登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
神奈川 VOL.6 三国山(関東)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2017年11月12日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:小田原厚木道路を箱根方面の終点からそのまま箱根新道(国道1号)に入り、芦ノ湖の南岸の海賊船乗場「箱根町港」の無料駐車場まで15km・30分弱です。晴天の日曜の朝5時40分に着いたのですが、150台の駐車場の2割程度停まっていました。そのほとんどの方が釣り客です。トイレがありますが照明が無いので、日照時間以外はヘッデン必須です。この駐車場は箱根駅伝の往路ゴール(復路スタート)地点です。

  • 天候

    晴れ後曇り、無風
    [2017年11月12日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

箱根町港駐車場(06:05)・・・三国山6.0km道標(06:30)・・・海平(07:05)・・・芦ノ湖スカイライン茶店(07:55)・・・山伏峠山頂(08:05)・・・三国山1.8km道標(08:25)・・・三国山山頂着(09:15)朝食・・・三国山山頂発(09:25)・・・湖尻峠(10:10)・・・長尾峠70分道標(10:35)・・・箱根芦ノ湖展望公園(10:50)・・・箱根湖畔ゴルフコース入口(11:15)・・・箱根ロープウェイ「桃源台」駅(11:40)・・・大涌谷(12:45)・・・湖尻港(13:55)・・・箱根神社(15:00)・・・箱根港駐車場(15:40)


総距離 約27.3km 累積標高差 上り:約1,513m
下り:約1,513m
海賊船乗場「箱根町港」から反時計回りにスタートして、民家の先の箱根旧街道に入ります。
薄暗い旧街道の石畳を登ると、突然車道に出るので、車道を「道の駅」まで歩いて行きます。
「道の駅」の前の横断歩道を渡ると登山道があり、山に入って行って本格的な登山開始です。
薄暗い山中を30分程登ると明るい草原に出ます。ススキの生い茂る道をさらに登って行くと
ふと「海平」に着きます。ここから先は、時々富士山が前方に眺められる爽快な道になります。
そのうち登山道は、2m以上の笹藪に両側を挟まれて進むようになり、視界が無くなります。
しかし、登山道に並行して芦ノ湖スカイラインが走っているので、常時かなりうるさい道です。
時々思い出したように登山道は樹林帯に入りますが、やはり車の音は聞こえ続けています。
出発から1時間50分で、芦ノ湖スカイラインの茶店に出合うので、登山者も利用できます。
茶店の上にある「山伏峠」山頂からの富士山は普通ですが、何と駿河湾が美しく見えます。
「山伏峠」から一旦茶店まで下りて、峠の右手側から再度、薄暗い登山道に入って行きます。
ここからは芦ノ湖側を進んで行くので、芦ノ湖をちょいちょい眺めながら、紅葉の登山です。
登山開始から3時間10分で「三国山」山頂に到着しましたが、樹林帯で展望はありません。
しかし「三国山」の山頂は芦ノ湖スカイラインから離れているので、静かな山頂を楽しめます。
「三国山」で朝食後そのまま北へ下山して「湖尻峠」に出ましたが、紅葉が美しい登山道です。
「湖尻峠」で車道を渡り、向いのピークを目指して人がいない整備された道を登って行きます。
「湖尻峠」から40分程で「箱根芦ノ湖展望台」に着きますが、駐車場が閉鎖されているので
誰もいない展望台です。しかし景色は最高です。散々展望を堪能後に芦ノ湖へ下って行くと
「箱根湖畔ゴルフコース」入口の横に出ます。この後、広い「芦ノ湖キャンプ村」を抜けて行き
「桃源台」から「大涌谷」に向かいましたが、「大涌谷」から先は火山ガスで進めませんでした。
この後「箱根ロープウェー」も運転中止となりました。
黒卵を食べながら芦ノ湖に戻り、そのまま芦ノ湖を周回して「箱根港」駐車場に戻りました。
実は芦ノ湖の周りを周遊する道は途切れます。途中、たびたび車道を歩く危険があります。

登山中の画像
登山画像
早朝6時前の芦ノ湖の向こうには富士山です
登山画像
海賊船の箱根町港駐車場で0セットです
登山画像
ここが箱根旧街道の入口です
登山画像
薄暗く、しっとりとした石畳を登って行きます
登山画像
道の駅の前の横断歩道を渡って入山です
登山画像
三国山6.0km道標 85m
登山画像
なかなかどっしりとしたいい感じの森です
登山画像
明るい草原に出ました
登山画像
お日様を待ってまだ寝ています
登山画像
海平 195m
登山画像
富士山を目指して登って行きます
登山画像
ちょいちょい樹林帯に入ります
登山画像
かなりの頻度で両側が笹薮の道を延々進みます
登山画像
やっと芦ノ湖が見えました
登山画像
芦ノ湖スカイライン茶店 265m
登山画像
山伏峠山頂から駿河湾が見れます
登山画像
山伏峠山頂 285m
登山画像
山伏峠を一度下り、右手の森に入って行きます
登山画像
ここからは右手に芦ノ湖の軽快な道です
登山画像
すごい生命力です
登山画像
三国山1.8km道標 245m
登山画像
三国山に向かう最後の登りです
登山画像
三国山山頂 360m
登山画像
芦ノ湖の北を目指して下って行きます
登山画像
今日の最後の富士山です
登山画像
まだまだ中腹から下の紅葉は見頃です
登山画像
登山道下に湖尻峠が見えてきました
登山画像
車道を渡って向かいの山を登ります
登山画像
湖尻峠 105m
登山画像
誰もいませんが道は整備されています
登山画像
振り返ると三国山が結構凛々しいです
登山画像
お日様が当たり、やっと起きてきました
登山画像
長尾峠70分道標 265m
登山画像
相変わらず静かな整備された道です
登山画像
徒歩でしか来れない箱根芦ノ湖展望公園です
登山画像
芦ノ湖東側「神山」「駒ヶ岳」の景色です
登山画像
芦ノ湖西側「三国山」の景色です
登山画像
箱根芦ノ湖展望公園 250m
登山画像
芦ノ湖に向かい下って行きます
登山画像
箱根湖畔ゴルフコース入口 0m
登山画像
箱根湖畔ゴルフコースの横に下りてきました
登山画像
次はあのピークを目指します
登山画像
雲が出てきました
登山画像
ニジマスの稚魚のバケツリレー放流です
登山画像
湖畔はまだ紅葉になりかけです
登山画像
箱根ロープウェイ「桃源台」駅 -10m
登山画像
この横断歩道を渡り大涌谷を目指します
登山画像
大涌谷は多くの観光客で混んでいます
登山画像
大混雑ですが、大涌谷の先は立入禁止です
登山画像
黒卵も売り切れで、やっと1件で買えました
登山画像
立入禁止でも大涌谷へ行く道は渋滞です
登山画像
湖尻港 -20m
登山画像
芦ノ湖の周遊路は趣があります
登山画像
芦ノ湖の紅葉はあと10日位は見れそうです
登山画像
箱根神社-25m
登山画像
海賊船の箱根町港駐車場に無事到着です
登山画像
お疲れ様でした
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ライター
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!