登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
秋の大山登山 大山(中国・四国)
img

記録したユーザー

マウンテンオールドライダー さん
  • 日程

    2017年10月8日(日)

  • パーティ

    2人 (マウンテンオールドライダー さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅から高速道路(山陽自動車道、松江自動車道)を使って大山寺に到着した。
    温泉に入った後、駐車場へ駐車場の横がキャンプ場になっており、人の出入りは多い。
    夕方6時過ぎに駐車場に着いたが、約7割程度埋まっていた。その後も多くの車が来ていた。

  • 天候

    晴れ
    [2017年10月08日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

夏山登山道入口(06:30)・・・行者谷分れ(07:30)・・・六合目(07:40)[休憩 15分]・・・頂上避難小屋(09:00)[休憩 30分]・・・六合目(10:40)[休憩 10分]・・・行者谷分れ(11:00)・・・夏山登山道入口(12:04)

総距離 約5.8km 累積標高差 上り:約960m
下り:約960m
コースタイム 標準:3時間56分
自己:4時間39分
コースタイム倍率 1.18
朝5時に起床し、朝食後登山準備を行い6時30分頃に出発した。夏山登山道入り口からスタート。約400mのところに道標があり、山頂方面と大山寺本堂への案内があった。登山道は綺麗に整備されており、階段状になっていたが、一段が高く上るのに苦労した。一合目から九合目まで道標が立っていた。それに、標高の表示があった。最初は、大きなブナ等の広葉樹林の中を進むので、周囲の景色は見えないが、標高1000mを超えるあたりから高い木が少なくなり周りは低い木が多くなって、辺りの景色が見えるようになってきた。とても良い天気だったことから、日本海や麓の町まで綺麗に見渡せた。6合目の避難小屋に到着したので、此処で景色を見ながら約15分程度休憩した。この避難小屋は非常に小さなもので、おそらく5~6人程度しか収容できないのではないかと思われた。この付近から山頂方面を見ると既に紅葉が始まっており、綺麗な景色が見られた。本格的な紅葉まで2週間ぐらいかかりそうであった。此処から八号目位まで登りが急になる。しかし、周りを見ながらの登山となるため、余り疲れを感じないで登ることができた。8.5合目位から木道が整備されており、非常に歩きやすく山頂までこの木道が続いている。この山は、ひじょうに登りやすい山で、小さな子供から高齢者まで割りと簡単に登れるようで、登山客が非常に多いことが印象として残っている。我々は、朝早く登ったので、山頂付近はそれほど混雑しておらず、ゆっくり休むことが出来た。09時半頃から霧が出てきて、あっという間に山頂付近は雲に覆われてしまった。下りは、登ってくる人たちが非常に多く、譲り合いながらの下山となったため、とても時間を要した。中には、3歳程度の子供の手を引いた家族連れや高齢の岡三を連れた女性が見受けられ、家族で登山を楽しむ姿が多く見られた。

登山中の画像
登山画像
大山夏登山口です。ここから大山登山が始まりま…
登山画像
最初は、石段が続きその切れたところに最初の標…
登山画像
一合目から九合目まで標識が立っているので、非…
登山画像
最初の標高の標識で、900mでした。
登山画像
山頂付近は幾分紅葉しており、後2週間後くらい…
登山画像
最後の標高標識で木道の直ぐ横に有り、1600…
登山画像
山頂の標識です。標高1710.6mでした。
登山画像
山頂から山頂避難小屋方面の景色です。今日、現…
登山画像
山頂付近の木道です。9時半頃から山頂直ぐ下で…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、ローソク・ランタン
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マウンテンオールドライダーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    例年になく積雪量が少なく、気温も高めで推移。19日は大山で雨が降り積雪量も一気に減少
    19年02月18日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

マウンテンオールドライダー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?