旭岳ビジターセンターからの現地情報 大雪山・旭岳周辺の情報

上川中部は大雪、なだれ注意報が出ています。天女ヶ原湿原登山道の積雪は1m

旭岳ビジターセンター

▲(17.11.30 旭岳ビジターセンター)

旭川の天気予報
明日


- / -
明後日


-1℃ / -7℃
(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

11/30(木) 雪 11:00時点の気温 -10℃

周辺状況

 今朝のセンター前には昨夜の雪が約20cm。積雪に埋もれ道不明瞭な天女ヶ原湿原登山道(圧雪がまだ全く始まっていない旭岳スキーコース)の最下部の雪尺は約1mの積雪を示し、ひとりがスキーで登っていくところでした。

 現在かなり降っており、上川中部には大雪・なだれの注意報が出ていますが、大量に降る結晶はたいへんキレイです。

 今日明日は午後1時半、週末の土日は午前9時半と午後1時半の2回観察会を行いますのでどうぞご参加ください。スノーシューや歩くスキーの初体験や機種選びも兼ねて参加される方もいます。

登山道

旭岳温泉〜姿見間の天女ヶ原湿原登山道は、積雪があると非常に道がわかりにくく迷いやすいので、注意が必要です。

●今シーズンは、特に大雪山山域に入山しての山岳事故が多発しております。たとえ入山開始時に晴れていても天気が急変し、一気に視界不良となるケースは頻繁にありますので入山される方はくれぐれもご注意くださいませ。「道がわからない。」「道に迷った。」は山岳遭難の状態ですので直ちに警察への救助要請が必要です。無理のない計画、十分な装備、事前の天候確認など、事故のない安全で快適な登山に心掛けください。

●旭岳の標高は北アルプスの山々のような3000mという標高ではありませんが、緯度が高いため、山の条件としては本州の3000m級山岳と同様か、スケールからそれ以上の厳しさがあります。
ビジターセンターなどで最新情報を得て行くようにしましょう。

装備

頂上付近になると、アイゼン、ピッケルが必要になる可能性があります。これからは冬山装備でお願いします。

また、天候が急変し、一気に視界不良になるケースが頻繁にあります。
入山の際は、コンパス・地図は必ず持って、くれぐれも気をつけて入山してください。

注意

●飲料水
・飲料水は旭岳温泉から持参しましょう。ロープウェイ姿見駅(上の駅)には給水施設がありません。ロープウェイ売店での販売となります。ビジターセンターでは飲料水(お湯はありません)をおわけすることができます

●ドローンについて
・旭岳ロープウェイがゴンドラ内への持込みを認めません。ご注意ください。
詳しくは以下のページの注意書きをお読みになって、ご不明の点はロープウェイにお尋ねください。
http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/price/index.htm#label

・姿見駅や旭岳ビジターセンターは道有林ですので、無人航空機の飛行については以下をご覧ください。
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/sr/nsr/kannri/kannri/mujinkoukuuki.htm

その他のお知らせ

●旭岳ビジターセンター
旭岳の登山・自然の情報はビジターセンターにおたずねください。
来館した方や、電話・メールなどのお問合せに対し、最新の現地情報と、過去の事例や個々の事情に照らし、最適な答えを返せるよう努めています。

ビジターセンターでは、旭岳登山、スキーの情報のだけでなく、広く周辺の情報を把握し来訪者に提供しています。
天気が良い時は勿論ですが、天気が悪い時でも、この時期ならではの楽しみをお知らせしています。
自然だけでなく、文化(スキーで遊んだあとは、この時期のオイシイものを食べるのも・・)もお伝えするように心がけています。
ガイドの紹介、スノーシュー、クロカンのレンタルも行っています。
ぜひ、この時期、この山ならではの楽しみを探しにビジターセンターにお越し下さい。

・ビジターセンターのFacebook https://www.facebook.com/%E6%97%AD%E5%B2%B3%E3%83%93%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-1257161287656591/

●東川エコツーリズム推進協議会
イベントほか各種有益な情報があります。
http://www.welcome-higashikawa.jp/info/?c=1&s=8273
イベントは〆切日があります、詳細はWEBをご参照下さい。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

旭岳ビジターセンター周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 旭岳ライブカメラより
  • 8日、山頂付近を登る登山者たち
  • 9月30日に初冠雪しました
旭岳ビジターセンター

連絡先:0166-97-2153
営業期間
通年営業
関連山域

ユーザーからの大雪山・旭岳周辺の情報

もっと見る

関連のモデルコース

  • 姿見駅~天人ヶ原~旭岳温泉 日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 1時間20分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳駅
  • 旭岳① 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 3時間30分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳石室・・・旭岳・・・旭岳石室・・・姿見駅
  • 姿見周辺の遊歩道と裾合平 日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 3時間30分 日帰り
    姿見駅・・・裾合平分岐・・・姿見駅
  • 裾合平・沼ノ平 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 5時間10分 日帰り
    姿見駅・・・裾合平分岐・・・当麻乗越・・・八島分岐・・・三十三曲り分岐・・・愛山渓温泉
  • 旭岳③ 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 6時間40分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳石室・・・旭岳・・・間宮岳・・・中岳分岐・・・中岳温泉・・・裾合平分岐・・・姿見駅
  • 旭岳温泉と層雲峡を結ぶ人気の縦走路
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 6時間55分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳石室・・・旭岳・・・間宮岳・・・中岳分岐・・・北鎮岳分岐・・・黒岳石室・・・黒岳・・...

旭岳ビジターセンター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた