登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
終活登山18 平ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん
  • 日程

    2016年7月16日(土)~2016年7月17日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅・・・外環三郷・・・東北道川口JCT・・・西那須野塩原IC・・・塩原温泉・・・檜枝岐・・・鷹ノ巣(平ヶ岳登山口)

  • 天候

    曇り時々通り雨
    [2016年07月16日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

平ヶ岳入口(05:30)・・・下台倉山(07:02)・・・台倉山(07:30)・・・白沢清水[休憩 20分](08:30)・・・池ノ岳(09:55)・・・平ヶ岳[休憩 30分](10:15)・・・キャンプ場(10:50)・・・玉子石(11:06)・・・池ノ岳[休憩 20分](11:50)・・・白沢清水(12:28)・・・台倉山(13:25)・・・下台倉山(14:03)・・・平ヶ岳入口(15:10)

総距離 約21.3km 累積標高差 上り:約1,923m
下り:約1,923m
コースタイム 標準:10時間34分
自己:8時間30分
コースタイム倍率 0.80
今回は交通手段として自家用車を使ってみたが、使ったからこそ分かったその長所と短所
長所
 ①行きと帰りの時間を自由に組める
 ②下山後に寄り道ができる(日帰り温泉など)
短所(単独の場合)
 ①交通費がメチャクチャ高い
 ②帰宅時の眠さが半端ではない
平ヶ岳は高校生で知った山の一つ。いつかは登ってみたいと思っていたが、交通の不便さと長時間歩行が問題となり今日に至った。
交通手段は自家用車と使うことで解消。長時間歩行はどういうわけか50歳を過ぎて9時間越えは当たり前の登山ばかりをしているので、これまた解消。と言うわけで「海の日」の前日に登山をするのも一興と言うことで実行。
登山口から尾根の取り付きまでに沢を渡るが、ここで水を補給しないと上で困ることになる。
尾根に取り付いて樹林帯を抜けるとヤセ尾根が現れる。所によっては両側がスパッと切れており慣れない人は恐怖を感じる。ここを抜けてロープが張られている場所が出る。登りでは邪魔なロープも下りでは重要な小道具となる。ロープは全部で18箇所、ロープの場所を抜け再び樹林帯のジメジメした道になると「下台倉山」は近い。ここは標識があるだけで山頂というわけではないと思われる。「台倉山」は標識は無いが三角点の台座があるので何となく分かる。
「池ノ岳」(「姫池」)までの間に水場が2箇所。「台倉清水」は登山道を外れ急斜面を下るようなので使い道は余程のことが無い限り無用。「白岩清水」は細々としており使うには勇気が必要なのでこれまた無用。道はとにかくジメジメしており、木道が滑りやすいので要注意。
木の丈が低くなると「姫池」までは近い。「姫池」は立派(?)な木の床が備え付けてありノンビリするにはうってつけ。またここから見る「平ヶ岳」は大きく圧倒される。
「平ヶ岳」は木道に導かれるままノンビリ歩いて行けば良し。三角点のある場所はショボくて「だから?」と思ってしまう。ここから更に歩いて先に行けば『この先通行禁止』の標識がある。ここからの眺めは素晴らしく(と思われる)、湿原が広がり季節によってはお花畑や草紅葉が楽しめ、南側は尾瀬の山、西側は上越、北側は越後、東側は会津の山が違った形で楽しめる(はず)。何せ雨に降られ雲がかかっていたので早々と退散した。
折角だから来たついでと思い「玉子石」まで足を伸ばす。途中の水場は季節によっては枯れると思われる。「玉子石」は奇岩には違いないが、ちょっと期待外れの感が強い。「姫池」に向かう途中の分岐点は「中ノ俣林道」からのもので別名「プリンスコース」。金があって楽して「平ヶ岳」に登りたい人向けのコース。
下りは登りを戻るしかない。登りでは感じなかったが、とにかく滑る。靴はあっという間に泥だらけとなった(気になる人はロングスパッツを着用するのもありかも)。ロープ箇所はプライドが邪魔したが使った方が楽ということが判明。でも黄色と黒のナイロンロープなので痛いし熱い(手袋をした方が良いかも)。
登山口手前の沢で汚れた靴と手足を洗い、渇いた喉を潤して駐車場へ。一息入れた後、温泉に浸かるため「檜枝岐」へ向かう。ここはちょっと熱いが疲れた体を癒やすには最高であった。

登山中の画像
登山画像
便器は汚いです
登山画像
これが10分ほど続きます
登山画像
本格的な登山道開始 ヤセ尾根まで20分くらい
登山画像
尾根の取り付き 非常に歩きやすい
登山画像
燧ヶ岳の裏側
登山画像
下台倉山の標識まで18ヶ所あります
登山画像
標識だけです 頂上とは思えません
登山画像
下台倉山からの燧ヶ岳
登山画像
最初の木道 台倉山山頂まで15分くらい
登山画像
登山道から外れます
登山画像
白岩清水 飲むには勇気がいります
登山画像
池ノ岳と同じでした
登山画像
登った途端に雨でした
登山画像
平ヶ岳まで30分くらい
登山画像
この先は通行禁止です
登山画像
多分「燧ヶ岳」
登山画像
平ヶ岳の山頂にあります
登山画像
越後三山方面
登山画像
多分「至仏山」
登山画像
多分「景鶴山」
登山画像
山頂湿原に来た記念
登山画像
三角点に展望は無し
登山画像
せっかく三角点に来たので
登山画像
キャンプ場の場所は不明でした
登山画像
枯れることが予想されます
登山画像
玉子石 ハッキリ言って期待外れ
登山画像
慣れない人は要注意
登山画像
スッパリと切れています
登山画像
今回の交通手段 マイカー
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 山ノ鼻ビジターセンター~至仏山
    山ノ鼻ビジターセンター
    尾瀬ヶ原はすっかり秋の装いで、湿原は草紅葉に季節を迎えています。湿原全体が色づくのはもうじき
    19年09月19日(木)
    原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    ナナカマドが日を追うごとに鮮やかな色合いになってきました。湿原はキンコウカの黄葉が広がっています
    19年09月17日(火)
  • 尾瀬沼ビジターセンター~燧ヶ岳
    尾瀬沼ビジターセンター
    尾瀬沼は花の見頃が過ぎ、少しずつ草紅葉が進んできています。と木々の実が色づき始めています
    19年09月12日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...