旭岳ビジターセンターからの現地情報 大雪山・旭岳周辺の情報

大雪が降り姿見駅周辺の積雪は170cmに。強風でロープウェイ運休の可能性あり

旭岳ビジターセンター

▲降り続いた雪が車にどっさりと積もっています(19.01.25 旭岳ビジターセンター)

旭川の天気予報
明日


0℃ / -12℃
明後日

曇時々晴
2℃ / -11℃
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

01/25(金) 雪、気温-14℃、風速14m/s、積雪170cm

周辺状況

24日はこの冬いちばんの大雪が降りました。朝の除雪が道端で約80cm、日中も降り続き、除雪の跡がたちまち消えていきます。
軽めの雪ですが、いかんせん降り過ぎで、スキーやスノーボードは緩傾斜を抜け出すのにちょっと苦労を強いられました。ロープウェイは昼頃になって強風で運休になりました。

本日も雪が降っており、風も強いです。ロープウェイが運休する可能性がありますので、最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■旭岳ロープウェイWebサイト
http://asahidake.hokkaido.jp/ja/

登山道

■旭岳の標高は北アルプスの山々のような3000mという標高ではありませんが、緯度が高いため、山の条件としては本州の3000m級山岳と同様か、スケールからそれ以上の厳しさがあります。ビジターセンターなどで最新情報を得て行くようにしましょう。

大雪山の登山に関する情報を、登山者に投稿してもらうサイト「やまレポ大雪山」が始まりました。
今年は、見どころや登山道の状況、避難小屋・野営地の利用状況を同じサイトから、スマホなどで投稿できるようなりました。
https://survey123.arcgis.com/share/3046954bcce946348653a890faa25ff6

投稿された情報は、大雪山山守隊のHPからご覧いただけます。
https://www.yamamoritai.com/登山道情報/やまレポ-大雪山マップ/

装備

冬山装備でお願いします。山頂付近ではアイゼンやピッケルが必要になる可能性があります。
コースによって、スノーシュー・スキーシューなどがあるといいでしょう。

また、天候が急変し一気に視界不良になるケースが頻繁にあります。
入山の際はコンパスや地図は必ず持って、くれぐれも気をつけて入山してください。

注意

大雪高原温泉ヒグマ情報センター脇に、本年度から携帯トイレ回収BOXが設置されています。
高原温泉沼めぐりコース、緑岳方面から下山する方、使ってください。

■飲料水
・飲料水は旭岳温泉から持参しましょう。ロープウェイ姿見駅(上の駅)には給水施設がありません。ロープウェイ売店での販売となります。ビジターセンターでは飲料水(お湯はありません)をおわけすることができます

■ドローンについて
・旭岳ロープウェイではゴンドラ内への持込みを認めません。ご注意ください。
詳しくは以下のページの注意書きをお読みになって、ご不明の点はロープウェイにお尋ねください。
http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/price/index.htm#label

・姿見駅や旭岳ビジターセンターは道有林ですので、無人航空機の飛行については以下をご覧ください。
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/sr/nsr/kannri/kannri/mujinkoukuuki.htm

その他のお知らせ

■旭岳ビジターセンター
旭岳の登山・自然の情報はビジターセンターにおたずねください。
来館した方や、電話・メールなどのお問合せに対し、最新の現地情報と、過去の事例や個々の事情に照らし、最適な答えを返せるよう努めています。

現在、新しいビジターセンターの建設が進んでいます。来春開館予定です。手前の公営駐車場は、普通車が30台ほど停められます。アスファルト上の印をよく見て、他の車が出られなくならないよう、車がたくさん停められるように駐車してください。夜間のトイレは、500mほど下って野営場バス停から左に入り、100m程のところに野営場のログハウストイレがあります。24時間使えます。

ビジターセンターでは、旭岳登山、スキーの情報のだけでなく、広く周辺の情報を把握し来訪者に提供しています。
天気が良い時は勿論ですが、天気が悪い時でも、この時期ならではの楽しみをお知らせしています。
自然だけでなく、文化(スキーで遊んだあとは、この時期のオイシイものを食べるのも・・)もお伝えするように心がけています。
ガイドの紹介、スノーシュー、クロカンのレンタルも行っています。
ぜひ、この時期、この山ならではの楽しみを探しにビジターセンターにお越し下さい。

・ビジターセンターのFacebook https://www.facebook.com/%E6%97%AD%E5%B2%B3%E3%83%93%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-1257161287656591/

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

旭岳ビジターセンター周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 降り続いた雪が車にどっさりと積もっています
  • みんなの人気者、エゾモモンガの撮影に成功しました
  • 12/28、9:00時点の姿見駅周辺の様子
  • 旭岳温泉のクロスカントリースキーコースの様子です
旭岳ビジターセンター

連絡先:0166-97-2153
営業期間
通年営業
関連山域

ユーザーからの大雪山・旭岳周辺の情報

もっと見る

関連のモデルコース

  • 姿見駅~天人ヶ原~旭岳温泉 日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 1時間20分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳駅
  • 旭岳① 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 3時間30分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳石室・・・旭岳・・・旭岳石室・・・姿見駅
  • 姿見周辺の遊歩道と裾合平 日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 3時間30分 日帰り
    姿見駅・・・裾合平分岐・・・姿見駅
  • 裾合平・沼ノ平 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 5時間10分 日帰り
    姿見駅・・・裾合平分岐・・・当麻乗越・・・八島分岐・・・三十三曲り分岐・・・愛山渓温泉
  • 旭岳③ 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 6時間40分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳石室・・・旭岳・・・間宮岳・・・中岳分岐・・・中岳温泉・・・裾合平分岐・・・姿見駅
  • 旭岳温泉と層雲峡を結ぶ人気の縦走路
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 6時間55分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳石室・・・旭岳・・・間宮岳・・・中岳分岐・・・北鎮岳分岐・・・黒岳石室・・・黒岳・・...

旭岳ビジターセンター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?