登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
混雑覚悟で紅葉が見頃の高尾山! 高尾山(稲荷山)→城山→高尾山(稲荷山)→極楽湯 高尾山・小仏城山(関東)
img

記録したユーザー

みち さん

この登山記録の行程

高尾山口駅(06:24)・・・稲荷山登山口(06:40)・・・稲荷山(07:10)・・・高尾山(07:44)・・・大垂水峠分岐(07:58)・・・城山(小仏城山)(08:27)[休憩 40分]・・・大垂水峠分岐(09:23)・・・高尾山(09:50)[休憩 10分]・・・稲荷山(10:38)・・・稲荷山登山口(11:07)・・・極楽湯(11:15)

総距離 約11.9km 累積標高差 上り:約905m
下り:約905m
コースタイム 標準:4時間50分
自己:3時間45分
コースタイム倍率 0.78
月曜から天気を睨んでいたら、雨の確率が10%から0%になった。

前夜、延々と悩みつつ、検索したり地図を見たりする。
高尾山のスタンプハイクに行きたい。
でも、紅葉が見頃で混みそう。だったら早く出る?
始発で行って、バスで陣馬山から高尾山…だと、結局混むか。
ということは、バスだけでなく、登山道も、もしかしたら温泉も?
だったら逆からで高尾山から陣馬山…だと、温泉側へ行くと
スタンプハイクのハンコが1つ押せなくなってしまう。
休日しか押せない場所を抑える?と、陣馬山から城山で下山。
それだと温泉は…。混雑する期間は日帰りやらないみたい…。
四辻からぐるっと歩きたい気分だけど、結局最後は高尾山…。
だったらいっそ、大山いくか…。あ、こっちも紅葉見頃…。

グルグル考えすぎて、嫌になってきて、もうとにかく始発で出て
電車の中で考える事にしたけれど、夜更かししたので寝ちゃって
気づいたら高尾駅を過ぎたところだった。
遠くの空が朝焼け。雲がピンクでキレイだった。

高尾山口駅は、意外と空いていた。
準備をしてから、のんびりとスタート。
稲荷山コースはポツポツと人がいて、嫌ではない程度。
高尾山山頂も、城山までの道も、スムーズだった。
空が青く晴れていて、紅葉が映える。

城山で陣馬山まで行くか迷いつつ、甘酒で休憩。
今日はなんだか、すごく調子良く歩けるから陣馬山まで行こうかな?
なんて考えていて、気づいたら、周りが人だらけになっていた。
スタンプハイクの事を思い出して、台紙をもらってハンコを押す。
久しぶりに極楽湯もいいな。とか、高尾山山頂もハンコ欲しいなと思っていたら
高尾山の山頂がすごいと話している人がいて、見物気分で戻る事にした。

城山から高尾山への道、逆側は行列みたいになっていた。
道を譲りつつ、ずーっと挨拶をする感じ。
たまに行列が途切れると、ホッとする。

高尾山の山頂は、朝、通った時とは大違いで人だらけ。
朝のホームみたいな感じで歩きにくい。
トイレとハンコを済ませて、これ以上の混雑は嫌なので
1号路は止めて、また稲荷山コースへ戻る。
これが失敗で、登ってくる人が多すぎて、思うように歩けない。
『登り優先』と思っていると、本当に進めない。
人が多すぎて、挨拶をする人も、ほぼいない。

途中、強引に下っていく男性がいたので、その後を歩かせてもらった。
申し訳ないけれど、そうしないと進めない場所がいくつかある。
道幅が広くなったところは、急ぎ歩きで進む。
山を楽しむって感じではなく、ちょっと悲しくなってきた。

いろいろ考えず、陣馬山の温泉を目指せば良かったなーと思ったけれど
やっぱり極楽湯はきれいだし、露天風呂は気持ち良い。
着替えて一杯…と思ったら、休憩所も混んでいてグッタリ。
帰りの電車は座れたので、ゆっくり寝ながら帰れた。

今回、私って山に何を求めているのかなー?って、下りはずっと考えていた。
紅葉は確かにきれいだけど、それは、混雑してまで見たい訳じゃないかも。
紅葉や花にはありまり興味なくて、晴れた空とか遠くの山を
のんびりマイペースで歩きながら、眺めたいって気持ちの方が強い。
スタンプハイクは、そのオマケみたいな感じかな…。
それよりも、山の後に温泉!これは譲れない。

今回は、自分のコース選択ミス。でも、紅葉は本当にきれいだったし
雪をたっぷり載せた富士山は美しかった。
それから、階段で立ち止まる事が減った。という事に気づいたのも嬉しかった。
高尾山から城山までのコースが大好きなので、また、空いた頃に行こうと思う。

登山中の画像
  • 雪たっぷりの富士山。やっぱり美しい
  • もみじ台の紅葉。青空が嬉しい
  • 2ヶ月弱ぶりの天狗さん。落ち着く〜
  • 城山の甘酒大好き!
  • 帰りの高尾山。人ばかり
  • 稲荷山も人ばかり
  • 極楽湯も人ばかりで、おつまみ出るまで40分待ち。結局、レモンサワーを2杯飲んでしまいました。おかわり買うのも15分待ち…。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

みち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年12月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!