このエントリーをはてなブックマークに追加

安易な気持ちと準備不足が大きな遭難に発展するもの。 島崎三歩の「山岳通信」 第91号

その他 2017年10月13日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年10月10日に配信された第91号では、県内で起きた全11件の遭難について触れ、謙虚な気持ちで山に向かうように呼びかけている。

 

10月10日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第91号では、9月25日~10月1日の間に起きた山岳遭難の遭難事例が掲載されている。以下に抜粋・掲載する。

 

9月25日~10月1日の信州の山岳遭難現場より

9月25日~10月1日の間に起きた長野県内で起きた山岳遭難は以下の11件でした。

  • 9月25日、北アルプス常念岳で、20歳の男性2人が常念岳へ向かう途中に道を誤って迷い、行動不能となる山岳遭難が発生。翌26日に山岳遭難救助隊と合流し、付き添いで下山した。

  • 9月26日、北アルプス西岳で、80歳の男性が西岳から水俣乗越へ向かう途中のハシゴ場でバランスを崩し滑落し、外傷性くも膜下出血などの重傷を負う山岳遭難が発生。岐阜県警ヘリで救助された。

  • 9月26日、北アルプス前穂高岳で、70歳の男性が単独で重太郎新道を下山中、バランスを崩し滑落して脳挫傷などの重傷を負う山岳遭難が発生。山梨県防災ヘリで救助された。

  • 9月27日、北アルプス爺ヶ岳で、66歳の女性が柏原新道を下山中、砂利でスリップして転倒し左足首骨折の重傷を負う山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

爺ヶ岳の遭難現場の状況(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)10月3日付)

  • 9月27日、長野市富士ノ塔山で、72歳の男性が仲間とキノコ採りのため入山したが、はぐれて道に迷う山岳遭難が発生。警察などで捜索した結果、翌28日に無事発見となった。

  • 9月29日、北アルプス前穂高岳で、53歳の女性が重太郎新道を下山中、カモシカ立場付近で何らかの原因で滑落する山岳遭難が発生。県警ヘリで救助されたものの、その後死亡が確認された。

  • 9月29日、八ヶ岳連峰阿弥陀岳で、85歳の男性が単独で入山し、下山中に日没となり道を見失い、疲労のため行動不能となる山岳遭難が発生。茅野警察署員が発見・救助した。

  • 9月30日、阿智村地籍の山林で、85歳の男性と82歳の女性の夫婦が、キノコ採りのために入山し何らかのアクシデントに遭遇し、行方不明となる事案が発生。警察などで捜索したところ、同村駒場の山中で心肺停止状態の男性を発見・収容。その後死亡が確認された。未発見であった女性については、10月2日に同村駒場の山中で心肺停止状態で発見。その後死亡が確認された。

  • 10月1日、長野市松代町の山林で、75歳の男性が単独でキノコ採りのため入山中にスリップして滑落、軽傷を負う山岳遭難が発生。警察・消防で捜索して発見・救助した。

  • 10月1日、小谷村の山林で、89歳の女性が家族とキノコ採りのため入山したが、家族とはぐれ道に迷い行方不明となる山岳遭難が発生。警察などで捜索した結果、翌2日に通行人により発見・救助された。

  • 10月1日、中央アルプス仙涯嶺で、60歳の男性および52歳の女性が登山中にルートを誤り道に迷い、行動不能となる山岳遭難が発生。翌2日に木曽署員などにより救助された。

 

山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

9月5週は、県内各地の山域で登山中、あるいはキノコ採り中の遭難が合計で11件発生しました。
「日帰りだから」「前にも登ったことがあるから」といった安易な気持ちで入山し、遭難するケースが後を絶ちません。
山中では些細なミスや準備不足が原因となり大きな遭難に発展します。遭難を他人事と思わずに「もしかしたら自分も遭難するかもしれない」という謙虚な気持ちで山に向かうようにしてください。

 

遭難・事件
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

関連記事
同じテーマの記事
標高の高い山では、特に気象に関する予備知識が必要な時期。 島崎三歩の「山岳通信」 第95号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年11月7日に配信された第95号では、10月第4週の遭難事故について掲載。前週に続いて週末に台風が接近したこともあり、遭難事故は2件のみとなった。
標高の高い山域は、まとまった積雪が降る時期です。 島崎三歩の「山岳通信」 第94号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年11月2日に配信された第94号では、北アルプスの主だった山小屋は営業を終了して入山者が減っていることや、週末に台風が接近したこともあり、遭難事故は1件のみとなった。
遭難は突然起きるものではなく事前の兆しがあるもの。 島崎三歩の「山岳通信」 第92・93号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年10月23日に配信された第92・93号では、県内で起きた全22件の遭難について触れ、体調不良や疲労から重大事故が起きている現状について説明している。
キノコ採りは通常の登山よりもはるかに遭難のリスクが高いもの。 島崎三歩の「山岳通信」 第90号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年10月4日に配信された第90号では、県内で起きた全5件の遭難のうち、キノコ採りによる遭難が3件あったことについて触れ、きのこ採りのリスクの高さを指摘している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年11月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり!
登山用ソックスの疑問にお答えします! プレゼントもあり! 「登山用ソックスはどうやって選んだらいいの?」そんな疑問をお持ちの方のために、登山用ソックスを大特集! プレゼントもあり...
NEW 渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
NEW 雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ
雨の山、地図はどうする? マップケース使い比べ 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。雨の山でマップケース4種を使い比べ、防水性のほか、コスト、視認性、収納性もチェック!
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター
冷たい雨・雪に対応 透湿値の高いアウター ミレーのティフォンシリーズはしなやかな着心地と透湿値の高さで好評。強い生地と起毛裏地を採用した秋冬モデルが登場。
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、間もなく低山へ
紅葉は山を下り、間もなく低山へ 11月に入り、標高500m未満の山や、公園の木々も色づき始めた。冬枯れになる前の、一瞬の華やかさを楽しもう!
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感!
岐阜の山旅2 御嶽山など、飛騨の大自然を体感! 御嶽山トレッキングと小坂のシャワークライミングを体験! 岐阜県の山旅ルポ、第2弾。今回は飛騨小坂駅から出発!
とんがり山の山頂に立ってみたい!
とんがり山の山頂に立ってみたい! あの山の頂には何があるのだろう? どうなっているのだろう? そう思うわせる山がここにある! とんがった山の頂を目指そう!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報