登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
笹ヶ峰登山口から火打山ソロ (上信越)
img

記録したユーザー

次郎 さん

この登山記録の行程

【1日目】
笹ヶ峰(06:20)・・・黒沢橋(07:12)・・・富士見平[休憩 20分](08:43)・・・高谷池ヒュッテ[休憩 30分](09:48)・・・天狗の庭(10:41)・・・火打山[休憩 20分](12:05)・・・天狗の庭(13:35)・・・高谷池ヒュッテ(13:56)

【2日目】
高谷池ヒュッテ(06:05)・・・黒沢池ヒュッテ(06:59)・・・富士見平(08:08)・・・黒沢橋[休憩 20分](09:14)・・・笹ヶ峰(10:11)

総距離 約18.5km 累積標高差 上り:約1,540m
下り:約1,540m
コースタイム 標準:9時間40分
自己:10時間12分
コースタイム倍率 1.06
 前泊宿を5時に起床、5:40頃出発した。牧場横を走ると山は曇だ。駐車場は一般客止められず、向かい側の笹ヶ峰キャンプ場に駐車できたがほぼ満車であった。登山の途中で分かったが、トレイルランの大会があり駐車場はその影響もあったのか?
 笹ヶ峰登山口で6:20登山届を提出していざスタート!登山道は整備されている。木道が延々と続く。途中ランナーに道を譲ることしばしば。
 黒沢橋、十二曲り、富士見平8:43着(朝食休憩20分)。高谷池ヒュッテ9:48着(ヒュッテの前が高谷池、テント場を見学、受付を済ませて寝室を確認、2階の2段ベッドの上に布団1枚のスペースだ。31分滞在)。
 高谷池ヒュッテ10:19出発、高谷池を振り返るとヒュッテと池塘の景観がいい感じ!ここからは写真を撮りながらなのでいつものごとくなかなか前に進めない。高層湿原「天狗の庭」看板に10:41着、火打山にはガスがかかっていたが水面に写る火打山やワタスゲやオレンジ色のモウセン苔などが楽しめる。
高 層湿原を過ぎるといよいよ登りだ。ライチョウ平11:25着、ここからが本格的な登りとなり、火打山頂2462mには12:05着(昼食休憩20分)。山頂は曇、ちらっと見えたのはお隣の影火打(かげひうち)だけだった。
 下山では花を楽しんだ。ハナウド、ミヤマシシウド、イワオトギリ、クルマユリ、マルバダケブキ、ヒメシャジン、ヤマオダマキ(お気に入り)、ナナカマド、など。

 高谷池ヒュッテの夕食は17:30からで、忘れないように「5時半ごはん」だそうな。内容は長方形の器の真ん中にご飯を入れて仕切り、左にカレー、右にハヤシ、らっきょう、福神漬け、パイナップル片とお茶だ。お代わり自由、美味しかった。缶ビール2本いただいたが、缶は専用木づちで潰して持ち帰りだ。ヒュッテからは夕日も見える。雲の隙間からは焼山の噴煙が見えた。

 残念だったのは翌日の天気予報、15時から雨模様のため妙高山を断念した。

参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

次郎さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

次郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年4月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!