旭岳ビジターセンターからの現地情報 大雪山・旭岳周辺の情報

姿見の池散策路のお花たちは、すっかり初秋の顔ぶれ。ミヤマアキノキリンソウなど見頃です

旭岳ビジターセンター

▲ミヤマリンドウ(18.08.12 旭岳ビジターセンター)

旭川の天気予報
明日

雨時々曇
19℃ / 14℃
明後日

曇一時雨
19℃ / 12℃
(日本気象協会提供:2018年8月14日 17時00分発表)
帯広の天気予報
明日

雨時々曇
18℃ / 14℃
明後日

曇一時雨
19℃ / 13℃
(日本気象協会提供:2018年8月14日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

08/12(日) 曇り 15:00時点の気温14℃ 視界やや良 風速 0m/s

周辺状況

散策路ではミヤマアキノキリンソウアキノキリンソウが見頃で、深い青色が特徴的なミヤマリンドウミヤマリンドウが目につきます。
雪どけの早かった個所ではエゾオヤマリンドウが咲いています。
チングルマチングルマは綿毛の姿が見ごろを迎え、他にも様々な種類の花を見る事ができます。

旭岳温泉から東川市街に向かっていく道道で、道の脇にエゾライチョウが見られました。

晴れた日はとても散策しやすい気温ですが、曇りや朝夕方は8月上旬といえども冷え込みます。 
登山や散策の際は防寒着を準備して安全にお楽しみください。

旭岳温泉付近のハイキングコースでは、希少なヒカリゴケを観察することができます。
岩陰を覗くと暗がりで淡く光を放ち、フラッシュを当てると蛍光標識のように光を返します。
9月末~10月初には紅葉やヒカリゴケを訪ねるエコツアーを催しますので、是非ご参加ください。

8/18、19に「SEA TO SUMMIT」が開催されます。詳しくは、下記URLより。
http://www.seatosummit.jp/menu117/contents782

大町桂月生誕150周年記念
大町桂月を忍ぶ旭岳登山と羽衣の滝散策ツアー
8月22日(水)~23日(木)
詳しくは、URLより。
http://www.welcome-higashikawa.jp/8%E6%9C%882223%E6%97%A5%e3%80%80%E5%A4%A7%E7%94%BA%E6%A1%82%E6%9C%88%E7%94%9F%E8%AA%95150%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%AE%E3%81%8A/


天人峡への道路は再開しております、羽衣の滝への遊歩道は崩落などありません。
今後の天候により状況が変更することもありますので、最新の情報をご確認下さい。
3区間無料シャトルバスも運行しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.welcome-higashikawa.jp/hagoromo-open/

新しいビジターセンターの建設が進んでいます。来春開館予定です。手前の公営駐車場は、普通車が30台ほど停められます。アスファルト上の印をよく見て、他の車が出られなくならないよう、車がたくさん停められるように駐車してください。夜間のトイレは、500mほど下って野営場バス停から左に入り、100m程のところに野営場のログハウストイレがあります。24時間使えます。

お越しの際は、常に最新の道路情報をご確認のうえ、安全第一でお越しください。
http://info-road.hdb.hkd.mlit.go.jp/RoadInfo/index.htm

上川総合振興局旭川開発建設管理部 事業課
TEL: 0166-26-4461

登山道

大雪高原温泉ヒグマ情報センター脇に、本年度から携帯トイレ回収BOXが設置されています。
高原温泉沼めぐりコース、緑岳方面から下山する方、使ってください。

裾合平方面、旭岳を越え、中岳温泉を回って姿見に帰るコースなど、この時期はよく道迷いに遭難が発生します。
くれぐれも条件が悪い時は、引き返すことを選びリスクを下げましょう。

ロープウェイの上と下では約500mの標高差があります。そのため上と下では全く条件が変わります。
山の上の状況は山麓とは全く異なることがあります。天候の変化に注意してください。

大雪山の登山に関する情報を、登山者に投稿してもらうサイト「やまレポ大雪山」が始まりました。
今年は、見どころや登山道の状況、避難小屋・野営地の利用状況を同じサイトから、スマホなどで投稿できるようなりました。
https://arcg.is/0Tzfn4
投稿された情報は、大雪山山守隊のHPからご覧いただけます。
https://www.yamamoritai.com/登山道情報/やまレポ-大雪山マップ/

・登山
この時期のこのエリアについて経験と知識、技術のあるガイドさんなどとの入山をお勧めします。
登山道や探勝路など、夏のコースは道も標識も目印も雪に埋もれています。
圧雪されたスキーコースなどをたどるのでなければ、地図やコンパス、GPSなどで行った道を正確に戻って来られるようにしなければなりません。
降雪後は、雪崩れに十分注意して下さい。またコース外に行く方は道迷いにも注意が必要です。無理は禁物です。

●今シーズンは、特に大雪山山域に入山しての山岳事故が多発しております。たとえ入山開始時に晴れていても天気が急変し、一気に視界不良となるケースは頻繁にありますので入山される方はくれぐれもご注意くださいませ。「道がわからない。」「道に迷った。」は山岳遭難の状態ですので直ちに警察への救助要請が必要です。無理のない計画、十分な装備、事前の天候確認など、事故のない安全で快適な登山に心掛けください。

装備

長靴やスパッツ、レインウェアなどの防水対策が必要です。
暖かくなりましたが、天候によっては気温がかなり低くなりますので、防寒着は必ずお持ちください。
基本的な登山装備もお忘れなく。

また、天候が急変し、一気に視界不良になるケースが頻繁にあります。
入山の際は、コンパス・地図は必ず持って、くれぐれも気をつけて入山してください。

注意

●飲料水
・飲料水は旭岳温泉から持参しましょう。ロープウェイ姿見駅(上の駅)には給水施設がありません。ロープウェイ売店での販売となります。ビジターセンターでは飲料水(お湯はありません)をおわけすることができます

●ドローンについて
・旭岳ロープウェイがゴンドラ内への持込みを認めません。ご注意ください。
詳しくは以下のページの注意書きをお読みになって、ご不明の点はロープウェイにお尋ねください。
http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/price/index.htm#label

・姿見駅や旭岳ビジターセンターは道有林ですので、無人航空機の飛行については以下をご覧ください。
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/sr/nsr/kannri/kannri/mujinkoukuuki.htm

その他のお知らせ

●旭岳ビジターセンター
旭岳の登山・自然の情報はビジターセンターにおたずねください。
来館した方や、電話・メールなどのお問合せに対し、最新の現地情報と、過去の事例や個々の事情に照らし、最適な答えを返せるよう努めています。

ビジターセンターでは、旭岳登山、スキーの情報のだけでなく、広く周辺の情報を把握し来訪者に提供しています。
天気が良い時は勿論ですが、天気が悪い時でも、この時期ならではの楽しみをお知らせしています。
自然だけでなく、文化(スキーで遊んだあとは、この時期のオイシイものを食べるのも・・)もお伝えするように心がけています。
ガイドの紹介、スノーシュー、クロカンのレンタルも行っています。
ぜひ、この時期、この山ならではの楽しみを探しにビジターセンターにお越し下さい。

・ビジターセンターのFacebook https://www.facebook.com/%E6%97%AD%E5%B2%B3%E3%83%93%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-1257161287656591/

●東川エコツーリズム推進協議会
イベントほか各種有益な情報があります。
http://www.welcome-higashikawa.jp/info/?c=1&s=8273
イベントは〆切日があります、詳細はWEBをご参照下さい。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

旭岳ビジターセンター周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • ミヤマリンドウ
  • チングルマ
  • チングルマ
  • 姿見園地の第3展望台にあるすり鉢池
  • チシマザクラ
  • 羽衣の滝
  • ショウジョウバカマ
  • 旭岳温泉の道路の様子
  • ハクセキレイ(夏鳥)
旭岳ビジターセンター

連絡先:0166-97-2153
営業期間
通年営業
関連山域

ユーザーからの大雪山・旭岳周辺の情報

もっと見る

関連のモデルコース

  • 姿見駅~天人ヶ原~旭岳温泉 日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 1時間20分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳駅
  • 旭岳① 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 3時間30分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳石室・・・旭岳・・・旭岳石室・・・姿見駅
  • 姿見周辺の遊歩道と裾合平 日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 3時間30分 日帰り
    姿見駅・・・裾合平分岐・・・姿見駅
  • 裾合平・沼ノ平 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 5時間10分 日帰り
    姿見駅・・・裾合平分岐・・・当麻乗越・・・八島分岐・・・三十三曲り分岐・・・愛山渓温泉
  • 旭岳③ 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 6時間40分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳石室・・・旭岳・・・間宮岳・・・中岳分岐・・・中岳温泉・・・裾合平分岐・・・姿見駅
  • 旭岳温泉と層雲峡を結ぶ人気の縦走路
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 6時間55分 日帰り
    姿見駅・・・旭岳石室・・・旭岳・・・間宮岳・・・中岳分岐・・・北鎮岳分岐・・・黒岳石室・・・黒岳・・...

旭岳ビジターセンター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年8月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW GORE-TEXレインウェアは洗うべき?
GORE-TEXレインウェアは洗うべき? 「雨の山を楽しむ」最終回は、GORE-TEXレインウェアのお手入れ方法について。山で困らないために、メンテナンスはしっか...
NEW 花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行
花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行 北秋田・森吉山のモニターレポートを公開! 最盛期のお花畑は想像以上! マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
NEW 女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング
女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング 女性登山者に必須のブラ、タイツなどのアイテムと、リカバリー、コンディショニングについて渡辺佐智さんに伺いました
NEW 最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り
最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんによるモノ連載。今月はビッグアグネスの最新の軽量テント。軽さの追求だけでなく、快適性も◎
NEW グレゴリー「ディバ」を雨の2000m峰でチェック!
グレゴリー「ディバ」を雨の2000m峰でチェック! 今回のモニターは登山歴22年の山崎さん。フィット感が良く、「30ℓのザックを背負っているような軽さ」を感じたそうです。
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス 万が一、遭難して動けなくても、発信する電波で位置を特定できる捜索ヘリサービス“ココヘリ”。早期発見事例も! 詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...