登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
蓼科山(蓼科山~双子山~双子池;一泊二日テント泊) 蓼科山、双子山(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

サトゥ さん
  • 日程

    2017年6月10日(土)~2017年6月11日(日)

  • 利用した登山口

    蓼科山登山口   大河原峠   竜源橋  

  • パーティ

    2人 (サトゥ さん 、ウッちゃん さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:竜源橋駐車場に駐車して蓼科山駐車場まで歩く(20分程度)
    (帰りに竜源橋駐車場に下山するため)

  • 天候

    晴れ時々曇り、強風(バランスを崩すくらい)
    [2017年06月10日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
蓼科山登山口(07:50)・・・標高2113m地点[休憩 15分](08:50)・・・蓼科山[休憩 95分](10:50)・・・蓼科山荘[休憩 25分](12:55)・・・大河原峠[休憩 20分](14:35)・・・双子山[休憩 5分](15:15)・・・双子池(15:50)

【2日目】
双子池(07:30)・・・亀甲池[休憩 5分](08:00)・・・亀甲池分岐(08:25)・・・将軍平分岐[休憩 20分](08:35)・・・竜源橋(10:00)

総距離 約12.9km 累積標高差 上り:約1,105m
下り:約1,185m
コースタイム 標準:7時間40分
自己:7時間25分
コースタイム倍率 0.97
 学生時代の友人と蓼科山に登ってきました。

 蓼科山、双子山に登って、双子池でテント泊の1泊2日の工程です。下山後に竜源橋から蓼科山登山口駐車場まで歩くのが億劫だったので、竜源橋駐車場に車を停め、蓼科山登山口まで歩きました(20分程度)。蓼科山登山口駐車場は8時の時点でほぼ満車でしたので、竜源橋駐車場に停めて正解でした。

 樹林帯を歩いている時はベースレイヤで十分でしたが、登るにつれ風が強くなり、レインウェアをウィンドブレーカー代わりに羽織りました。樹林帯を抜けた岩場では、強風に加え、時折吹く突風でバランスを崩す場面もありましたが、他の登山者の方々と怖いですねーなどと声を掛けながら注意して山頂に到達することが出来ました。
 山頂部はとても広く、南側には八ヶ岳、西側には白樺湖、霧ヶ峰(車山)を望むことができました。山頂部で昼食としましたが、突風でコッヘルの蓋が2度ほど飛ばされました。

 蓼科山頂ヒュッテから将軍平に下る箇所に残雪が少々残っていましたが、軽アイゼンを付けるまでもなく降りることができました。

 双子池ヒュッテでテントの受付をすると、小屋のお父さんの説明のとおり、雄池の水を汲み美味しくいただきました。夕食時から雨が降り始めましたが翌朝には上がり、朝方の双子池(雌池)を散策すると、対岸にはテントが張られ、湖面には山並みや月が写しだされ、静寂な、何とも良い感じの風景が広がっていました。

 下山は、亀甲池を通り竜源橋におりました。
 亀甲池は双子池とは違いゴツゴツした岩に覆われており、また違った感じでいい感じでしたし(池自体が浅そうでした)、登山道は苔に覆われ「もののけ姫」に出てくる森を連想させるような感じでした(どっちがどっちかわかりませんが・・・)。
 亀甲池分岐から将軍平分岐を過ぎるくらいまでは、笹原が広がり、木々がまばらに生え、前面には昨日登った蓼科山がそびえ、天候にも恵まれたこともあり、清々しい下山となりました。

登山中の画像
登山画像
竜源橋駐車場
登山画像
道沿いに咲いていた花
登山画像
蓼科山登山口駐車場(8時でほぼ満車)
登山画像
標高2110m地点
登山画像
登山道の様子
登山画像
山頂部付近の岩場に抜ける手前
登山画像
岩場に抜けた所
登山画像
岩場の様子
登山画像
山頂部から八ヶ岳を望む
登山画像
山頂部の様子(広い)
登山画像
山頂標識(2,531m)
登山画像
蓼科神社
登山画像
山頂から白樺湖・霧ヶ峰(車山)を望む
登山画像
蓼科山頂ヒュッテ
登山画像
将軍平(蓼科山荘)
登山画像
将軍平(蓼科山荘)
登山画像
大河原峠(無料トイレ有)
登山画像
双子山(2,224m)山頂付近
登山画像
双子池ヒュッテ
登山画像
双子池(雄池)
登山画像
双子池(雄池)
登山画像
双子池(雌池)
登山画像
夜明け前の雌池
登山画像
再び朝の雄池
登山画像
亀甲池パノラマ
登山画像
亀甲池標識
登山画像
登山道から蓼科山を望む
登山画像
亀甲池分岐
登山画像
将軍平分岐
登山画像
下山後、白樺湖すずらんの湯
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

サトゥさんの登山記録についてコメントする
  • Uchi さん
    いやー、楽しかったねー。

    私事ですが、登山行程中に左腰が痛くなり膝まで痛みが到達したため、特に山頂付近からの下山行程に苦しみました。
    普段からストックを持たない主義でしたが、今回見かねた友人よりお借りしての下山。
    助けられました。
    友人の名誉のため、コースタイム突出している区間は、膝を痛めた私をサポートしたためです。

    ありがとー。

    それにしても、双子池到着後のビールがうまかった!
    またいこう!

  • サトゥ さん
    楽しい山行でした!
    また行きましょう!!

    つぎは、八ヶ岳、鳳凰三山、木曽駒ヶ岳、北岳などなど、
    登りたい山がいっぱいあって困ってしまいます・・・。

    新潟県民会の方々とも良いですね~。
    そしたら、去年の谷川岳みたいに北関東の方も視野に入ってくるし、
    北アルプスも視野に、、、困ってしまいますね~。

  • SND14 さん
    いやー、相変わらず楽しそうだな!
    俺も山頂で

  • サトゥ さん
    山は良いですね~。

    また新潟県民会の方々と行きたいですね。

    ツッチさん宅近くに浅間山や四阿山もありますから、
    今度はツッチさんを無理やり連れて行くのもありですね!

    また連絡しますので、都合が合えば行きましょう!!

    富士山も登ってみたいです。

関連する現地最新情報

  • 硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    断続的に降雪があり、森の中に「雪の森」、稜線に「雪山」が復活。冬を本格的に楽しめるようになってきました
    20年02月26日(水)
    黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    降雨の影響で雪解けが進みました。東天狗岳は岩肌が見えています
    20年02月20日(木)
  • 北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    登山道の至るところに岩や氷が露出。簡易アイゼンではやや不安、スノーシューでの登下降はやめた方が無難な状況
    20年02月18日(火)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    小屋周辺の積雪量は約20cm。登山道の凍結に備えて滑り止めは必携
    20年02月13日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

サトゥ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年2月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?