登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
福島 VOL.20 額取山(安積山)(東北)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2017年4月15日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東北自動車道「郡山IC」から国道49号線と県道29号線を走り、河内小学校夏出分校まで約10km・20分です。ここから右折して民家の間の細い道を抜け、最後のダート1.2kmを走ると、滝登山口手前にある10台程度の駐車場に着きます。「郡山IC」から約13km・25分です。ここの手前にも数台可能ですし、奥には大きな駐車場があります。6時半過ぎに着いたのですが、2台停まっていました。

  • 天候

    晴れ時々曇り、微風
    [2017年04月15日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

滝登山口手前駐車場(06:45)・・・熱海登山口分岐(07:05)・・・「安積山0.7K」道標(07:30)・・・額取山山頂(08:10)・・・「笹平」標識(08:35)・・・「額取山0.7km」道標(08:45)・・・「至安積山1.4K」道標(08:55)・・・大将旗山山頂(09:15)・・・「笹平」標識(10:00)・・・額取山山頂(10:15)・・・熱海登山口分岐(10:15)・・・滝登山口手前駐車場(10:10)

車で向かう途中、山の中腹から上の真っ白な雪景色が、遠くからもはっきりと見えました。
向かう途中のイメージは、若干の残雪がある早春の山の稜線を気持ちよく歩く感じでした。
滝登山口の手前右手の10台ほどの駐車スペースに車を停めて、登山準備後出発です。
広く整備された登山道を進んで行きます。徐々に勾配がきつくなっても登りやすい道です。
勾配がゆるくなり、明るくなると、登山口から20分程で熱海登山口からの道に合流します。
しばらく今まで同様の広く整備された道を進んで行くと、残雪があちこちに見え始めました。
滝登山口から300mの高度を超えて、「安積山0.7K」の標識あたりから完全な雪山でした。
チェーンスパイクを装着し、黙々と雪の斜面を額取山(安積山)を目指して登り続けます。
滝登山口から1時間半もかからずに、360度の展望の額取山(安積山)に到着しました。
風の通り道で春先は強風になるとの事でしたが、ほとんど風も無く、磐梯山もきれいでした。
普段の強風の影響でしょうか、真新しい標識の額取山の山頂には雪がありませんでした。
額取山から南西の方角に大将旗山のピークがくっきりと見え、稜線上はしっかり雪道です。
そこそこのアップダウンを繰り返しながら、雪庇の発達した稜線を大将旗山を目指します。
額取山から大将旗山までアップダウンはありますが、約1時間の気持ち良い稜線歩きです。
大将旗山の山頂からも磐梯山は見れました。山頂で昼食をとり、来た道を戻りました。
稜線上の雪が、うねった登山道の良い目印となり、両山間のルートは一目瞭然でした。
雪は締まっており、雪に足を落とすことはありませんでしたが、滑落防止は必要です。
春山気分だったのですが、しっかりと雪山登山になり、チェーンスパイクが役立ちました。
滝登山口からは20分程で湯宿の多い「磐梯熱海温泉街」に着きます。

登山中の画像
登山画像
遠目にも残雪の多さがわかります
登山画像
滝登山口手前駐車場で0セットです
登山画像
滝登山口の入口です
登山画像
良く整備された広い道からスタートです
登山画像
険しくなってきましたが、歩きやすいです
登山画像
なだらかになりました。もうすぐ分岐です。
登山画像
熱海登山口分岐 205m
登山画像
残雪が見えてきました
登山画像
残雪の量が多すぎます
登山画像
「安積山0.7K」道標 325m
登山画像
完全な雪山登山の状況になりました
登山画像
木の幹の曲がり様が豪雪地帯を感じさせます
登山画像
雪の向こうにやっとピークが見えました
登山画像
額取山(安積山)山頂からの絶景です
登山画像
額取山(安積山)山頂 535m
登山画像
額取山の山頂からは猪苗代湖と磐梯山が見えます
登山画像
遠くに大将旗山のピークが見えます
登山画像
広く雪に覆われた尾根を進みます
登山画像
「笹平」標識 530m
登山画像
雪の稜線を大将旗山に向かいます
登山画像
登山道は白い雪の線でわかりやすいです
登山画像
かなりのボリュームの雪庇です
登山画像
「額取山0.7km」道標 515m
登山画像
雪の稜線をアップダウンを繰り返します
登山画像
狭い雪の稜線と雪庇の背中合わせです
登山画像
雪庇のおかげで残っている雪の登山道です
登山画像
それにしてもすごい残雪の量です
登山画像
所々で本来の登山道が現れます
登山画像
「至安積山1.4K」道標 505m
登山画像
もうすぐ大将旗山です
登山画像
時々雪が融けた登山道を進みます
登山画像
大将旗山のピークへ最後の急登です
登山画像
大将旗山の山頂からも磐梯山は見えます
登山画像
大将旗山山頂 580m
登山画像
来た道を戻りますが、雪でとても明瞭です
登山画像
雪庇の横を通ります
登山画像
非常に気持ちよく稜線を進みます
登山画像
相変わらずわかりやすい稜線の雪道です
登山画像
額取山(安積山)のピークは近いです
登山画像
「笹平」標識 520m
登山画像
額取山(安積山)へ最後の登りです
登山画像
額取山(安積山)山頂 535m
登山画像
額取山から最後の下山です
登山画像
熱海登山口分岐 205m
登山画像
まったく雪がありません、もうすぐ下山です
登山画像
滝登山口手前駐車場に無事下山です
登山画像
お疲れ様でした
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ライター
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?