法華院温泉山荘からの現地情報 九重山・大船山・三俣山周辺の情報

日没早く、早い時間から気温も低下します。登山は朝早めに出発しましょう。冬に近い装備+ライトは必携です。

大分の天気予報
明日

晴時々曇
13℃ / 5℃
明後日

晴時々曇
11℃ / 5℃
(日本気象協会提供:2018年12月11日 17時00分発表)
熊本の天気予報
明日

曇時々晴
12℃ / 3℃
明後日

晴時々曇
11℃ / 3℃
(日本気象協会提供:2018年12月11日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

12/04(火) 暖かい雨 11:00の気温15.5℃

周辺状況

冬枯れの山荘に暖かい雨が降っています。

先々週朝は-5℃を観測した日や、大船山の山頂が霜で白く見えた日もありました。
今週末は、この暖かが一転、気温低下の予報です。
防寒装備の油断は禁物です。

山荘では温泉に入ればポカポカですが、登山中は手袋や帽子などの防寒装備も必要です。

登山道

主な登山道に通行止めの連絡はありません。
まだ軽アイゼンも不要かと思います。心配な方は念の為用意しておきましょう。

●登山口
・長者原 広い駐車場があります。トイレあり 給水可
・牧ノ戸 駐車場があります。トイレあり 給水可

●アプローチ 公共交通手段など
※秋の行楽シーズンを過ぎて、運行日やダイヤに変動があります。利用前に確認を
・長者原(ちょうじゃばる)のバス便(九重町コミュニティバス)
コミュニティバスの運行について(平成30年10月1日~)
http://www.town.kokonoe.oita.jp/docs/2018091900022/
九重町役場
http://www.town.kokonoe.oita.jp/?contentid=193

・牧ノ戸峠(まくんと、まきのと)のバス便
日田バス
https://hitabus.com/
※牧の戸~長者原 タクシー利用も多いです。

・九州横断バス
http://www.kyusanko.co.jp/sankobus/kyushu_odan/

装備

冬に近い装備が基本です。
防寒装備は、着衣プラス手袋や帽子なども必要。雨具とライトはいつも用意しておきましょう。
登山中に、体温調節ができるように着脱できるワードローブの工夫と寒さ対策はしっかりとしてきてください。
着替え、ストックもあると良いでしょう。
荷物の防水対策も忘れずに。
火山灰の地質のため足下が汚れるのがいやな方はスパッツの用意を。

注意

早めの到着を。15時に山荘に必ず到着するようお願いします。
日没が早いです。

●マイナールートからの登山は要注意
何かの雑誌に「南登山口」が掲載されたようで、紅葉も終わってから利用者が増えています。
登山口までのアプローチに時間がかかり出発も遅くなっているようです。
あまり踏まれていない事や、ルートが長い事から、道迷いや遅い到着が相次いでいます。
登山は早めのスタートで、早め早めの行動をお願いします。
道迷いの場合は警察が出動します。

●周辺山岳の呼称について(ヤマケイオンラインより)
文字ではわからない地元の呼称があり、参考までに以下に少しまとめてみました。
長者原(ちょうじゃばる) 「原」は「はる」と読むことが多いようです。
大船山(たいせん or たいせんざん)
平治岳(ひいじ)
大戸越(うとんごし 地元の古い言い方) 今は「おおとごし」でも通じるようです。
牧ノ戸峠(まくんとう 地元の古い言い方) 今は「まきのと」でも通じるようです。
立中(たっちゅう)仏教由来の地名です。
三俣山(みまたさん)※「山」は「さん」と読むことが多いです。

その他のお知らせ

●法華院温泉
http://hokkein.co.jp/

通年営業。宿泊は要予約です。
最新情報はお問い合わせいただければお伝えできます。

・日帰り入浴
一人500円。モンベル割引あります。
※毎月9日と10日は「くじゅうの日」として250円です。

●イベント
http://hokkein.co.jp/?page_id=16
12/23 感謝祭 満員(キャンセル待ち)
12/31 越年祭 ゆとりわずか(相部屋のみ)
2019/2/9~10 苦渋登山 まだゆとりあり

※2019年1月にイベント予定。近日公開。乞ご期待。

●2019年「法華院温泉山荘」カレンダーが発売中
山荘と別館花山酔で2019年のオリジナルカレンダーの販売をはじめました。

●山麓系列ホテル 「花山酔」
http://hokkein-hana.jp/

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

法華院温泉山荘周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 野焼きが終わりました。今は真っ黒な坊がつる。二週間もすると緑が出てきます。
  • 3月24日に予定していました坊ガツルの野焼きは雪が残っているため3月31日(土)に延期になりました。
  • マンサク咲いてます!場所 坊ガツルから少しおりた暮雨の滝へ行く分岐の手前です。
  • マンサクの花
  • 北千里
  • 北千里
  • 凍結しているところがあります。
  • 遠くに阿蘇が見えました
  • 山荘スタッフが久住山に登ってきました!本日は快晴!祖母山や阿蘇山がみえました!
法華院温泉山荘

連絡先:090-4980-2810
営業期間
通年
関連山域

ユーザーからの九重山・大船山・三俣山周辺の情報

もっと見る

関連のモデルコース

  • 威風堂々とした飯田高原のシンボルを目指す
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 4時間25分 日帰り
    九重登山口・・・すがもり越・・・三俣山・・・南峰・・・雨ヶ池・・・九重登山口
  • 久住山① 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 5時間30分 日帰り
    九重登山口・・・雨ヶ池分岐・・・分岐・・・雨ヶ池越・・・吉部分岐・・・法華院温泉・・・北千里浜・・・...
  • 吊尾根をなす九州本土の最高峰に挑戦する
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 5時間40分 日帰り
    九重登山口・・・すがもり越・・・久住分かれ・・・天狗ヶ城・・・中岳・・・久住分かれ・・・すがもり越・...
  • 九重山群きっての花飾の山
    体力度: ★★ 危険度: 5時間45分 日帰り
    吉部登山口・・・暮雨ノ滝・・・林道分岐・・・雨ヶ池越分岐・・・大船・平治分岐・・・大戸越・・・平治岳...
  • 心いやす森の径を過行き大展望の山頂に立つ
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 6時間45分 日帰り
    九重登山口・・・雨ヶ池越・・・雨ヶ池越分岐・・・大船・平治分岐・・・段原・・・大船山・・・段原・・・...
  • 大船山 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 7時間10分 日帰り
    九重登山口・・・分岐・・・諏峨守越・・・諏峨守越下・・・北千里浜・・・法華院温泉・・・坊がつる・・・...

法華院温泉山荘周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年12月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは?
軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。