登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
北穂テント 北穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

rockyblend さん

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(06:25)・・・河童橋(06:30)・・・明神(07:20)[休憩 5分]・・・徳沢(08:15)[休憩 10分]・・・横尾(09:25)[休憩 35分]・・・本谷橋(11:10)[休憩 30分]・・・涸沢(14:20)

【2日目】
涸沢(07:00)・・・南稜取付・・・南稜テラス・・・北穂高岳(09:20)[休憩 175分]・・・南稜テラス(12:45)[休憩 10分]・・・南稜取付(13:35)[休憩 10分]・・・涸沢(15:15)

【3日目】
涸沢(07:45)・・・本谷橋(09:30)[休憩 20分]・・・横尾(10:50)[休憩 20分]・・・徳沢(12:20)[休憩 65分]・・・明神(14:15)[休憩 15分]・・・河童橋(15:10)[休憩 10分]・・・上高地バスターミナル(15:25)

総距離 約35.2km 累積標高差 上り:約2,611m
下り:約2,611m
コースタイム 標準:16時間10分
自己:17時間5分
コースタイム倍率 1.06
上高地からの帰路はパノラマコースの予定でしたが、崩落のため通行不能のアナウンスがあり、往路をたどりました。
天気には恵まれず、強風と雨の中の山行となりました。今回が初めてのテント泊でしたが、入念な下調べと準備で無事乗り切れた事が最大の収穫でした。
涸沢のテン場はペグが効かないゴロ石の地面です。テントをプチ改良してのぞみました。本体四隅とフライ四辺の短い2ミリのナイロンコードを、3ミリ1メーターの物と交換しました。本体側は自在で接続して、端は素早く石に固定できるようにエンバス・ノットでループにしておきました。
このおかげで、強風下でも、素早い設営ができました。夜は強風を通り越して暴風雨となりましたが、持ちこたえてくれました。
2日目は北穂高岳ピストン、予定通り登頂。山頂小屋で2時間雨が止むのを待って下山しました。
3日目は雨の中で撤収。横尾までの下りも雨でした。
今回の山行は、雨で展望も無く、憧れの楽しいテン場暮らしも実現しませんでしたが、次につながる、とても良い経験が出来て良かったと思います。次の目標、稜線のテント泊の自信がつきました。

登山中の画像
登山画像
横尾到着
登山画像
本谷橋到着
登山画像
涸沢で、テント設営のためにコンパネレンタル
登山画像
我が家
登山画像
テント設営後に「生」
登山画像
夜は暴風雨
登山画像
翌朝の朝食時
登山画像
北穂高岳へ
登山画像
カールの中を登ります
登山画像
大石がゴロゴロ。岩場が近い。
登山画像
大岩を越えて。
登山画像
南陵取付 クサリ場
登山画像
ホールドはたくさん、ペンキ印でコースも分かり…
登山画像
はしご
登山画像
山頂、真っ白
登山画像
大キレット、槍をバックに… の、つもり
登山画像
雨が止むのを待って下山
登山画像
ガスで幻想的な風景
登山画像
雨が降ったり止んだり。一瞬だけ前穂が。
登山画像
時折日差しが
登山画像
涸沢に近づくにつれて天候回復
登山画像
涸沢到着
登山画像
翌朝、雨のなかで撤収
登山画像
横尾に向かって下山
登山画像
横尾到着。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

rockyblendさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳
    笠ヶ岳山荘
    晴天続きで日中は涼しいイメージはありません。熱中症対策のためにも早出早着をお願いします。
    18年07月20日(金)
    槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    主ルート支障なし。晴天続き熱中症に注意。防寒具+紫外線対策も必要。高山植物開花中。そろそろ夕立雷にも配慮を。
    18年07月18日(水)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    ザイデン取付きに残雪あり。浮石や落石注意。稜線で高山植物開花中。昨晩遠雷あり、そろそろ夕立雷に注意、小屋着は早めに。
    18年07月17日(火)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    新穂高温泉からわさび平小屋~鏡平山荘~双六小屋~黒部五郎小舎の間で、登山道に支障のある箇所は特にありません。
    18年07月11日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

rockyblend さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年7月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「究極の全天候型ジャケットを目指したい」
「究極の全天候型ジャケットを目指したい」 ザ・ノース・フェイス大坪さんに、定番レインウェア「クライムライトジャケット」開発に込めた思いを聞く!
NEW グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手
グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手 山岳ガイドとして活躍する澤田実さんに、ガイドならではの視点も交えて、「パラゴン」の使い勝手を聞きました。
NEW バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは…
バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは… グレゴリーのモニターレポート第2弾を公開! 白馬岳に登ったsoraさん。フロントポケットなどの収納に感動したそうです!
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す
ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、ザンバランのバルトロGTを、まだ雪の残る焼岳でテストしました。そ...
NEW パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力
パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力 国内外のロングトレイルを歩くライター根津貴央さん。独自の用具観から見たパタゴニアのハイキングパンツの魅力について聞いた
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
日帰りの山で重宝するデイパック
日帰りの山で重宝するデイパック 連載「山MONO語り」で紹介したグレゴリー サルボ24。高橋庄太郎さんによる、毛無山日帰り山行での使用レポートはこちら
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。