登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
雲仙岳登山(普賢岳、国見岳、妙見岳) 普賢岳、国見岳、妙見岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

マウンテンオールドライダー さん
  • 日程

    2017年9月24日(日)

  • 利用した登山口

    仁田峠  

  • パーティ

    2人 (マウンテンオールドライダー さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:九千部岳下山後、雲仙温泉の国民宿舎青雲壮に行って風呂に入った後、水無し川道の駅で車中泊。ドラッグストアコスモスで購入した野菜とレトルトのカレーで夕食をとった。朝、6時に起床、多くの車中泊の人たちが居たが、朝食を作っていたのは私たちを入れて2グループだけでした。7時50分に道の駅を出発して仁田峠登山口に向かった。かなりの時間がかかり、到着が8時30分頃でした。

  • 天候

    うす曇後晴れ
    [2017年09月24日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

仁田峠(08:55)・・・紅葉茶屋(09:35)[休憩 10分]・・・普賢岳(10:00)[休憩 10分]・・・紅葉茶屋(10:20)・・・鬼人谷口(10:25)・・・国見分れ(10:45)・・・国見岳(11:00)[休憩 10分]・・・国見分れ(11:23)・・・尾根道出合(11:33)・・・妙見神社(11:40)[休憩 45分]・・・仁田峠(12:45)

総距離 約4.4km 累積標高差 上り:約639m
下り:約639m
コースタイム 標準:3時間20分
自己:2時間35分
コースタイム倍率 0.78
仁田峠において登山準備を行い、登山開始が8時55分になった。暫く、なだらかな登山道を登っていたが、途中から幾分急な登山道となった。我々の後から学生さんを連れた学校の先生たちが登ってきていた。紅葉茶屋で約10分程度休憩し、普賢岳に向かった。普賢岳山頂直下に普賢神社が鎮座しているが、そこが山頂と勘違いしてしまって、つい「着いた」と言ってしまった。そこに、普賢岳山頂への標識があったので間違いと分かった。普賢神社にお参りし、山頂へ。出発後5分程度で山頂に到着。山頂は、岩で形成されており、周りに樹木が殆ど無いため、360度の展望が楽しめました。特に、平成3年に噴火した平成新山が間近に見え、山頂から噴煙が立ち上っており、山が生きていることを実感した。普賢岳山頂で10分程度休憩し、国見分れを経由して国見岳に向かった。国見岳に向かう途中高齢の登山者に会ったので、国見岳の状況を聞いたところ、登山者は殆ど居無いとのことであったが、国見分れで国見岳に登る一団と遭遇、この方たちは、国見分れにリュックを置いて国見岳に挑戦するようである。かなりの高齢の方が居て、登山は大変のようであった。国見分れから暫くは、平坦ですが山頂に近付くと一気に急になり、鎖場が続く急な岩の登山道となった。私の直ぐ後から登ってこられたご高齢(80歳前後)の女性の登山者がかなり難渋していたので、手を差し伸べた。国見岳の山頂も岩場で見晴らしも良く気持ちの良い時間を持つことが出来た。国見岳から急な斜面を何とか降り立ち、国見分れ、尾根道出会いから、妙見岳へ向かった。妙見岳山頂の手前の妙見神社に到着したところ、ベンチがありゆっくり出来そうなので、妙見神社にお参りして、コーヒーと携帯食(カロリーメイト)を食べた。その後、山頂に向かうつもりで境内を後にしたが、向かった先に登山道が無く、妙見展望台に到着した。不審に思って、妙見神社に戻って、再度、登山道を確認したところ、妙見神社から妙見岳への登山道は立入禁止の立て札が立っており、ロープで通行できないようになっていた。残念だが、致し方なく妙見神社から一路仁田峠登山口に向かって下山した。昨日に続いての登山だったことから、ここからの下山で股関節と膝に痛みがあった。次回からシップやスプレー、塗り薬を持参する必要がると実感した。

登山中の画像
登山画像
登山口:愈々登山開始である。
登山画像
紅葉茶屋:ここまでかなりの急な坂を登って来た…
登山画像
登って来て紅葉茶屋に到着した時に下から見た紅…
登山画像
普賢神社:石造りの小さな祠のような物であった…
登山画像
普賢神社横の道標
登山画像
普賢岳山頂:紅葉茶屋からの400Mが長かった…
登山画像
普賢岳山頂の岩で、1360と書かれていた。
登山画像
普賢岳から下ってきた際に登山道から見た紅葉茶…
登山画像
鬼人谷口:紅葉茶屋から国見岳に向かう途中にあ…
登山画像
国見分れ:最初は、平坦な道であるが、途中から…
登山画像
国見岳山頂:遂に第2峰目である国見岳に到着し…
登山画像
国見岳から見た平成新山です。
登山画像
妙見神社:普賢神社に比べて此方のほうが立派だ…
登山画像
九千部岳に向かう分岐
登山画像
妙見神社から妙見展望所に向かう分岐。此処で妙…
登山画像
妙見神社に戻った。妙見神社横に妙見岳への登山…
登山画像
妙見展望所からの眺め
登山画像
似た展望書まで一気に下山してきた。
登山画像
仁田峠の駐車場横の売店:お土産やソフトクリー…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マウンテンオールドライダーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

マウンテンオールドライダー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年4月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
春、サクラの名所高尾山へ!
春、サクラの名所高尾山へ! 春になると一挙に華やぐ高尾山。サクラ、スミレをはじめとして、さまざまな春の花が彩ります。