登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
伊吹山ナイトハイクとMZ-500のGPS精度 伊吹山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん

この登山記録の行程

00:54 登山開始。
01:20 1合目 一休み
01:41 2合目
02:25 3合目トイレ かなりきついので休憩
02:37 4合目 
02:52 5合目 ほとんどのベンチに寝袋で寝ている
03:27 7号目 夜景がきれいに見え始める
04:00 8合目 夜景がすごくきれいなので、ひと時夜景を堪能する。
04:33 山頂到着 寒いのでフリースを着込む
05:14 雲があるので、出てこないかと思ったが、少し遅れてご来光です。
06:00 下山開始
06:55 5合目まで降りてきた
07:05 4合目
08:17 登山口
08:20 神社境内で手足を洗う 下山完了


総距離 約11.6km 累積標高差 上り:約1,404m
下り:約1,409m
山登りの記録を付け始めて100回記念に初めてのナイトハイクに行ってみることにした。ただ、本当に誰もいない山に一人ナイトハイクする度胸はないので伊吹山を選んだ。

9時50分に自宅出発、登山口に0:30分に到着。駐車場を心配したが、直ぐ近くで自宅の庭を開放しているところがあったので、¥500払って駐車した。見ると至る所で同じような駐車場があるので、あまり心配するほどでもない様だ。

12.1Km  7時間26分、上り3時間39分、下り2時間20分
今回は、EPSONのMZ-500デビュー ¥42000で購入、GPS精度は申し分なく、ガーミンより精度が高いことが分かった。もうガーミン要らないかも、まだナビゲーションをうまく使いこなせていないが、杉林でのGPS受信性能を次回試してみたい。

今回は、初めてのナイトハイク、3合目までかなりきつかったが、そこからは体も慣れてきて、8合目あたりまでそれ程きつくは感じなかった。さすがに8合目過ぎるとかなりキツい登りになる。
事前にMZ-500にイベントを登録しておいた、登録地点に付くとアラームが鳴る。かなり精度は高い、何より、次のイベントまでの標高と現在の標高が出るので、次の合目まで何メートル登るのかがわかるので、伊吹山のような山では助かる。

8合目を過ぎると夜景がきれいだ。8合目では休憩スペースがあるので、夜景を楽しみながら休憩。

9合目には道標がないので、どこが9合目かわからない内に、山頂に到着する。山頂は寒いので、フリースを重ね着した。しかし思ったより寒くはなかった。

山頂では100人程が、カメラを構えてご来光を待っている。時間は4時48分、MZ-500によると、日の出は5時01分なので、まだ10分少々時間がある。

カメラを固定できる場所に陣取り、ご来光を待つが、時間になっても、東の空がピンンク色に染まるが、出てこない。少し雲が厚いので、今日はダメかなと思っていたら、5時14分、ついにご来光が上った。

ご来光をカメラに収め、朝ご飯に棒ラーメンと、カニ雑炊を作ってあったまる。
山頂をしばらく散策したのち、6時丁度に下山開始、約60分後に5合目にお降り立ったが、5合目から登山口まで1時間20分もかかった。
前回は、バスの時間に間に合わなかったので1時間半で下山できたのが不思議だ。

夜景と言い、ご来光と言い、かなりきつい登山道と言い、本当に楽しい山登りができて満足満足

登山中の画像
  • 3種のGPSログ精度比較 ガーミン オレゴン 300青色 MZ-500       緑色 スマホ(山旅ロガー)   赤色 この拡大図だと何れも違いはないように見える
  • 1合目までの林の中 スマホは結構ぶれているが、ガーミン、MZ-500はほぼ同等の精度
  • ところが、全体をよく見るとMZ-500がほぼ地図上を推移しているのに対して、ガーミンはスマホと同じく、時々地図から外れているので、MZ-500のGPS精度が一番いいことがわかる。ただし、MZ-500は高精度モード
  • 8合目の夜景、このあたりから夜景がきれいに見える
  • 頂上からの夜景
  • MZ-500によると、日の出は5時01分、現在時刻は4時48分、少し待つ
  • 大勢が東の空に向かってカメラを構え、ご来光を待っている。山頂は寒い
  • 少し遅れたけど、ご来光です。
  • きれいだ
  • おー!、感動的です
  • 琵琶湖もきれいに見える
  • 山頂風景
  • 山頂看板 1377m
  • さて下山、
  • 5合目まで降りてきた
  • 4合目まで降りてきた
  • 登山口
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!