甲斐駒ヶ岳 七丈小屋からの現地情報 甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根周辺の情報

標高差2200mの黒戸尾根では、新緑の山から雪山まで楽めます。小屋から上部は雪の締まっている早朝の行動がベター

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

▲テント場は第一、第二ともに数張り程度が地面に設営可能。それ以外は雪上へ。(17.05.16 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋)

天気・気温

05/16(火) 晴れ。小屋前の最低気温0℃。午前11時現在気温10℃。

周辺状況

雪がずいぶん少なくなりました。
標高差2200mの黒戸尾根では、新緑の山から雪山まで、あらゆる要素を楽しむことができます。

登山道

<尾白川登山口770m~笹の平分岐~刃渡り~刀利天狗2050m>
尾白川渓谷の駐車場は、今週いっぱい舗装工事をしております。
駐車場やトイレは使用可能ですので、少しご不便をおかけいたしますが現場の指示に従ってください。今週末には工事は終わっている予定です。
入山の際は、日向山や尾白川渓谷道を含めて、登山届の提出をお願いします。登山道状況は駐車場にある売店「おじろ」のおばちゃんにも聞いてみてください。
おばちゃんのところには、いろいろな情報が集まっています。
登山口から刀利天狗まではほとんど雪はありません。汗をたっぷりかく区間ですので、水分をしっかりと持って来てください。

<刀利天狗~五合目~七丈小屋2400m>
刀利天狗から雪が目立ち始めます。黒戸山のトラバースは、例年も遅くまで雪が残っている場所でもあります。
五合目から七丈小屋までは、ほぼ夏道が露出しています。ハシゴや鎖もすべて露出しました。

<七丈小屋~頂上>
完全な雪山です。アイゼン・ピッケルは必携です。雪の状態、アイゼンの脱着、ルート選び、様々な見極めの判断が必要な状況です。小屋から先は、夏道はほとんど出ていません。テント場から先は、まずは尾根上の雪の上を進みます。小さな剣が立っている七合五尺から上は、夏道沿いに雪が残っていますので、忠実に歩くことができます。先月からお伝えしている黒戸尾根核心部は、だいぶん雪は少なくなりました。しかしまだ夏道には雪がしっかりと残っています。一応通行可能ですが、尾根沿いに冬ルートがありますので、しばらくは冬ルート経由が良さそうです。九合目から上部は硬い雪がまだしっかりと残っていますので、滑落等に気をつけて登山をしてください。
黒戸尾根から北沢峠へは、しばらくは直登ルートを使用してください。夏道が露出していて通行可能なように見えますが、途中で残雪のトラバースなどやっかいな場所が多いです。

装備

五合目から七丈小屋までの区間でのアイゼンの使用は、ハシゴや木の根にアイゼンの爪がひっかかりそうな状況で、かえって危険です。
何も装着しないか、チェーンスパイク程度が安心かと思います。足回りは冬靴またはセミワンタッチアイゼン装着可能なキックステップができる硬めの夏靴がおすすめです。
気温は高めの日が多いですが、朝晩は冷え込みます。

注意

七丈小屋から上部の行動は、早朝に済ませることをおすすめします。
朝7時頃になると急速に雪が緩み、踏み抜きがひどい場所もあります。
またアイゼンも効きにくくなりますので注意が必要です。

七丈小屋前に最新の登山道状況を掲示しています。登山の際の参考にしてください。

その他のお知らせ

甲斐駒ヶ岳七丈小屋は、山梨県北杜市が指定管理者制度で運営する公共施設です。2017年4月に指定管理者が変わり、営業体制が変わりました。
登山者のみなさまにとってより良い小屋になるよう努力して参りますので、よろしくお願いいたします。

七丈小屋は通年営業をしておりますので、いつでもお越しください。お食事付きの場合は必ずご予約をお願いいたします。
今の時期は、夕食のみご用意が可能です。素泊まりの場合でもできるかぎりご連絡をお願いいたします。
小屋直通電話 TEL090-3226-2967

北沢峠のこもれび山荘さんでは、七丈小屋を利用して黒戸尾根を越えてきた皆さまにワンドリンクサービスがあるとのことです。

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • テント場は第一、第二ともに数張り程度が地面に設営可能。それ以外は雪上へ。
  • テント場から先は夏道はほとんど出ていません。
まずは尾根上の雪の上を進みます。
  • 黒戸尾根核心部の様子。雪は少なくなりましたが、夏道には雪がしっかりと残っています。しばらくは冬ルート経由が良さそうです。
  • 九合目から上部は硬い雪なので、滑落には十分注意してください。
  • 二本剣の岩周辺。下山時によく事故が起こる場所です
  • 頂上直下。滑落した場合、写真左側に吸い込まれていく危険性があります。
  • 山頂から眺める仙丈ヶ岳です。まだまだ真っ白です。
  • 山頂からの北岳、鳳凰、早川尾根方面です。まだまだ雪はたっぷりと残っています。
  • 登山道の状況は小屋前に掲示しています。
  • 七丈小屋周辺の様子
  • 小屋直下の鎖場を上から見下ろした写真
  • 七丈小屋の外観
甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

連絡先:090-3226-2967  現地連絡先:090-3226-2967
営業期間
通年
関連山域

ユーザーからの甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

関連のモデルコース

  • 長衛小屋から栗沢山へ登る 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 4時間10分 日帰り
    北沢峠・・・長衛小屋・・・栗沢山・・・仙水峠・・・仙水小屋・・・長衛小屋・・・北沢峠
  • 馬ノ背から藪沢カールを経て仙丈ヶ岳へ 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 6時間50分 1泊2日
    【1日目】北沢峠・・・大平山荘・・・馬の背ヒュッテ【2日目】馬の背ヒュッテ・・・仙丈小屋・・・仙丈ヶ...
  • 南アルプス北端の雄、白砂の頂上
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 7時間 日帰り
    北沢峠バス停・・・双児山・・・駒津峰・・・甲斐駒ヶ岳・・・駒津峰・・・仙水峠・・・北沢峠バス停
  • 甲斐駒ヶ岳 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 7時間10分 1泊2日
    【1日目】北沢峠・・・長衛小屋・・・仙水小屋【2日目】仙水小屋・・・仙水峠・・・駒津峰・・・甲斐駒ヶ...
  • 仙丈ヶ岳 日帰り
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 7時間25分 日帰り
    北沢峠・・・五合目(大滝ノ頭)・・・小仙丈ヶ岳・・・仙丈ヶ岳・・・仙丈小屋・・・馬の背ヒュッテ・・・...
  • 早川尾根(栗沢山・アサヨ峰) 前夜泊1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 10時間5分 1泊2日
    【1日目】北沢峠・・・長衛小屋・・・仙水小屋・・・仙水峠・・・栗沢山・・・アサヨ峰・・・早川尾根小屋...

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2017年5月29日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 日本の雨に適したレインウェアをテスト
日本の雨に適したレインウェアをテスト 高橋庄太郎さんが気になるアイテムをフィールドテストする連載は、パタゴニアのレイン「クラウド・リッジ」をテスト!!
NEW 山ジップロック研究所 夏の山で食べたい・・・
山ジップロック研究所 夏の山で食べたい・・・ 山に便利なジップロックの使い方。今週は夏の山で冷たい「ぶっ掛けおろしそば」。食材の運び方、調理法にも注目!!
NEW ホグロフス、あの人気シリーズが復活
ホグロフス、あの人気シリーズが復活 雪山から夏山まで、シーズンを通して活躍する万能ソフトシェル「リザードⅡジャケット」。バージョンアップしたホグロフスの人気...
NEW 思わず「軽っ!!!」SWIXの新作をモニターレポート!
思わず「軽っ!!!」SWIXの新作をモニターレポート! 1本あたり167.5gという驚きの軽さ! SWIXが新たに投入する、独自開発のカーボンを採用した「AT101-00 ソニ...
NEW 尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開!
尾瀬をグッと身近にする「尾瀬ナビ」公開! 尾瀬ってどんなところ? なにがあるの? そんな疑問にお答えします!尾瀬の魅力を紹介するサイト「尾瀬ナビ」!
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック
「軽さ」だけではない、カリマーの新しいリュックサック 快適性はそのままに、軽量化を実現! 軽さをコンセプトにした新シリーズ「エアリアル」に「SL35」が登場しました!
サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート!
サロモンのロングセラーシューズが大幅アップデート! 約30gの軽量化を実現! 大人気シューズの新モデル、「XA プロ 3D ゴアテックス」の実力は…!?
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン
しなやかな着心地 ミレーのストレッチレイン 全天候型ストレッチレイン「ティフォン50000」シリーズ。高い透湿性、しなやかで肌触りよい生地を採用。詳しくはこちら
グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」
グレゴリーから新登場「パラゴン/メイブン」 新開発の背面システムで、軽さと背負い心地を両立させたライトウェイトモデル、その特徴は…!
新緑が美しい季節の高尾山
新緑が美しい季節の高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
山に咲く花の名前、知っていますか?
山に咲く花の名前、知っていますか? 山をさまざまな色に染める花たの名前を、どれだけ知っていますか? 山でよく見る、ぜひ覚えておいて欲しい山の花を紹介
新緑とツツジの季節が始まった奥多摩
新緑とツツジの季節が始まった奥多摩 首都圏からのアクセスの良さと季節ごとに魅力たっぷりの自然で、多くの登山者が訪れる奥多摩を徹底紹介!
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目
一人前の登山者になろう!「YAMAYA」に注目 山岳会に入っていたり、登山専門店で働いたりしている「山センパイ」が、安全に山を楽しむコツをレクチャー!