登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
29-40 早池峰縦走、やっちゃいました! 早池峰山(東北)
img

記録したユーザー

ハンター さん

この登山記録の行程

岳(05:45)…鶏頭山避難小屋(07:20)…ニセ鶏頭(08:00)…鶏頭山(08:27)…中岳(10:57)…早池峰山(12:46~13:08)…五合目・御金蔵(13:41)…小田越(14:33)…河原坊(15:01)…岳(16:23)

所要時間:10時間38分(休憩含む。)(コースタイム:11時間50分(0.89倍))


水平移動距離 約19.7km 積算標高差 上り:約1,583m
下り:約1,583m
 早池峰縦走は以前からやってみたかったルートですが、コースタイム通りで休憩を含めると13時間の見積もりとなる事から、敬遠する要素となっていた。
花の時期も終わり、紅葉の時期も終わり、単純に山歩きを楽しむだけとなってしまうが、気温の低下から熱中症の危険性も低いと考え、行動速度を上げれば日中下山も可能かも、日が暮れてもロード上であるため、足元は安心でき、ヘッドランプで対応可能と判断、実行に移した。
早々に登山計画書を作成、岩手県警に電話連絡の後、メール送信し、事後処置を依頼する。

 10月26日、前日移動をして、岳駐車場にて車中泊とする。山のシーズンも終わり、平日もあってか駐車場には私の車1台のみ。トイレはあるが、カメムシに占拠されており、刺激を与えないよう使用に注意を要する。20時には爆睡体勢に入る。
 10月27日、4時半起床、外気温は6℃と少し高め。車外に出て空を見上げると星は見えるが、薄曇りの様相である。早々に朝食を摂り準備をする。
薄っすらと明るくなりかけた5時45分、岳駐車場を出発する。空には青空が見え、早池峰山方向を見ると山頂がくっきりと確認できた。駐車場から約400m程進むと岳登山口に到着する。登山口には登山届のポストが設置されているが、登山届は事前に提出済み、入山。
今回の行動は、55分行動の5分の休憩を基準として、状況に応じて、対応する事とした。枯れたブナ林の坂は徐々に斜度を上げて行く。6時37分に薬師岳方向から降り注ぐ朝日を浴び、気温は次第に上昇気味。2つのピークを越え、7時20分に鶏頭山避難小屋に到着する。小屋内は比較的綺麗な感じであった。入口のドアノブが壊れており、棒でロックされていた。
ニセ鶏頭直下の七折滝分岐からの景観は良く、表立った山としては、岩手山、秋田駒、和賀山塊、鳥海山、焼石連峰、栗駒までは確認できた。分岐から先では梯子が続き、8時にニセ鶏頭に到着、早池峰山までの尾根稜線の起点である事を確認する。
投稿でよく見るお地蔵様が立っており、山行安全を祈願し、写真とビデオを撮影、しばしの休憩を取る。今回の日程については、風の極力弱い日として、天気予報を確認しつつ選択してみた。風は無風、天候は晴れ、気温は程よい感じで、最高のコンディションである。ニセ鶏頭からは、これから進む鶏頭山、中岳、早池峰山と一望できる。行程表を確認すると30分の時間的余裕が出来た感じである。体調も良好、少しの行動食を摂り、出発する。
今回の保有水量は、投稿文の「水場はあるが使えない。」との内容を参考として、ポカリスエット500cc×5本とハイドレーションに2リットルの水の計4.5リットルと多めとした。
8時27分、鶏頭山に到着、中岳まで続く尾根道の長く深い樹林帯を確認、コースタイムは3時間である。ここで、どれだけ時間を短縮できるかが、今回の縦走に大きく影響する。気合を入れて中岳へと向かった。
樹林帯内の登山道はよく整備されており、藪こきをする事は一度も無かったものの、泥濘と倒木が多く、支障となった。
樹林帯を抜けると岩稜帯となり、クライミング感覚の場所が続くため、安全優先の行動を必要とした。また、岩場での景観のいい場所では、写真とビデオを撮影する事もあり、なかなかペースを上げることはできなかったが、何とか頑張り、10時57分、中岳に到着した。計画の所用時間の3時間5分を35分短縮、2時間30分で走破した。
中岳では、逆ルートを縦走する本日唯一の変態さん1名とすれ違う。話をすると、ちょくちょくこのコースを歩いているそうであり、帰りの長いロードが疲れる為、逆ルートで行っていると言う。「ご安全に」の言葉を掛けて相互に別れた。
中岳山頂においても、写真とビデオの撮影と少しの行動食を摂り、しばしの休憩を取る。
この時点でも体調は良好、順調に進んでいる事を確認する。
休憩の後、早池峰の山頂に向けて出発する。一度標高差40m程下ったコルへと降りて1696mのピークの樹林帯を越えると、真正面に早池峰の峰が聳えていた。
ここからは最後の登りでもある。ガレ場を登り切り、12時46分、早池峰山山頂に到着する。
到着後、先ずは神様に御酒を奉納し、本日の好天の感謝と山行の安全を祈願した。ほぼ同時到着で小田越から登って来た親子2名と遭遇する。昼食を摂り、下りでのまめ予防として、汗で濡れた靴下を交換する。
体の調子も良好、13時08分に早池峰山を出発、計画では14時55分に出発としていたが、1時間47分も短縮できていた。この状況から、日の入り前までに下山できる可能性がある事を確認する。下りでアクシデントが発生すると行動時程にも影響が出る。蛇紋岩は滑るため、慎重に下って行く。
14時33分、小田越登山口に到着、ここから8.5kmのロードが始まる。
河原坊までのロードにおいて崩落箇所がよく見える場所もあり、前回見た時よりも崩落範囲が広がっている事が確認できた。
15時01分、河原坊に到着すると、ビジターセンターの管理人と話をする事が出来、現在調査は入っているものの河原坊コースの復旧は望めないだろうとの事であった。車で岳集落まで送ると誘って頂いたが、自分の車に到着するまでが登山であるとの自分流儀を話し、丁重にお断りとした。
ここから岳まで6.5km、遅くても2時間は掛からない。周囲の山の景色や道路脇の滝を見たりし、楽しみながらロードを歩き、夕日で山肌が赤く染まりだした16時23分に岳駐車場に到着、無事下山した。


今回の感想としては、早池峰の楽しみ方が、ひとつ増えた事が成果でしょうか。
また、何故今まで、このコースに手を付けなかったのだろうかと、悔しい思いをした事です。
特に花の時期、色々な投稿記録を見ても、どれも素晴らしい花と景観の写真が載っています。
今回は、花も、紅葉も無い、純粋な山歩きの山行でしたが、バリエーション豊かであり、本当に山歩きだけを楽しめたコースだと感じました。
バスが運行している期間であれば、8.5kmのロードも削る事が出来たでしょう。
本当に勿体ない気持ちです。早池峰山、いいお山ですね~。
最後に、いつも思う事ですが、御酒を奉納した後の山は、必ず雲が掛かるという事です。山の神様は、御酒を飲むところを人には見せないのでしょうか。本当に・・・

登山中の画像
  • 右手奥に早池峰山、今日も晴れ登山です。
  • 登山口まで少し歩きます。
  • 岳登山口から入山します。早池峰山頂まで8km、遠い・・・
  • 登山届のポストがあります。
  • 水場の標識
  • 紅葉の終わったブナ林を歩きます。
  • この辺りから急登に
  • ニセ鶏頭かと思ったら違ってました。
  • 薬師岳方向からお日様が出てきました。
  • 青空が広がっています。
  • 鶏頭山避難小屋に到着です。
  • 中は結構綺麗です。
  • トイレ有り、紙は持参です。
  • ニセ鶏頭
  • 早池峰湖が見えます。
  • 岳集落も見えます。
  • 岩手山、少し白くなっています。
  • 秋田駒
  • 和賀山塊
  • 鳥海山は頭が真っ白です。
  • 焼石連峰
  • 栗駒山 SHPさ~ん、わたしはここですよ~!
  • ここから梯子が続きます。
  • 低い雲が立ち込めています。
  • 早池峰から見る鳥海山って初めてかも
  • 毛無森、積雪期はいいでしょうね~
  • 岩手山アップ
  • こちらは鶏頭山、後でね~
  • ザックの脇がこすれる間隔
  • ここを抜けると、
  • ニセ鶏頭、到着です。
  • 投稿でよく見るお地蔵さま、奥に鶏頭山
  • 早池峰まで5.5km、まだまだあります。
  • 早池峰の峰と薬師岳
  • 早池峰アップ、手前が中岳
  • 鶏頭山へ向かいます。
  • 振り向いてニセ鶏頭、いい感じのピークです。ずっと奥に鳥海山
  • 早池峰山までの尾根稜線が続きます。綺麗ですね~
  • 鶏頭山に着きました。
  • 毛無森と奥に岩手山
  • 三角点タッチ
  • 初めての景色です。
  • 縦走路が続きます。
  • 振り返って鶏頭山とニセ鶏頭
  • 中岳の関所が構えています。
  • カモシカの足跡、新しいですね。
  • ここは四つん這いで通りました。
  • 岩、松、苔、日本庭園の様な自然の造形美です。
  • こういう感じ、好きですね~
  • 山頂尾根に水場?不思議ですね。早池峰山頂まで3.5km
  • 中岳、岩でゴツゴツしています。
  • 鶏頭山も遠くになってきました。
  • 富士山が見えました(笑)
  • こちらも富士山ですが、富士らしくありません。
  • 落ちたら死ぬ!蛇紋岩でツルツル滑ります。
  • 中岳が近づいてきました。
  • 影には雪が残っています。
  • ヒカリゴケでしょうか?
  • ニセ鶏頭からの歩いて来た稜線が確認できます。
  • 右手雲の下に姫神山、岩手三山揃いました。
  • 中岳山頂部方向、大きな岩だらけです。
  • つらら、もっと大きくなるんでしょうね。
  • クライミング気分です。
  • 投稿でよく見る蟻の戸渡り?高さと長さが3mくらい、上部足場の幅は60cm程で、よほどの強風でない限り渡れます。
  • 縦で、奥が山頂部
  • 今日の変態さん。すれ違ったのは一人だけでした。
  • 中岳到着です。
  • 中岳標識、早池峰山頂まで2.1km
  • 正面に早池峰山が聳えます。
  • 三角点タッチ
  • 岩山の中岳
  • 早池峰山へ向かいます。
  • 下界は紅葉シーズンです。
  • 再び姫神山と岩手山
  • この方向から見る早池峰山、いかしてます。
  • 山頂目前です。
  • 振り向いて中岳
  • あと1.5kmで山頂です。
  • 薬師岳、ご無沙汰しています。
  • 山頂部に雲が掛かっています。
  • ガラガラ・・・コロッ!赤玉~、何等賞ですか?
  • 随分と歩いてきました。
  • あきらケルン(1959.10)?58年前ですね~。
  • 山頂直下、最後の試練
  • ニセ鶏頭があんなに遠くに
  • 目前です。
  • 山頂尾根に着きました。
  • 奥宮の赤いお屋根が見えます。
  • 縦走メインの半分が終わりです。
  • 岩手山には雲が掛かっていますが、早池峰山頂は晴れています。
  • 御酒を奉納しました。
  • 三角点タッチ
  • 正面の薬師岳
  • 小田越コース、管理棟が見えます。
  • 山頂標識
  • 十合目標柱、古いですね~。さて下山です。
  • 門馬コース分岐、現在門馬コースは工事のため使用できません。
  • こちらのお地蔵様にも御挨拶
  • 山行安全お願いします。
  • ハイマツに着氷
  • 雪も残っています。
  • 剣ヶ峰分岐標識
  • いつもの梯子を降ります。
  • 山頂方向
  • 五合目・御金蔵標識
  • 小田越登山口到着、ここから8.5kmのロードです。
  • 崩落箇所が広がっています。
  • こちらから見る早池峰はどっしりしていますね。
  • 中岳からニセ鶏頭まで、陽が暮れ始めています。
  • 崩落箇所がよく見えます。かなり広範囲です。
  • 河原坊到着、この登山道は、もう廃道でしょう。
  • 中岳方向
  • 好天ありがとう。
  • 自撮り。魂が取られます。
  • 長いロードです。
  • 所々、滝等の見所もあります。
  • 紅葉と滝とアスファルト
  • マイナスイオンたっぷりです。
  • 鶏頭山方向
  • 山肌に夕日が当たり、綺麗ですね~
  • 枯れた山肌に夕日で紅葉が戻ります。
  • 山が燃えているようですね。ご褒美の景色でしょうか。
  • 駐車場に到着、無事下山です。
  • 奥の早池峰山は雲で隠れてしまいました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
【その他】 携帯トイレ、AMラジオ、携帯電話
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ハンターさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ハンター さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2018年2月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場!
「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場! 【モニタープレゼント企画】防水・防塵・耐衝撃・耐低温が魅力のJVC「エブリオR」に、4K対応モデルのGZ-RY980が登...
NEW 『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催!
『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催! 『山と溪谷』3月号と連動の「膝を痛めない、疲れない歩き方講座」。3月に机上・実践の計3回開催。詳細はこちらから
NEW 雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す
雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す 山岳ライター・高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はスカルパのゲイター付きブーツを、長野県・御座山でチェック!
NEW 紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表
紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表 紅葉写真コンテスト2017に沢山のご応募をありがとうございました。361枚の写真から受賞作品が決定!!
NEW 梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び!
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び! 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 雪が降った後は、雪山登山を楽しめるかも!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報