以東岳いとうだけ

二百名山 東北百名山

以東岳

写真:岩澤正平  狐穴小屋からの以東岳
 朝日連峰の北端に位置し、山形県朝日村(現在は鶴岡市)と新潟県朝日村(現在は村上市)の境をなしている。
 大朝日岳の端整な三角錐に対し、累々と花崗岩の岩塊が肩を寄せ合う重量感あふれる山容である。山頂から主峰大朝日岳への山並みは、ほぼ高さのそろった山々が連なっている。これは隆起した山塊が、浸食により隆起準平原化したものと考えられている。北方は、切り立った戸立山、なだらかな茶畑山へと続き、そのかなたに双子のような月山、鳥海山を望むことができる。
 山頂の北西800m下方には、熊のなめし皮の形をした大鳥池が、ブナの原生林に囲まれて横たわっている。成因は、堰止説が有力。山形県最大の湖沼で、標高966mにある高山湖だ。イワナやヒメマスのほか、幻の怪魚・タキタロウが釣りブームを反映して話題になっている。
 山頂へは、泡滝ダムから大鳥池経由となる。大鳥池までのコースはブナ林の山腹を平均した勾配の登りが続いている。登りが始まる前の七ツ滝沢と源太沢間の尾根に注目すると、階段状になっており、所々に礫を見ることができる。かつて双方の沢が合流していた所で(エッグ床)、朝日連峰の隆起の様子を知ることができる。大鳥池まで3時間、さらに以東岳まで3時間。

DATA

山域: 朝日連峰
都道府県: 山形県 新潟県
標高: 1,772m
2万5千図: 大鳥池

※ 以東岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

以東岳に行くモデルコース

以東岳周辺の最新情報

登山口情報

  • 泡滝ダム / 大鳥登山口 
  • 朝日鉱泉 
  • 古寺鉱泉 
  • 原バス停 / 障子ヶ岳登山口 
  • 祝瓶山荘 
  • 日暮沢小屋 

  • 【泡滝ダム / 大鳥登山口】
    山形・新潟県の境上に山々を連ねる朝日連峰の山形県側の登山口のひとつ。泡滝ダムへはバスが利用できる。ただし便数は少ない。人数が多ければ、タクシーを利用してもよいだろう。夏季は乗合登山ハイヤーも運行される。
    バス停から奥へのびる林道を進むと、ほどなく泡滝ダムへ。そこから大鳥川に沿った登山道となる。

  • 【朝日鉱泉】
    朝日連峰のの最高峰である、大朝日岳の登山口。
    朝日鉱泉へは夏山期間はバスが利用できるが、便数はすくない。人数が多ければ、タクシーを利用してもよいだろう。
    マイカーの場合は朝日鉱泉の駐車場を利用するが、スペースは少ない。
    朝日鉱泉から、正面に大朝日岳を望みながら眼下に流れる朝日川へと下っていく。

  • 【古寺鉱泉】
    大朝日岳の登山口。林道最奥にある古寺鉱泉は駐車場から5分ほど山道を進むとある。アクセスはマイカーまたはタクシーのみとなる。


  • 【原バス停 / 障子ヶ岳登山口】
    朝日連峰最大の岩壁を有する障子ヶ岳の登山口。バスを利用できるが、マイカーやタクシーなら大井沢川沿いの林道に入り、林道歩きをショートカットできる。

  • 【祝瓶山荘】
    大朝日岳山系、祝瓶山への登山口。アクセスはタクシーまたはタクシーのみとなる(長井市街から約1時間)。祝瓶山荘前に10台程度の駐車スペースあり。

  • 【日暮沢小屋】
    大朝日岳山系・竜門山への登山口。日暮沢小屋があり、シーズン中はトイレも使える。
    アクセスはマイカーかタクシーのみ。

周辺にある山小屋

  • 以東小屋 
  • 大鳥小屋(タキタロウ山荘) 
  • 狐穴小屋 
  • 竜門小屋 
  • 道陸神峰避難小屋 

  • 【以東小屋】
    無人小屋
    場所: 以東岳北西100m
    電話: 0235-55-2233
    FAX: 0235-55-2525
    営業期間: 通年

  • 【大鳥小屋(タキタロウ山荘)】
    無人小屋
    場所: 大鳥池北岸
    電話: 0235-55-2233
    FAX: 0235-55-2525
    営業期間: 通年 例年7/下~8/中、6/初~10/末の週末は管理人在駐

  • 【狐穴小屋】
    無人小屋
    場所: 三方境北西400m
    電話: 0237-76-2416
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年 例年7/下~8/中、5/初~10月第2日曜の週末と祝日は管理人在駐

  • 【竜門小屋】
    無人小屋
    場所: 竜門山山頂北西400m 日暮沢車道終点から8km
    電話: 0237-76-2416
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年 例年7/下~8/中、5/初~10月第2日曜の週末と祝日は管理人在駐

  • 【道陸神峰避難小屋】
    無人小屋
    場所: 道陸神峰直下(朝日連峰三面口)
    電話: 0254-72-6883
    FAX: 0254-72-0203
    営業期間: 通年(無人)

以東岳に関連する登山記録

もっと見る

以東岳の近くの山

東北方面に行く登山ツアー

20年01月18日(土) 現地発 ・2日間 アドベンチャーガイズ
★BCステップアップ集中キャンプ★東北・夏油高原集中キャンプ
20年01月18日(土) 現地発 ・2日間 アルパインツアーサービス株式会社
雪山講習会(STEP1) 銀世界の南東北の名山 安達太良山
20年01月25日(土) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
モンスター樹氷の八甲田山&奥入瀬渓流スノーシュー氷瀑めぐりと冬の風物詩 ストーブ列車
20年01月25日(土) 九州・沖縄発 ・3日間 トラベルギャラリー
モンスター樹氷の八甲田山&奥入瀬渓流スノシュー氷瀑めぐりと冬の風物詩 ストーブ列車
20年01月25日(土) 近畿発 ・3日間 トラベルギャラリー
モンスター樹氷の八甲田山&奥入瀬渓流スノーシュー氷瀑めぐりと冬の風物詩 ストーブ列車
20年01月25日(土) 関東発 ・2日間 毎日新聞旅行
雪の安達太良山 ランプと温泉のくろがね小屋泊
20年01月27日(月) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山初級B 少人数ツアー 焼津の縦走コース 満観峰から丸子富士 日帰り』【東京出発】 ※7名限定
20年01月28日(火) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山初級B 少人数ツアー 焼津の縦走コース 満観峰から丸子富士 日帰り』【東京出発】 ※7名限定

この地域に行く登山ツアー

以東岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?