登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
20170924 草津白根山登山 草津白根山(上信越)
img

記録したユーザー

まさゆき さん

この登山記録の行程

白根レストハウス(08:00)・・・湯釜展望台(08:25)[休憩 10分]・・・白根レストハウス(08:35)[休憩 5分]・・・本白根スキー場分岐(09:00)・・・本白根山分岐(09:30)・・・鏡池(09:40)[休憩 5分]・・・南釜南端(10:00)・・・遊歩道最高点(10:25)[休憩 15分]・・・南釜南端(10:55)・・・本白根スキー場分岐(11:15)・・・白根レストハウス(11:45)

総距離 約8.8km 累積標高差 上り:約689m
下り:約689m
コースタイム 標準:3時間40分
自己:3時間10分
コースタイム倍率 0.86
深田百名山の一つ、草津白根山へ。

今回は夜に予定があったので、4時半に起きて東京を出発し、8時頃に白根レストハウスに到着。
この時間だとまだ駐車場も余裕がある。
登山をするようになってから、「早起きは三文の得」ということわざをよく実感するようになった。

白根レストハウス前の国道292号を挟んで、北に湯釜、南に本白根山の配置になるので、まずは湯釜に行くことにする。
現在は登山規制の関係で、西側展望台からしか湯釜を拝むことはできない。
展望台までの道はほとんど舗装され、非常に歩きやすい(登山の格好をしていない一般客も多かった)。
といっても角度はそれなりになるので息は上がったが、それも15分程度で起伏が緩やかになり展望台に到着したと思った矢先、コバルトブルーの巨大な湯釜が見えた。
写真で見たことがあるとはいえ、実物と写真はやはり別物である。思わず「お~!!!」と声が漏れてしまった。
画像処理をしていないにも関わらず鮮やかな色の湖は、遠くから見ても存在感のある巨大さで、静かにたたずんでいる。
火口なので周囲は当然岩肌だけの殺伐とした景色であるが、キャンバスに絵の具をそのまま塗ったかのような湖の色合いによって、芸術作品を見ているかのような感覚を覚えた。
来る前は生命の気配が感じられない火山にそれほど魅力があるのか疑問に思っていたが、湯釜を見てその考えはすぐに塗り替えられた。
百名山には草津白根山以外にも火山がいくつかあるので、他の火山もどのような景色があるのか見てみたくなった。これが百名山の魅力なのであろう。

自然の芸術をしばし鑑賞してから今度は本白根山の方へ。
国道のすぐ近くには弓池という池があり、周囲は湿原となっている。
草はすでに茶色くなっており、草紅葉を楽しむことができた。

本白根山へは逢ノ峰の東のルートを経由して向かう(地図のルートに入っていないので、コース記録は実際のルートと異なっている)。
ロープウェイ駅までは起伏も少なく、気楽なトレッキングルートであるが、駅を抜けて、本白根山の山域に入ると徐々に勾配がきつくなってくる。
しかし、標高が上がり、ふと気が付くとカエデが既に黄色に色づているなど、紅葉の進み具合の変化を楽しむことができ、歩いていてもそれほど苦にならなかった。

途中に鑑池が見えたので、メインルートを外れて、少し寄り道をする。
鑑池は周囲を山に囲まれており、日当たりが悪いのか他より紅葉が進んでいて、カラフルな森とそれを映す湖面の風景がとても美しい。
今回はちょうど周りに人がいなかったので、山に囲まれ静かにたたずむ池を眺めていると、穴場を一人で独占しているような気分を味わえた。

鑑池からルートに戻り、登りが続く道を進んでいるうちに、突然視界が開け、山頂の稜線が見える。
この辺は火山帯なのか、周囲は草が所どころに群生しており、普通の山とは異なる景色である。
森林を抜けてすぐに頂上に到着。アルプス側から雲が流れてきており、残念ながらそちらの風景はうっすらとしか見えなかった。
ここで休憩しても良かったが、30分程度で最高地点に向かえるので、すぐに出発する。
最高地点までの途中も紅葉が比較的進んでいて、綺麗な景色を見ることができた。

最高地点で昼を摂ってから、先ほどより西側のルートを通ってビジターセンターに向かう。
山頂から最高地点の周辺は登山客がたくさんいて賑やかである。
山頂に向かう途中はほとんど登山客と出会わなかったので、西側の方が利用者が多いのかもしれない。
山頂周辺を過ぎると、白根レストハウスまでは樹林帯が続き、紅葉を眺めながらセンターに戻った。
センターに戻ったのは12時ごろで、その時間には駐車場は一杯になっており、一般客でけっこう混雑していた。
今は湯釜の展望台も混み合っているだろう。先に見ておいて正解であった。
一般客に囲まれて若干気恥ずかしい気持ちであったので、少し休憩してから帰路に着いた。

草津白根山は勾配もそれほどではなく、山道も整備されて手軽に散策できる山であった。
今日は夜に東京で用事があったのですぐに帰ったが、温泉が好きであれば、そのまま草津温泉も楽しめるので一石二鳥で楽しめるだろう。

登山中の画像
登山画像
レストハウス手前の駐車場
登山画像
駐車場には山名の案内盤がある
登山画像
湯釜。この距離からでも迫力がある。
登山画像
弓池の写真。草紅葉が見頃。
登山画像
標高が上がると紅葉が綺麗に。
登山画像
鏡池に近づくには寄り道する必要あり(往復15分…
登山画像
とても静かな池。
登山画像
本白根山の山頂。指が写ってしまった…
登山画像
12時ごろの駐車場の状況。
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

まさゆきさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

まさゆき さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2019年11月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...