登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
白山 (東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

いち に  さん

この登山記録の行程

[1日目]
市ノ瀬ビジターセンター10:00…10:20猿壁登山口10:21…11:00水飲場(別山市ノ瀬道)11:05…11:41白山展望所11:42…12:26チブリ尾根避難小屋12:35…13:32御舎利山…13:50別山13:52…14:00御舎利山14:01…14:34天池…14:40油坂の頭…14:58赤谷渡渉点…15:12南竜ヶ馬場野営場泊

[2日目]
竜ヶ馬場野営場06:02…06:45アルプス展望台06:47…07:09平瀬道・展望歩道分岐…07:19白山室堂07:34…08:02白山08:03…08:24翠ヶ池08:26…08:32お池めぐり分岐08:33…08:38山頂池めぐりコース分岐…08:44大汝峰南・中宮道分岐…08:55大汝峰08:58…08:59大汝小屋…09:08大汝峰北の巻道分岐…09:24御手水鉢…09:34七倉の辻…11:07白山釈迦岳…11:14釈迦岳前峰11:15…12:10水飲場(釈迦新道)12:11…12:39釈迦岳登山口12:41…13:29市ノ瀬


総距離 約29.8km 累積標高差 上り:約2,973m
下り:約2,976m
秋だ、紅葉を見に行こう。

この時期を逃すともう雪山になりそうな白山に行こう。しかし遠いぜ。4時間ですか。自動運転を切に願う。

市ノ瀬は車だらけ。ドロノキの綿毛が舞う。暑いです。登る前からTシャツスタイルで。

バス待ちの人々を尻目にてくてく歩く。工事だらけ。工事車両の通行路を上がっていく。樹林帯。誰もいない。年配のご夫婦に出会う。長靴。ツワモノなり。

チボリ避難小屋あたりから素敵な紅葉が始まる。木々の背丈が低くなり、視界が開けていく。遠くに白山が見え、行く手に別山がそびえている。

山って、登る前は遥かに遠く高く感じるものです。あそこまで行けるのか、といつも不安がよぎる。それでも思ったよりすぐに行けたりしてしまうものなのです。不思議と。

別山あたりは人も少なく、景色も良く、後の白山と比較してもこっちの方が個人的には好き。白山(御前峰)って、特にねぇ。山頂岩だらけで、居心地悪いし。

別山から南竜までが結構長い。下りが辛い。くねくねと凸凹と歩きにくい。崩落箇所もあり。ただ、景色に癒される。南竜の湿原も美しい。木道から外れないで。

テント場の良さげな場所はすでに占有済み。端っこに行きます。寝れないのは寒さのせいか、寝心地の悪さのせいか、酔っ払いのせいか。

テントに防音機能が備わっていないことを忘れないでいただきたい。面白い話ならまだ聞いてもいられるけれど、同じことを繰り返す酔っ払いの話はつまらない。次回までにネタを仕込んでいただきたい。

日の出とともに山頂を目指す。室堂は人がわんさか。駐車場の車の主はここにいたのですね。ここまでそれほど人に出会わなかったので。

御前峰はさっさと通過してお池巡りに行きましょう。御前峰を過ぎるとまた人がいなくなる。みなさんそんなに同じとこばかりなのですね。

翠ヶ池の美しさに息を飲み、遠くから見る大汝の尾根道にビビる。実際登ってみればそれほどですが、横から見ればまさにナイフリッジのよう。あんなん登れる?と思ったところをテント担いで登って行きました。

御手水鉢まで誰にも会わず。人っ子一人いません。鳥はいます。白黒の斑点がある鳥。まさかの雷鳥か、とドキドキしながら真偽は分からずじまい。雷鳥だったと信じてこれから生きていこう。

七倉辻でようやく人に出会う。というより追いつく。休憩されていたおじさま方。愛想悪いのでさっさと次へ。

あとはもうひたすら下るのみ。暑い。やはり汗だく。下るにつれてどんどん暑くなる。途中の水場で水分補給。釈迦岳あたりの水場が一番美味しかった。それは暑さのせいか、疲労のせいか。

帰るモードで猛烈下山中、マムシとヤマカガシに出会う。出会いたくはなかった。しかし山。蛇はいる。それが山。噛まれぬようにそっと通り過ぎて、否、ズダダダダッと走り抜ける。

古びた温泉宿でほっこり二日分の汗と埃を落とし、これから四時間運転です。自動運転求む。早急に。

登山中の画像
登山画像
大文字草。写真を撮られていた方に教えていただ…
登山画像
大きな桂の木。
登山画像
空に向かって。
登山画像
遥かなる白山。
登山画像
南竜山荘
登山画像
夕日に染まる
登山画像
なだらかに広がる紅葉地帯
登山画像
翠ヶ池。本当にみどり。
登山画像
御手水鉢。誰かが彫ったみたい。氷が張っている。
登山画像
遥かなる山。
登山画像
市ノ瀬駐車場すぐそばの永井旅館。温泉600円。見…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いち に さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いち に  さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!