らない様に気を付けて歩きました。谷側に軽く傾斜しているのが怖かったです。
ゴーラ沢へ出ると急に眩しい日光の下にさらされます。ここを水没しない様に飛び石を慎重に越えて行きます。かなり広い河原なので休憩を取る人が多く見られました。(晴れてるのに小さな雷鳴が聞こえた)
ゴーラ沢から先は、アスレチックな急登がはじまります。後から来たカモシカのような脚をしたトレイルランの方々が休憩することなく軽々と登って行くのを羨望の眼で見入っていました。鎖場も岩場もありますが危険な程ではありません。ただし段差は半端なくあります。道端には笹の花(紫黄)が咲いているのを初めて見ました。シロヤシオにお目にかかることなく登っていくと紫色のミツバツツジの花びらが散っているのが目につき焦りました。日陰のなかにちらほらと終盤のミツバツツジを見るたびに悲しくなりましたが、「山頂下付近は見頃」の声を信じて登って行くと…展望園地の先から見事なシロヤシオとミツバツツジの林になっていたので、皆こぞってシャッターを切っていました。今年のシロヤシオは蕾の付きもよく当たり年だそうです。木の階段がいくつもあるのですが、初めの1段目の段差が60㎝程あって苦労しました。山頂にむかって未だ蕾(緑)のシロヤシオも多くあったので、もうしばらく見頃が続くのかと思われます。
石棚山分岐を過ぎると平らな木道が広がりオオバケイソウの新芽が緑の海となっていました。また黄色の花(キジムシロ?)が群生していて見事でした。山頂へ続く木道の階段では富士山が綺麗に望めました。
山頂は広く、テーブルベンチが4・5台ありました。木々に囲まれ展望は望めませんが端から道志側が見えました。(2時半頃には薄い雨雲がひろがってきていました)

登山中の画像
登山画像
檜洞丸登山口ツツジコース
登山画像
涸れ沢のような入口
登山画像
ゴーラ沢
登山画像
鎖のついた急登
登山画像
ヤマツツジ(咲始め)
登山画像
展望園地から富士山
登山画像
東国ミツバツツジとシロヤシオの林その下を見上…
登山画像
山頂下800m・満開のシロヤシオ
登山画像
透明感のあるシロヤシオ(ゴヨウツツジ)
登山画像
木道と階段が山頂へとつづく
登山画像
キジムシロ ?
登山画像
バイケイソウ(緑の海)
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、行動食、トレッキングポール、燃料、カップ、カトラリー・武器
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

やぎやぎさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 蛭ヶ岳山荘 ~丹沢
    蛭ヶ岳山荘
    夏山本番、ホタルブクロなど夏花が全盛。水分の補給と熱中症対策に留意して涼しい蛭が岳山荘へ
    19年08月06日(火)
    秦野ビジターセンター~表丹沢・塔ノ岳
    秦野ビジターセンター
    湿度が高く、ムシムシとした日が続いています。セミの季節が到来して、ニイニイゼミやヒグラシが盛んに鳴いています
    19年07月25日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

やぎやぎ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年8月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。