旭岳ビジターセンターからの現地情報 大雪山・旭岳周辺の情報

旭岳ロープウェイは12月10日まで運休。センター周辺の積雪は現在40cm程度で今後さらに積もりそう

旭岳ビジターセンター

▲クロカンコースの様子(19.11.09 旭岳ビジターセンター)

旭川の天気予報
明日

曇時々雪
- / -
明後日

曇時々晴
-2℃ / -16℃
(日本気象協会提供:2019年12月7日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

11/14(木) ビジターセンター周辺 13:30現在 雪(軽い吹雪)。気温-6℃
明け方は雨でしたが、雨が雪に変わり、午前中から吹雪いています。

周辺状況

旭岳ロープウェイは11月11日~12月10日の期間、整備点検のため運休中です(12月11日より営業再開)。運休中は売店やレストランもお休みです。ご注意ください。

今月は雪の日が続き、ビジターセンター周辺では約50〜60cm積もりましたが、少し解けて現在は40cm程度です。
旭岳クロスカントリーコースでは、たくさんの選手が合宿中で賑わっています。

[イベント情報]
◎旭岳ビジターセンター館内イベント「松ぼっくりでクラフト体験」
旭岳温泉街の森をはじめ、スタッフが北海道内の森であつめてきた松ぼっくりを使って、クラフト体験。
暖かいセンター館内でゆっくり工作をして過ごしてみるのはいかがでしょうか。
開催日時:11月15日(金)、17日(日)、23日(土)、24日(日)
     9:00〜14:30の間で随時受付
参加費:500円(材料費・障害保険料)
作品例:松ぼっくり人形、ストラップ、ミニリース、ミニツリーなど

登山道

これからの季節、旭岳登山や稜線の縦走には冬山登山装備が必要です。稜線は降雪によってルートが不明瞭になります。道迷いに備えて地図+コンパスやGPSは必携です。

ロープウェイの上と下では約500mの標高差があります。そのため上と下では全く条件が変わります。山の上の状況は山麓とは全く異なることがあります。天候の変化に注意してください。

装備

大雪山は冬山です。夏山装備での登山はご遠慮ください。
防寒着、手袋、帽子、冬靴など、冬の準備でお越しください。頂上付近になると、アイゼン、ピッケルが必要になります。

登山道のロープは外されています。道迷いによる遭難が多発する時期です。
また、天候が急変し、一気に視界不良になるケースが頻繁にあります。
入山の際は、コンパス・地図は必ず持って、くれぐれも気をつけて入山してください。

姿見駅周辺の散策には長靴やスパッツ、レインウェアなどの防水対策をおすすめします。長靴はロープウェイ姿見駅およびビジターセンターでレンタル(300円)可能です。

注意

■雪で路面が滑りやすくなっています。この時期は冬タイヤを履いていても特に滑りやすいので、車でお越しの際は運転にはくれぐれもご注意ください。

■飲料水
・飲料水は旭岳温泉から持参しましょう。ロープウェイ姿見駅(上の駅)には給水施設がありません。ロープウェイ売店での販売となります。ビジターセンターでは飲料水(お湯はありません)をおわけすることができます

■ドローンについて
・旭岳ロープウェイではゴンドラ内への持込みを認めません。ご注意ください。
詳しくは以下のページの注意書きをお読みになって、ご不明の点はロープウェイにお尋ねください。
http://www.welcome-higashikawa.jp/asahidake-vc/

・姿見駅や旭岳ビジターセンターは道有林ですので、無人航空機の飛行については以下をご覧ください。
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/sr/nsr/kannri/kannri/mujinkoukuuki.htm

その他のお知らせ

■旭岳ビジターセンター
旭岳の登山・自然の情報はビジターセンターにおたずねください。
来館した方や、電話・メールなどのお問合せに対し、最新の現地情報と、過去の事例や個々の事情に照らし、最適な答えを返せるよう努めています。

[「ココヘリ」のレンタルを開始しました]
ココヘリとは、発信型会員証の携帯により、万が一の際にヘリコプターネットワークで遭難者の居場所を素早く正確に把握、救助組織へ引き継いでくれるサービスです。
入会金・年会費を支払い、自分専用の会員証を保持する事もできますが、そんなに頻繁に山に行くわけじゃない、今回の登山だけ携帯したい!という方々にも気軽に使っていただけるのがココヘリレンタルサービスです。
ビジターセンターで受付開始しましたので、レンタル・ご質問などお気軽にお問合せください。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

旭岳ビジターセンター周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • クロカンコースの様子
  • クロカンコースの様子
  • 朝9時15分頃の旭岳山頂の様子
  • 旭岳温泉街自然探勝路では低木の紅葉が見ごろ
  • ロープウェイの車窓より
  • 旭岳ビジターセンター周辺にも降雪
  • 裾合平のチングルマは見ごたえのある色づきに。
  • 裾合平のチングルマが紅葉し始めました
  • 雪解けの遅い、裾合分岐付近ではバイケイソウが満開
  • ホザキナナカマド(ビジターセンター周辺の散策路にて)
  • 天女ヶ原湿原登山道は木道の老朽化が進んでおり、足元に注意
  • 裾合平のチングルマが見頃です
旭岳ビジターセンター

連絡先:0166-97-2153
営業期間
通年営業
関連山域

ユーザーからの大雪山・旭岳周辺の情報

もっと見る

関連のモデルコース

  • 旭岳温泉と層雲峡を結ぶ人気の縦走路
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 6時間55分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳石室・・・旭岳・・・間宮岳・・・中岳分岐・・・北鎮岳分岐・・・黒岳石室・・・黒岳・・...
  • 雪渓と高山植物を楽しむコース
    体力度: 危険度: 7時間15分 日帰り
    銀泉台・・・駒草平・・・赤岳・・・小泉岳・・・白雲岳分岐・・・白雲岳・・・白雲岳分岐・・・小泉岳・・...

旭岳ビジターセンター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月7日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?