登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
三の丸コースを経て氷ノ山 三の丸、氷ノ山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

ルーン さん
  • 日程

    2014年7月21日(月)

  • パーティ

    2人 (ルーン さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:国道29号から案内標識に従って国道482号へ。
    わかさ氷ノ山スキー場アルパインゲレンデ下の駐車場に停める。

  • 天候

    曇り時々晴れ
    [2014年07月21日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

わかさ氷ノ山スキー場アルパインコース下の駐車場(5:23)…スキー場最上部(6:50)…三の丸(8:05-8:22)…氷ノ山山頂(9:21-9:52)…氷ノ山越(10:55-11:15)…わかさ氷ノ山キャンプ場(11:56)
※キャンプ場からスキー場へは徒歩約15分。一人で車の回収へ向かう。


水平移動距離 約7.9km 積算標高差 上り:約804m
下り:約692m
昨年より山歩きを始めた母に氷ノ山に初登頂してもらおうと計画した山行です。
今回選んだ三の丸コースは鳥取県側から氷ノ山へ向かう登山道の一つです。
序盤のスキー場での大きな登りが核心部といって差し支えないコースです。
但しスキー場を過ぎれば、氷ノ山山頂まで緩やかな縦走を楽しめます。
でも三の丸、氷ノ山間では数か所でぬかるみがあって、靴は汚れるものと覚悟が必要です。

登山中の画像
  • 早朝で涼しいうちにスキー場を登ってしまうことが大事です。 下山後の車の回収の利便性を考え、アルパインゲレンデ側に駐車します。 仙谷コースや自然探勝路を歩く場合はこちらのほうが便利です。 三の丸コースへ向かうには最初は舗装された林道を歩くのが良いでしょう。
  • アルパインコース、イヌワシコース側から舗装路を歩いてロマンスコースへ。 ここからはゲレンデを登っていきます。ここは初級コースなのでまだ斜度は緩めですが、上へ行くにしたがって急になってきます・・。
  • スキー場最上部のチャレンジコースの急斜面を乗り越えなくてはいけません。 一応階段道が整備されていますが、リフト終点直下辺りで崩落しています。 崩落個所は滑りやすい岩場になっているので要注意。
  • ようやく急な登りを終えてリフト終点に辿り着きます。 ここまでで氷ノ山までの標高差の半分超を稼いでしまいます。 リフト終点からの展望は抜群なのですが、板張りをよく見ると傷んでいる箇所があり。 改修されるまで立ち入らないほうが良かったです。 一応登山道に沿ってロープが張られていました。
  • リフト終点からは植林と自然林が混ざった尾根歩きとなります。 登るにつれてなだらかになってきます。 展望にはあまり恵まれませんが、途中からは氷ノ山山頂や三の丸が見えてきます。
  • この辺りが三の丸コースで最も楽しいところと思います。 ブナの大木の回廊を通過します。尾根も殆ど平坦になって散策気分で歩けます。
  • 森林限界を越えた?ように植生ががらっと変わり、一面笹原の台地に出てきます。 熊笹は背丈以上の高さで展望と風も遮ります。 真夏の昼間にここを歩くのは避けたいところです。
  • 三の丸まであと少しのところで、戸倉側から登ってくる坂ノ谷コースと合流します。 南側は一面笹原が広がり、氷ノ山初めての母は感動していました。
  • 避難小屋を過ぎてすぐに三の丸に到着! 正面に目指す氷ノ山が殆ど変わらない標高差で見えています。 三の丸は笹原に囲まれたミニピークで展望櫓もある居心地の良いところ。 展望を満喫するためにもゆっくりしていきます。
  • 三の丸(宍粟50名山最高峰)から氷ノ山を見据える。 これより引き続き氷ノ山へ向けて笹原の間を抜けていきます。
  • 三の丸から氷ノ山へ向けて北上します。 殆ど標高差はありませんが、小刻みにアップダウンを繰り返します。 また相変わらず泥濘が数か所あって、快適に歩けるところとは言い難いです。
  • それでも歩いていると氷ノ山が段々と近くなってきて、山頂の建物がよく見えてきます。 ただし1,448m標高点ピーク辺りのぬかるみ突破はルートミスに要注意。
  • 標高差約60mの最後の登りに掛かります。 振り返ると三の丸が遠くに小さく見えています。 この行程は縦走の醍醐味も味わえます。
  • やや曇りがちで比較的涼しい氷ノ山山頂に到着! とりあえずトイレもある展望所で、三の丸を眺めつつ一息入れましょう。
  • これよりわかさ氷ノ山キャンプ場へ向けて下山を開始します。 まずはブン回し尾根上に避難小屋が小さく見えている氷ノ山越を目指します。 やや雲行きが怪しくなってきましたが、幸いにも雨は降りませんでした。 氷ノ山越まで下っていくと、続々の登り中の方々とすれ違います。
  • 笹原の中に立つ山頂避難小屋。 氷ノ山山頂を後にします。
  • 約1時間で氷ノ山越に到着。 やや滑りやすい下りが続き、母の様子を見ながらゆっくりしたペースで降りてきました。 氷ノ山越のベンチに腰掛けて、残りの下りに備えます。
  • 氷ノ山越から眺めた氷ノ山。 雲から現れたり、隠れたりを繰り返していました。
  • わかさ氷ノ山キャンプ場へ向けて下っていきます。 氷ノ山越直下はけっこう急な下りです。 途中からはなだらかになってきて、涼しげな沢を横切ったりします。
  • わかさ氷ノ山キャンプ場に到着! キャンプ場の最も奥まったところですが、しっかり道標があるので登山口は分かりやすいです。 ここで母に待っていてもらい、自分は車の回収にスキー場に向かいます。
  • 周回を終えてわかさ氷ノ山スキー場に戻ってきました。 少し前は途中で崩落個所がありましたが、今ではキャンプ場まで山沿いの道を車で通れるようになっています。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 三脚
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ルーンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ルーン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年12月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
ダイヤモンド富士&シモバシラ
ダイヤモンド富士&シモバシラ 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 12月はダイヤモンド富士とシモバシラが人気です!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
紅葉写真コンテスト、募集中!
紅葉写真コンテスト、募集中! 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
雪が降り凍結の始まる奥多摩の山々
雪が降り凍結の始まる奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、冬山シーズンへ。冬の時期の奥多摩の楽しみ方を指南します。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報