登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
白山 (東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

いち に  さん

この登山記録の行程

[1日目]
市ノ瀬ビジターセンター10:00…10:20猿壁登山口10:21…11:00水飲場(別山市ノ瀬道)11:05…11:41白山展望所11:42…12:26チブリ尾根避難小屋12:35…13:32御舎利山…13:50別山13:52…14:00御舎利山14:01…14:34天池…14:40油坂の頭…14:58赤谷渡渉点…15:12南竜ヶ馬場野営場泊

[2日目]
竜ヶ馬場野営場06:02…06:45アルプス展望台06:47…07:09平瀬道・展望歩道分岐…07:19白山室堂07:34…08:02白山08:03…08:24翠ヶ池08:26…08:32お池めぐり分岐08:33…08:38山頂池めぐりコース分岐…08:44大汝峰南・中宮道分岐…08:55大汝峰08:58…08:59大汝小屋…09:08大汝峰北の巻道分岐…09:24御手水鉢…09:34七倉の辻…11:07白山釈迦岳…11:14釈迦岳前峰11:15…12:10水飲場(釈迦新道)12:11…12:39釈迦岳登山口12:41…13:29市ノ瀬


総距離 約29.8km 累積標高差 上り:約2,973m
下り:約2,976m
秋だ、紅葉を見に行こう。

この時期を逃すともう雪山になりそうな白山に行こう。しかし遠いぜ。4時間ですか。自動運転を切に願う。

市ノ瀬は車だらけ。ドロノキの綿毛が舞う。暑いです。登る前からTシャツスタイルで。

バス待ちの人々を尻目にてくてく歩く。工事だらけ。工事車両の通行路を上がっていく。樹林帯。誰もいない。年配のご夫婦に出会う。長靴。ツワモノなり。

チボリ避難小屋あたりから素敵な紅葉が始まる。木々の背丈が低くなり、視界が開けていく。遠くに白山が見え、行く手に別山がそびえている。

山って、登る前は遥かに遠く高く感じるものです。あそこまで行けるのか、といつも不安がよぎる。それでも思ったよりすぐに行けたりしてしまうものなのです。不思議と。

別山あたりは人も少なく、景色も良く、後の白山と比較してもこっちの方が個人的には好き。白山(御前峰)って、特にねぇ。山頂岩だらけで、居心地悪いし。

別山から南竜までが結構長い。下りが辛い。くねくねと凸凹と歩きにくい。崩落箇所もあり。ただ、景色に癒される。南竜の湿原も美しい。木道から外れないで。

テント場の良さげな場所はすでに占有済み。端っこに行きます。寝れないのは寒さのせいか、寝心地の悪さのせいか、酔っ払いのせいか。

テントに防音機能が備わっていないことを忘れないでいただきたい。面白い話ならまだ聞いてもいられるけれど、同じことを繰り返す酔っ払いの話はつまらない。次回までにネタを仕込んでいただきたい。

日の出とともに山頂を目指す。室堂は人がわんさか。駐車場の車の主はここにいたのですね。ここまでそれほど人に出会わなかったので。

御前峰はさっさと通過してお池巡りに行きましょう。御前峰を過ぎるとまた人がいなくなる。みなさんそんなに同じとこばかりなのですね。

翠ヶ池の美しさに息を飲み、遠くから見る大汝の尾根道にビビる。実際登ってみればそれほどですが、横から見ればまさにナイフリッジのよう。あんなん登れる?と思ったところをテント担いで登って行きました。

御手水鉢まで誰にも会わず。人っ子一人いません。鳥はいます。白黒の斑点がある鳥。まさかの雷鳥か、とドキドキしながら真偽は分からずじまい。雷鳥だったと信じてこれから生きていこう。

七倉辻でようやく人に出会う。というより追いつく。休憩されていたおじさま方。愛想悪いのでさっさと次へ。

あとはもうひたすら下るのみ。暑い。やはり汗だく。下るにつれてどんどん暑くなる。途中の水場で水分補給。釈迦岳あたりの水場が一番美味しかった。それは暑さのせいか、疲労のせいか。

帰るモードで猛烈下山中、マムシとヤマカガシに出会う。出会いたくはなかった。しかし山。蛇はいる。それが山。噛まれぬようにそっと通り過ぎて、否、ズダダダダッと走り抜ける。

古びた温泉宿でほっこり二日分の汗と埃を落とし、これから四時間運転です。自動運転求む。早急に。

登山中の画像
登山画像
大文字草。写真を撮られていた方に教えていただ…
登山画像
大きな桂の木。
登山画像
空に向かって。
登山画像
遥かなる白山。
登山画像
南竜山荘
登山画像
夕日に染まる
登山画像
なだらかに広がる紅葉地帯
登山画像
翠ヶ池。本当にみどり。
登山画像
御手水鉢。誰かが彫ったみたい。氷が張っている。
登山画像
遥かなる山。
登山画像
市ノ瀬駐車場すぐそばの永井旅館。温泉600円。見…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いち に さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いち に  さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年9月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...