登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
音羽三山(音羽山・経ヶ塚山・熊ヶ岳) 音羽三山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2017年11月25日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:近鉄で桜井駅下車、談山神社行きのバス(直通ではなくコミュニティバス)で下居(おりい)バス停下車、音羽観音の標識に従いまずは音羽観音まで行く、境内右側のおはつきいちょうの大木を通り過ぎたとこからが登山口。

  • 天候

    晴れ(薄曇りがほとんど)
    [2017年11月25日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

近鉄桜井駅(9:10)・・・談山神社行き(9:45)・・・下居バス停(10:15)・・・音羽観音(善法寺)(10:40)・・・音羽山山頂(11:30)・・・経ヶ塚山(11:50)・・・熊ヶ岳(12:20)・・・反射板(12:50)・・・大峠(13:50)・・・破不動尊(14:20)・・・不動滝バス停(14:35)・・・近鉄桜井駅(15:00)


総距離 約8.0km 累積標高差 上り:約1,135m
下り:約1,018m
今回はいつもの友人が仕事の為、1人で行ってきました。
この頃特にハマっているのが奈良県の山々でアクセスが良いのと魅力的な山々が多いので高山の季節が終わったくらいから頻繁に出かけています。
奈良県の山々が良いのは山だけではなく古刹や史跡とコラボして登山が楽しめるところです。
今回はそんな中から音羽三山をチョイスしました。
800〜900mの山々を縦走しながら史跡や古刹を楽しむと言ういつもの贅沢プランです。
それではコース案内です。
近鉄桜井駅までは各自で時刻を調整して出かけてください。
私は9時10分頃に桜井駅に着きました。
近鉄の駅とJRの駅が隣接しているのでJRの方へ進みます。
突き当たりの階段を下りたところにバス停があります。
談山神社行きのバスに乗るのですがこの季節は談山神社へ直通のバスが出ているので注意してください。
乗るのはコミュニティバスで要は各バス停に止まる方に乗らないと下居(おりい)バス停には止まりません。
バスも9時45分まで無かったので早く行きたい方はバスの時刻を調べてから時間調整してください。
私は基本バスに乗りますがどうしても時間が合わない(1時間ほど待つとか)時はタクシーを利用するので案外無頓着に駅に行ってしまう悪いクセがあります。
心配な方はあらかじめよく調べてから計画してください。
この日はお天気も良かったこともあり、談山神社へ行く方が大半でした。
紅葉が綺麗な神社なので人気があります。
この日、下居バス停で降りたのは私と5〜6名のパーティ1組だけでした。
バス停からバスの進行方向に少し進むと音羽観音への道標があるので従い、進みます。
ここからしばらくは音羽観音への道標に従ってください。
最初から結構急な坂道なので身体が馴染むまではゆっくり進んでください。
しばらく進むと集落がありますので静かに進みます。
集落を抜けて少し進んだ先に分岐があります。
音羽観音へ向かうので左の道を進みますがここからさらに坂道が急になるので注意してください。
急な坂道を進むと音羽観音へ荷揚げするためのトロッコがあります。
ここからさらに坂道が急になります。
坂道の真ん中に階段が設けられるほどの急な坂道がつづら折りに続いて行きます。
しばらく進むと右は車道、左は石段の分岐があります。
石段を上がって行きます。
左側に簡易トイレがありますので利用させていただきましょう。
トイレは後にも先にもここだけです。
さらに石段を上がって行くと見事な紅葉が広がります。
石段を上がりきった先が音羽観音です。
本堂の入り口には可愛らしい人形が等身大で三体ほど置かれていますがぱっと見、人のようなので人形とわかるとビックリします。
後で知ったのですがここは尼寺だそうでこの人形はご住職と副住職とお手伝いさんのまっちゃんさんをモチーフにしたものだそうです。
本堂にお参りして御朱印をいただいたら音羽観音の銘木であるオハツキイチョウを拝見します。
見事な巨木がレモンイエローの葉をたくさん広げた姿は圧巻です。
その先に神社があるのでここでも山行の安全祈願をしてその先にある登山口からいよいよ本格的な山道に入ります。
しばらく進むと分岐がありますので行きたい方に進みます。
右の急登は展望台への道でまっすぐに進む道は登山道となります。
ここは無理強いしませんが展望台への道をオススメします。
登山道は基本、樹林帯の中を進むだけなので展望はありませんが展望台方面なら上っている最中でも景色を楽しめます。
また、展望は展望台までしかないのでここを逃すと見渡せるような場所はこの先ありません。
ただし、よく整備されているとはいえ急勾配の道なので無理はしないでください。
展望台からは多武峰の山々が綺麗に見渡せるのでここでゆっくり休憩してもいいでしょう。
展望台自体広いので団体でも大丈夫です。
また、足腰に不安がある方は登山道からでもここに来ることができるので登山道を進むといいでしょう。
私は景色を楽しんだら次へと向かいます。
音羽山の山頂へは登山道から行くか展望台から少し進んだ先にある分岐を右の急登へ進むかの二通りのパターンがあります。
急登には音羽山山頂近道と書かれた看板があります。
私は身体を鍛える目的もあるので急登を選びます。
足首がひん曲がるような急登ですがこの日は絶好調だったのでサクサク進みます。
急登をクリアすると少し平坦な道となり元々ある登山道と合流します。
そこから少し進むと音羽山山頂に到着します。
標高看板と三角点とベンチがあるのでここでも休憩できます。
ただし、眺望はありませんので私は写真を撮ったらさっさと次へ進みます。
道標に従い進む次の目的地は経ヶ塚山です。
ここからは分岐も無いので安心して進めます。
また、このルートはよく整備されていて道標もたくさんあるので初心者でも道迷いの心配は少ないでしょう。
ただし、道は厳しいので注意してください。
まず、いきなり急な下りが続くので足を痛めないように進みます。
結構な距離を下ったら今度は同じぶんだけ登り返します。
基本縦走は高山でもない限り一つの山を上ったら次の山へは今いる山から一旦下りて向かうのが普通なので縦走自体が嫌な方は音羽山山頂から元来た道を引き返すといいでしょう。
結構急な上りをクリアすると小さな尾根に出ます。
道標に従い右側の小高い丘へ進むとそこが経ヶ塚山山頂です。
ここはその昔、談山神社への鬼門を守るために経文を埋めた事からこの名前になっています。
その名残りでしょうか?山頂には大きな石灯籠があります。
私はこの石灯籠を見たくてここまで来たので感無量です。
本当はここでお昼をいただきたかったのですが風が吹いていて結構冷えるのでここも写真を撮ったらさっさと次へ進みます。
次の目的地は熊ヶ岳で音羽三山の最高峰ですが当然ながら経ヶ塚山から一旦下りて登り返します。
ここも結構急な下りとなるので気を引き締めて進みます。
途中の木々の間から熊ヶ岳が垣間見えますがここからさらに厳しいアップダウンが待ち受けています。
熊笹の間を抜けるように急登を登るとひょっこりという感じで熊ヶ岳の山頂に到着します。
ここは山頂とはいえ峠の頂点といった感じなのでここも写真を撮ったらさっさと次へ進みます。
ちなみに眺望はありませんし広くもないので休憩には不向きです。
次の目的地は大峠と言い女坂伝承地の石碑があります。
熊ヶ岳からも急な下りを進みます。
ある程度下ったら小さなアップダウンを繰り返しながら進むと近鉄電車の無線反射板があります。
さすがにこの辺りでお腹もすいて来たので休憩します。
ほんの少しの差なのですが左側にくぼ地があり、そこが風も来ない休憩には適した場所だったので昼食をいただきます。
そんなに眺望はありませんがそれでもそれなりに景色が楽しめます。
風も全く感じないいい場所だったのでゆっくり休憩出来ました。
休憩を終えたら次の目的地へ進みます。
ちなみにここには四等三角点もあります。
ここからさらに急な下りを進んで行くと大峠に着きます。
女坂伝承地の石碑と祠があるので祠に手を合わせてから道標に従い下りて行きます。
しばらく進むと林道に出ます。
そのまま林道を下って行くのですが今年の大型台風の影響で倒木が道を塞いでいる箇所が二箇所ほどありますので気をつけて通過してください。
そのまま林道をさらに下って行くと集落に出ます。
針道と言う集落を通り過ぎてさらに下って行くと右側に滝があります。
この滝は不動の滝と言い、向かい側にある破不動尊と対になっています。
とても綺麗な滝なので見学しましょう。
私の最終目的地はこの破不動尊だったのでここも見学させていただきました。
この破不動尊にある大岩は談山が鳴動した時に真っ二つになったそうで確かにまるで刀で切ったように真っ二つになっていました。
一通り見学したらその先の新道を渡って右に進むと不動滝バス停があります。
バスの時刻表を写真に撮ろうと思っていたらバス停につくかつかないかくらいでバスが来たので乗り込みました。
コミュニティバスなので一時間に一本くらいなのでラッキーでした。
その後もトントン拍子で京都まで戻ることが出来たのでいつもの温泉と居酒屋で締めてから帰路につきました。

登山中の画像
登山画像
下居バス停です。
登山画像
バス停から少し上がるとこの看板があるので従い…
登山画像
先ずは音羽観音を目指します。
登山画像
音羽観音まではアスファルトの道です。
登山画像
貴重な丁石です。これを見ると音羽観音までは17…
登山画像
坂道は結構長いのでゆっくり進んでください。
登山画像
この辺りは景色を眺めながら進めます。
登山画像
道は一本道です。
登山画像
途中には案内看板があるので安心です。
登山画像
集落を抜けて行きます。
登山画像
この看板に従い、進みます。
登山画像
左の坂道を上がります。
登山画像
この辺りからノボリと丁石とお地蔵様が増えて行…
登山画像
坂道はさらに厳しくなって行きます。
登山画像
急坂を約1kmほど行くので足をいたわりながら進ん…
登山画像
周りの木々を見ればわかりますが結構急な上がり…
登山画像
途中にはこんな石碑もあります。
登山画像
このお地蔵様からさらに厳しくなって行きます。
登山画像
もう見ただけでわかると思いますが足首がひん曲…
登山画像
音羽観音までは車も行けるのですが関係者のみの…
登山画像
足元はコンクリートの道ですが山は綺麗です。
登山画像
こんな山深いところによくもまあお寺が出来たも…
登山画像
この丁石の場所は珍しいものがあります。
登山画像
コレです。さすがにお年寄りや荷物はこのトロッ…
登山画像
ここには面影橋があります。
登山画像
どれかな?と思って見たらこんな可愛い橋でした。
登山画像
道はさらに厳しくなって行きます。
登山画像
とうとう道の真ん中に階段まで現れました。
登山画像
このカーブを曲がると分岐に出ます。
登山画像
右はおそらく車用、参詣は左の階段から進みます。
登山画像
この石段を上った先が音羽観音です。
登山画像
境内は鮮やかな紅葉です。
登山画像
これで空が青く晴れていれば紅葉も映えたでしょ…
登山画像
仕方ないので緑とのコントラストを楽しみながら…
登山画像
お百度石です。
登山画像
本堂です。
登山画像
オハツキイチョウの説明看板です。
登山画像
オハツキイチョウです。
登山画像
レモンイエローがとても綺麗です。
登山画像
巨木好きにはたまりません。
登山画像
音羽山はここが登山口となります。
登山画像
ちゃんと道標もあります。
登山画像
今まではアスファルトかコンクリートの道でした…
登山画像
展望台との分岐があります。
登山画像
こちらは登山道です。
登山画像
展望台へはこの道を進みます。
登山画像
結構急な上がりとなります。
登山画像
途中でも景色が楽しめます。
登山画像
音羽山は樹林帯なのでここで景色を楽しんでくだ…
登山画像
高度が上がるたびに見える範囲が広がります。
登山画像
ただし、道は急坂です。
登山画像
展望台です。
登山画像
音羽三山を踏破しないのならここでゆっくりして…
登山画像
私は音羽三山を踏破するので先へと進みます。
登山画像
こちらが登山道です。
登山画像
ふと見るとこの急登は音羽山への近道と書かれて…
登山画像
当然身体を鍛えるために来ているので急登を登り…
登山画像
本当に急登なので足腰に自信のある方しかオスス…
登山画像
足首がひん曲がるほどの急登です。
登山画像
斜度はこんな感じです。
登山画像
こんな感じの道を上がってきました。
登山画像
ここからは傾斜が楽です。
登山画像
こちらが登山道です。が面白味にかけると思いま…
登山画像
山頂が近いようです。
登山画像
平坦な道を進みます。
登山画像
山頂のようです。
登山画像
道標もあります。
登山画像
眺望はありません。
登山画像
山頂です。
登山画像
経ヶ塚山へはこの道を進みます。
登山画像
三角点です。
登山画像
経ヶ塚山へはこの急な下りを進みます。
登山画像
道標もありますが文字が薄れて見にくいです。
登山画像
結構急な下りを進みます。
登山画像
当たり前ですが下ったら登り返します。
登山画像
道標は要所要所にあります。
登山画像
頑張って登り返します。
登山画像
尾根道に出ました。
登山画像
この上が山頂です。
登山画像
経ヶ塚山に着きました。
登山画像
この石灯籠が見たかったんです。
登山画像
残念なことに標高看板が倒れています。
登山画像
眺望はこんな感じです。
登山画像
灯籠は意外と大きいです。
登山画像
この日は風が強くて休憩するには寒いので先へと…
登山画像
次に目指すのは熊ヶ岳です。
登山画像
またもや急な下りを進みます。
登山画像
木々の間から見えるのが熊ヶ岳です。
登山画像
縦走は基本アップダウンの繰り返しです。
登山画像
当然登り返します。
登山画像
道標はしっかりありました。
登山画像
この日は絶好調でアップダウンもなんのそのです。
登山画像
熊笹に覆われた道を進みます。
登山画像
熊ヶ岳山頂です。三山の最高峰です。
登山画像
しかしここも眺望はありませんので先へと進みま…
登山画像
子熊ヶ岳山頂です。
登山画像
近鉄の反射板のあるところが休憩適所とガイドブ…
登山画像
ボチボチお腹が空いてきました。
登山画像
道標の大峠が次の目的地です。
登山画像
ありました、反射板です。
登山画像
反射板のそばにわずかなくぼ地があるのですが不…
登山画像
また、結構景色を楽しめます。
登山画像
反射板のそばには四等三角点もありました。
登山画像
さあ〜大峠に向かいましょう。
登山画像
大峠への道も急な下りです。
登山画像
足腰を痛めないように慎重に下ってください。
登山画像
大峠に着きました。
登山画像
大峠にはお地蔵様が祀られています。
登山画像
石碑もあります。
登山画像
大峠を満喫します。
登山画像
今まで歩いてきた道です。結構急な下りでした。
登山画像
こちらが帰り道です。
登山画像
大峠からも急な下りでした。
登山画像
林道に出ました。
登山画像
台風の影響で倒木が林道を塞いでいます。慎重に…
登山画像
二箇所ほど倒木が林道を塞いでいました。
登山画像
紅葉が綺麗です。
登山画像
多武峰の山々が綺麗です。
登山画像
集落を抜けて行きます。
登山画像
お不動様の滝が見えてきました。
登山画像
滝を見に行きます。
登山画像
これが破不動尊です。
登山画像
これを見たくてプランを立てました。
登山画像
名残惜しいですがお不動様に別れを告げます。
登山画像
滝を眺めながら帰路に着きます。
登山画像
不動滝のバス停です。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ