朝日鉱泉ナチュラリストの家からの現地情報 大朝日岳・中ツル尾根周辺の情報

早春の花咲く登山道。各ルート8本爪程度のアイゼン+ストック必要。雪渓道迷い注意。5/25頃に車道開通予定。

朝日鉱泉ナチュラリストの家

▲5/20早朝、「山頂~6合目付近で冠雪」前夜の冷え込みと雨が山頂部では雪だったようです!!ただ、午前中のうちにこちらからは消えて見えなくなってしまいました。(18.05.20 朝日鉱泉ナチュラリストの家 )

山形の天気予報
明日

晴一時雨
24℃ / 13℃
明後日

晴時々曇
28℃ / 12℃
(日本気象協会提供:2018年5月22日 17時00分発表)
白石の天気予報
明日

晴一時雨
23℃ / 13℃
明後日

晴時々曇
27℃ / 12℃
(日本気象協会提供:2018年5月22日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

05/20(日) 朝 晴れ 山頂~6合目冠雪→午前中に融雪 
5/19 夜 山頂~6合目雪 
5/16 晴れ 気温25℃

周辺状況

5/16 初夏の陽気となり、雪解けがいっそう進んでいます。
エゾハルゼミの合唱が、春と夏の合間のもっとも過ごしやすい時期を知らせてくれているようで気持ちが良いです。
朝日鉱泉からの各ルートでは早春の花(イワウチワイワウチワカタクリカタクリマンサクマンサクショウジョウバカマショウジョウバカマ、ヤマツツジ)が楽しめます。

5/20早朝「山頂~6合目付近で冠雪」
昨晩の冷え込みと雨が山頂部では雪だったようです!!ただ、午前中のうちにこちらからは消えて見えなくなってしまいました。

●宿ブログ
「ゼンマイ」という山の宝
朝日連峰の山の宝「ゼンマイ」。今ではほんの一握りの人しか採らなくなってしまいました。その収穫からゼンマイ干しまでをご紹介します。
https://www.asahikosen.com/2018/05/17/%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%82%A4-%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E5%B1%B1%E3%81%AE%E5%AE%9D/

●朝日川および支流での渓流釣り
5/20 上々の釣果!!でも泣き尺で届かず…
まだ雪融けの増水がありますが、釣りができないほどの濁流ではなくなりました。水温は低いものの、それなりに活性もあがり、動きはあるようです。
さぁ、今年も渓流釣りのシーズンがやってきました!!
※朝日川での渓流釣りに関する詳しい情報は朝日川を管轄する【最上川第一漁協】のHPにも掲載していますので、併せてご覧ください。
http://www.yfn-net.jp/mogamigawa-dai1/index.htm

登山道

●朝日鉱泉からの各ルート情報。
どのルートでもアイゼン(8本爪程度)、ストックは必須となります。

・鳥原山ルートは金山沢までは夏道、それ以後は一部夏道も出ておりますが残雪上を進むことも多くなります。

・中ツル尾根ルートは2合目出合いまでの谷沿いはマス止めの滝付近の雪崩(雪崩の上を歩く)はまだ残っています。登山道未整備のため、何カ所か崩れや細い所があります。
4合目までは夏道、それ以後6合目途中までは夏道と雪渓歩き、それ以後山頂までは夏道となります。

・平岩山、御影森山ルートは上倉山~御影森山山頂までは雪渓歩き(道迷い要注意)、その前後は夏道となります。

●2018年5/17(木)現在朝日鉱泉までの道路
・国道287号線朝日町経由ルート
朝日鉱泉手前11.5km地点まで車が入れます。そこからは約3時間の歩きとなります。

・月山IC下車、西川町大井沢集落経由ルート
朝日鉱泉手前10km程度でバリケードにより通行止めとなり、同じく約3時間程歩きとなります。


【道路開通の見込み】
道路の開通は遅くとも5/25(金)午後になります。整備状況によっては早まる場合があります。

【お願い】重要!!
朝日鉱泉登山口には、一般登山者用駐車場(10台程度)と朝日鉱泉利用者(宿泊、昼食・入浴利用など)駐車場があります。
夏季は駐車場が込み合いますので、朝日鉱泉利用以外の方は必ず一般駐車場へ駐車をお願いします。
登山口は朝日鉱泉前にあります。

装備

どのルートでもアイゼン(8本爪程度)、ストックは必須となります。

注意

●各避難小屋
・朝日連峰上の各避難小屋は利用は可能です。すべての小屋の管理人は不在です。
避難小屋の管理協力費は¥1500/人です。

・以東岳の避難小屋
2017年10月1日新築より利用可能。
1Fにはバイオトイレも設置され、非常に快適に利用できます。

●登山バス
2018年度の【夏季登山バス】および【秋季連休限定登山バス】の運行が決定しました!

マイカー以外での登山口までのアクセスが非常に限られる朝日連峰。毎年多くの方にご利用いただいている登山バスを今年も運行することが決まりました。8月はいつもより1週間長くなっています。ぜひご利用ください!
利用方法、時刻(東京方面から新幹線利用のアクセス掲載もあります)など詳細はこちら
https://www.asahikosen.com/%E7%99%BB%E5%B1%B1%E3%83%90%E3%82%B9-%E9%81%8B%E8%BB%A2%E4%BB%A3%E8%A1%8C-%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC-1/

・【夏季登山バス】(期間中毎日運行)
期間:2018年7月14日(土)~8月20日(月)

・【秋季連休限定登山バス】(完全予約制)
9月連休限定登山バス
 1. 9月15日(土)~18日(月・祝)
 2. 9月22日(土)~24日(月・祝)

・10月連休限定登山バス 
 10月6日(土)~8日(月・祝)

●朝日連峰は火山ではありません。
朝日連峰は花崗岩質の隆起山地であり、その誕生は5000万~6500万年前とされている古い地質です。
火山の噴火によってできた山地ではありませんので、朝日連峰のすべてのピークにおいて噴火するということは絶対にありえません。
朝日鉱泉をはじめとして朝日連峰に「温泉(噴出温度が高温)」がなく「鉱泉(噴出温度が低温)」のみが存在するのはそのためです。
また、火山ではありませんので、気象庁等のいわゆる「火山情報」等には朝日連峰および朝日連峰内のすべての山の名称すら出ておりませんのでご了承下さい。

その他のお知らせ

●朝日鉱泉ナチュラリストの家
窓から大朝日岳が見える山小屋です。
ホームページ
http://www.asahikosen.com/

Facebook
https://www.facebook.com/asahikosen/

・鉱泉
古くは江戸時代の日記にその存在が記されている「朝日鉱泉」。
塩化物泉の茶褐色の鉱泉です
胃腸に良いとされる茶褐色の鉱泉は、昔から湯治のお客さんに愛されてきました。源泉は河原からポコポコと湧き出しており、その周辺一帯が赤茶色の湯花や石で覆われています。現在の建物は源泉から800mほど手前の林道脇に建て替えられており、源泉からポンプアップして引いています。

・バリエーションに富んだ3つの登山口があります。
主峰大朝日岳への登山道として「日本百名山」著者の深田久弥も歩いたとされるルート、
幹回り9.27mのクロベの巨木があるルート、
日本百急登に数えられるが最短距離で頂上を目指すルートなど、

●朝日連峰・朝日鉱泉 四季の写真館をUPしました!
https://www.asahikosen.com/%E5%9B%9B%E5%AD%A3%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F%E9%A4%A8/

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

朝日鉱泉ナチュラリストの家周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 5/20早朝、「山頂~6合目付近で冠雪」前夜の冷え込みと雨が山頂部では雪だったようです!!ただ、午前中のうちにこちらからは消えて見えなくなってしまいました。
  • 平岩山を過ぎ、御影森山との間。左奥に見えるのが祝瓶山の尖峰。
  • 雲一つない快晴 朝5時、朝日を浴びて赤く染まる大朝日岳を見ながら、その山の頂を目指しました。
  • 遠くにブナの若芽を食べるツキノワグマの姿が!動物たちも春を待ちわびていたのでしょうね。
  • 4合目長命水の看板はかろうじて雪が融けた木の根元に見えました。
  • 6合目付近から9合目偽ピークを望む。
  • 山頂着!快晴で眺めはバッチリですが強風で長居できませんでした。
  • 朝日連峰縦走の主脈
  • 中央に飯豊連峰。手前が平岩山
  • 途中で少し雪渓上あるきますが、雪庇ではないため安全で爽快!
  • こちらのルートで右を向くととにかく目に入るのが祝瓶山の尖峰。東北のマッターホルンと言われるのがうなずけるほど美しい!
  • 平岩山から御影森山までの間は振り返れば大朝日岳や小朝日岳が一望でき、言葉を失います。御影森山山頂からの眺めも素晴らしい。
朝日鉱泉ナチュラリストの家

連絡先:0237-67-3589  現地連絡先:090-7664-5880
営業期間
5/上~11/上 休業日あり
関連山域

ユーザーからの大朝日岳・中ツル尾根周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

関連のモデルコース

朝日鉱泉ナチュラリストの家周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年5月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 岩場に強いだけではない! モンチュラ登山靴
岩場に強いだけではない! モンチュラ登山靴 夏山登山で活躍すること間違いなし。「ヤルテクノGTX」の機能性と履き心地をモニターの方に試していただきました。ハイキング...
NEW 小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳
小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳 モンチュラのウェア・シューズの中から、標高2000m以上の山を登る時におすすめしたいアイテムを千穂さんがご紹介!
NEW 飯坂大さんに聞く、大型バックパックの選び方
飯坂大さんに聞く、大型バックパックの選び方 GHT踏査プロジェクトを行う写真家の飯坂大さんに、長期山行のための大型バックパックの選び方について聞きました
NEW グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場! 【モニター募集中!】新たな「バルトロ / ディバ」の“極上の背負い心地”を体験できるチャンス!
NEW 加賀谷はつみさんとスマートウォッチで筑波山!
加賀谷はつみさんとスマートウォッチで筑波山! シンガーソングハイカー加賀谷はつみさんのTrek&Liveツアーで、参加者全員がスマートウォッチを体験! その使...
NEW いよいよシーズン到来! 「尾瀬ナビ」公開
いよいよシーズン到来! 「尾瀬ナビ」公開 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
NEW 春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集!
春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集! 「自分の足に合った登山用の靴下はどうやって選んだらいいの…?」そんな疑問をお持ちの方のための特集です!
緑が広がる天上の湿原へ・・・
緑が広がる天上の湿原へ・・・ 山上に広がる幻想的な景色、湿原に生きる草花や生き物。雪が消え始めた今、天上の楽園・山上の湿原を目指しましょう
モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介!
モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介! 山岳ライター・編集者・ガイドとしてマルチに活躍する小林千穂さんが、登山におすすめの女性向け春物コーディネートをご紹介!
高橋庄太郎さん「山MONO語り」は浄水ボトルをテスト!
高橋庄太郎さん「山MONO語り」は浄水ボトルをテスト! 川の水を濾過し山頂で喉を潤す! 手軽ですばやく濾過できる「グレイル」の浄水ボトルを西表島の山でチェックしました。
春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山
春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
丹沢登山を日帰りで楽しむ人気コース
丹沢登山を日帰りで楽しむ人気コース 春から初夏の時期は、丹沢が最も賑やかになる。木々の緑、ミツバツツジやシロヤシオが稜線を彩る。