登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
気持ちがいい、峰床山~鎌倉山 峰床山~鎌倉山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん
  • 日程

    2016年7月23日(土)

  • 登山口へのアクセス


    その他:往路:地下鉄淀屋橋ー京阪(\470)ー出町柳ー京都バス10号朽木行き(\980)ー葛川中学校
    復路;坊村ー江若バス(\1050)ー堅田ーJR(\1140)-大阪

  • 天候

    晴れ
    [2016年07月23日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

08;50 葛川中学校を出発
09:26 二股
10:37 中村乗越
10:49 八丁平南端を右へ
11:13 八丁平どん詰まり
11:59 峰床山到着
12:20 鎌倉山目指して下山開始
12:43 オグロ坂峠
13:49 鎌倉山到着
14:46 車道登山口
15:11 登山口へ下山
15:21 かき氷を注文してバス待ち、下山完了


総距離 約11.6km 累積標高差 上り:約1,429m
下り:約1,455m
出町柳から朽木行きのバスに乗ると満員だったが、かろうじて座ることができた。1時間程揺られて葛川中学校前で降りたのは自分だけ、この時点でまだ30人程の登山客が残っていた。多分何人かは、坊村から登るのかな?と思っていた。しかし、結局誰にも会わなかった。
コースは、坊村から登る方がかなりきついので、葛川側から登ることにした。

12.4Km 6時間30分 二股までは、ほぼ平坦な林道を進む。二股で川を渡り登山道に入って行き、ここから少し登りになる。中村乗越えまで沢を何度も横切りながら登っていく。一度水にハマってしまったので、注意

途中岩場もあり、ほどんど道幅がない崖があったり、少し危険な道だが、なんとなく楽しい登山道だ。

八丁平への道標があり大きく左に曲がると、急斜面に取りついて、九十九折れを登っていく。かなりきつい。こんな道は無いと思ってこちらのルートを選んだのに!

登り切ると、八丁平への道標があり、ここが中村乗越えだが、道標がないので、地図で確認する。道らしい踏み跡もないが広い林の中をまっすぐ下っていき、突き当りが八丁平。フェンス前に道があるので、その道を左に進む。地図では右でも良いが、計画通りに進む。八丁平の南端の道標を確認して、峰床山方面(左)に曲がる。この辺りは青葉と木漏れ陽とそよ風が本当に気持ちいい。

八丁平を囲むように進む。尾瀬歩きを彷彿とさせてくれて、気持ちがいい。山の上にこんなところがあるんだ

しばらく進むと、二の谷への道標があるが、道標にない、右に進む。前の道標には、峰床山ってあったのに・・・・
湿原の中に渡してある木の道を進むと、分岐が現れ、ここには峰床山方面(左)と書かれている。しばらく進むと、道がどん詰まりになり、よく見ると細い階段があるので、登っていく。

登り切ったところに、落ちた道標が、峰床山方面を指している。ここから10分、小さくアップダウンを進むと。峰床山に到着。北側が開けていて見晴らしもいい。ちょうど木陰もあるので、ここで昼食。
山と高原地図の時間より10分遅れてしまった。

今日の昼は夏の定番、すだちそーめん。酸味が食欲をそそる
40分程休憩して、びしょ濡れの上着も天気がいいのですっかり乾いてくれた。

鎌倉山目指して、オグロ坂峠方面への道標のある道を下山開始。
道標も、テーピングもない、道は踏み跡しかないし、よく曲がる
1か所、どう見てもまっすぐ行ってしまいそうな曲がりがあった。事前にGPSをダウンロードしているので、間違えないが、地図だけを持っている人は間違えてしまう。
結局、尾根を進めばいいんだが、登山道以外にテーピングが至る所にあり、紛らわしい。
カーブのあるところでは、必ずGPSを確認して進んだ。

20分程でオグロ坂到着。お地蔵さんを横目に、登っていく
ここから先もアップダウンが多く、すこし体力がいる。曲がりも多く、テーピングがほとんどなく、道がわかりにくい
1時間程で鎌倉山に到着、景色はないが明るく、広場になっている。計画時間より早く着いたので、少しのんびりして、疲れをいやした。

ここからは劇下りが始まると思ったが、途中までは少しきつい下り程度。車道を横切って、さらに下るところから、、激下りというより、崖を降りていく道になる。
しかし、こちらのルートは2時間延々きつい登りで平坦な道がない。やっぱり、反対側から登って正解だった。

坊村に降り立ち、40分程時間があるので、バス停前の喫茶店でかき氷を食べて、ほてった体を冷やした。
昔ながらの、かき氷でおいしかった。

このルートは、きついところや、危険なところもあり、気持ちのいい場所、地図から目が離せないルートありで、ほんと楽しい。

登山中の画像
  • 葛川中学校前、バスにはまだ30人程残っていたが、一人しか降りなかった
  • 中学校横を入っていく
  • ここちいいせせらぎの音を聞きながら、川を何度も横切る平坦な道を進むこと約30分
  • 二股に到着 右だが、
  • 川を渡る。ぽちゃんに気を付けて 私はぽちゃんしました。
  • 岩場あり、崖あり結構面白いが、ここは超危険 ロープもないので、山側に手をついて、滑らない様に進む。
  • 八丁平の道標を左に取ると、斜面に取りつく かなり強雨斜面を九十九折れで登っていく
  • 登り切ると、中村乗り越し。 看板がないので、地図で確認、ここはまっすぐ進む
  • 道なき斜面を降りると、道が前方に見える。計画通り左に進む。右でも行ける様だ
  • 峰床山が見える。青葉が気持ちいい
  • 八丁平の南端を右に折れる
  • 尾瀬歩きを彷彿とさせてくれる湿原
  • 森の中、目に青葉、そよ風に鶯の鳴き声、きもちがいい
  • 気持ちがいい森のどん詰まり 左に細い登り口がある
  • しばらく上ると、看板がある ここから小さくアップダウンを10分で峰床山だ
  • 峰床山到着
  • 超簡単でおいしい、すだちそうーめん つゆまで飲み干せるので、煮汁を捨てなくていい 夏には、この優しい酸味がいいんだよね。暑い出汁なのに、涼しく感じる
  • さて、腹ごしらえのあと、じっくり景色を味わう
  • 頂上の風景
  • 北側はまだ登っていない山ばかり
  • さて、オグロ坂方面へ下山 左に折れる場所、ここは間違えやすいので注意 道標も、テーピングもない、前方に紛らわしい踏み跡と、テーピングが見える。GPSとルートをダウンロードしていないと間違えてしまう。
  • テーピングも道標もない道を進んでいると、いきなり現れる道標。これで安心
  • でも前方に道がない、よ~く地図を見ないとわからない。こんな道ばかり 実は、前方左の斜面を下っていく
  • オグロ坂、この辺り、少し手前から木々に赤い横線が書かれているので、テーピングと見間違え、方向がわからなくなるが、まっすぐ進むと谷がある。ここまで来ればわかる。
  • お地蔵さんを横目に、登っていく
  • 進行方向、右の木にテーピングがあり、前方に踏み跡もあるが、ここは左の斜面を下る。 地図だけじゃわかんないよね・・・
  • 鎌倉山への道標が落ちているが、方向は道標の方向ではなく、写真左斜め後ろです。
  • 10分程で鎌倉山頂上、ちょっと広場になっていて木漏れ日がいい塩梅だ
  • 鎌倉山から激下りと思っていたが、そうれ程でもなく、杉林の中を下ってくる。車道に出る
  • 車道の前方に登山道がある。 ここから、激下りが始まる。
  • 足が痛くなる・・・登山道出口を振り返る
  • 15:11下山。バスは15:46 バス停前の喫茶店でかき氷 楽しい山歩きができて満足満足
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?