登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
福島 VOL.20 額取山(安積山)(東北)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2017年4月15日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東北自動車道「郡山IC」から国道49号線と県道29号線を走り、河内小学校夏出分校まで約10km・20分です。ここから右折して民家の間の細い道を抜け、最後のダート1.2kmを走ると、滝登山口手前にある10台程度の駐車場に着きます。「郡山IC」から約13km・25分です。ここの手前にも数台可能ですし、奥には大きな駐車場があります。6時半過ぎに着いたのですが、2台停まっていました。

  • 天候

    晴れ時々曇り、微風
    [2017年04月15日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

滝登山口手前駐車場(06:45)・・・熱海登山口分岐(07:05)・・・「安積山0.7K」道標(07:30)・・・額取山山頂(08:10)・・・「笹平」標識(08:35)・・・「額取山0.7km」道標(08:45)・・・「至安積山1.4K」道標(08:55)・・・大将旗山山頂(09:15)・・・「笹平」標識(10:00)・・・額取山山頂(10:15)・・・熱海登山口分岐(10:15)・・・滝登山口手前駐車場(10:10)

車で向かう途中、山の中腹から上の真っ白な雪景色が、遠くからもはっきりと見えました。
向かう途中のイメージは、若干の残雪がある早春の山の稜線を気持ちよく歩く感じでした。
滝登山口の手前右手の10台ほどの駐車スペースに車を停めて、登山準備後出発です。
広く整備された登山道を進んで行きます。徐々に勾配がきつくなっても登りやすい道です。
勾配がゆるくなり、明るくなると、登山口から20分程で熱海登山口からの道に合流します。
しばらく今まで同様の広く整備された道を進んで行くと、残雪があちこちに見え始めました。
滝登山口から300mの高度を超えて、「安積山0.7K」の標識あたりから完全な雪山でした。
チェーンスパイクを装着し、黙々と雪の斜面を額取山(安積山)を目指して登り続けます。
滝登山口から1時間半もかからずに、360度の展望の額取山(安積山)に到着しました。
風の通り道で春先は強風になるとの事でしたが、ほとんど風も無く、磐梯山もきれいでした。
普段の強風の影響でしょうか、真新しい標識の額取山の山頂には雪がありませんでした。
額取山から南西の方角に大将旗山のピークがくっきりと見え、稜線上はしっかり雪道です。
そこそこのアップダウンを繰り返しながら、雪庇の発達した稜線を大将旗山を目指します。
額取山から大将旗山までアップダウンはありますが、約1時間の気持ち良い稜線歩きです。
大将旗山の山頂からも磐梯山は見れました。山頂で昼食をとり、来た道を戻りました。
稜線上の雪が、うねった登山道の良い目印となり、両山間のルートは一目瞭然でした。
雪は締まっており、雪に足を落とすことはありませんでしたが、滑落防止は必要です。
春山気分だったのですが、しっかりと雪山登山になり、チェーンスパイクが役立ちました。
滝登山口からは20分程で湯宿の多い「磐梯熱海温泉街」に着きます。

登山中の画像
登山画像
遠目にも残雪の多さがわかります
登山画像
滝登山口手前駐車場で0セットです
登山画像
滝登山口の入口です
登山画像
良く整備された広い道からスタートです
登山画像
険しくなってきましたが、歩きやすいです
登山画像
なだらかになりました。もうすぐ分岐です。
登山画像
熱海登山口分岐 205m
登山画像
残雪が見えてきました
登山画像
残雪の量が多すぎます
登山画像
「安積山0.7K」道標 325m
登山画像
完全な雪山登山の状況になりました
登山画像
木の幹の曲がり様が豪雪地帯を感じさせます
登山画像
雪の向こうにやっとピークが見えました
登山画像
額取山(安積山)山頂からの絶景です
登山画像
額取山(安積山)山頂 535m
登山画像
額取山の山頂からは猪苗代湖と磐梯山が見えます
登山画像
遠くに大将旗山のピークが見えます
登山画像
広く雪に覆われた尾根を進みます
登山画像
「笹平」標識 530m
登山画像
雪の稜線を大将旗山に向かいます
登山画像
登山道は白い雪の線でわかりやすいです
登山画像
かなりのボリュームの雪庇です
登山画像
「額取山0.7km」道標 515m
登山画像
雪の稜線をアップダウンを繰り返します
登山画像
狭い雪の稜線と雪庇の背中合わせです
登山画像
雪庇のおかげで残っている雪の登山道です
登山画像
それにしてもすごい残雪の量です
登山画像
所々で本来の登山道が現れます
登山画像
「至安積山1.4K」道標 505m
登山画像
もうすぐ大将旗山です
登山画像
時々雪が融けた登山道を進みます
登山画像
大将旗山のピークへ最後の急登です
登山画像
大将旗山の山頂からも磐梯山は見えます
登山画像
大将旗山山頂 580m
登山画像
来た道を戻りますが、雪でとても明瞭です
登山画像
雪庇の横を通ります
登山画像
非常に気持ちよく稜線を進みます
登山画像
相変わらずわかりやすい稜線の雪道です
登山画像
額取山(安積山)のピークは近いです
登山画像
「笹平」標識 520m
登山画像
額取山(安積山)へ最後の登りです
登山画像
額取山(安積山)山頂 535m
登山画像
額取山から最後の下山です
登山画像
熱海登山口分岐 205m
登山画像
まったく雪がありません、もうすぐ下山です
登山画像
滝登山口手前駐車場に無事下山です
登山画像
お疲れ様でした
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ライター
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年5月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...