登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
赤岳ピストン、赤岳鉱泉泊 赤岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

クマおとうさん さん
  • 日程

    2017年12月23日(土)~2017年12月24日(日)

  • 利用した登山口

    美濃戸口   美濃戸  

  • パーティ

    2人 (クマおとうさん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:美濃戸口までマイカー、路面状況良好、FFのスタッドレスで問題無し。赤岳までは、路面凍結と轍が深いため、車高の高めな4WDでスタッドレス+チェーンが必要。

  • 天候

    初日:晴れ、稜線はやや風有り、二日目:晴れ

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸口(06:30)・・・美濃戸(07:20)・・・行者小屋(10:00)[休憩 60分]・・・赤岳(13:00)・・・赤岳天望荘・・・行者小屋(14:45)[休憩 15分]・・・赤岳鉱泉(15:30)

【2日目】
赤岳鉱泉(14:00)・・・堰堤広場・・・美濃戸(15:00)・・・美濃戸口(16:00)

総距離 約17.7km 累積標高差 上り:約1,639m
下り:約1,639m
コースタイム 標準:9時間25分
自己:9時間45分
コースタイム倍率 1.04
当初、一日目に赤岳鉱泉まで行って、二日目に赤岳登頂し、下山する予定だったが、天気予報を見ると、一日目の方が良かったので、予定を変更、赤岳鉱泉ではなく、南沢コースから行者小屋へ、南沢コースはアイゼン無しで歩いたが凍結しているため、チェーンアイゼンがあると良い。行者小屋で不要な荷物をデポさしてもらい、アイゼンを付け、ストックからピッケルに持ち替え、赤岳山頂を目指した。流石のメジャールートで、人も多くトレースも非常にしっかりしている。さらには天気も良く、気持ちのいい登山ができた。文三郎道は急な箇所もあるが、鎖も多く、落ち着いて登ればあまり不安は感じなかったが、山頂直下は岩になるので、アイゼンで登るのに注意を要する。頂上から見事な阿弥陀や富士山を眺め、記念撮影したら、稜線を展望荘まで横風に注意しながら下り、地蔵尾根で赤岳鉱泉まで、地蔵尾根も急で階段も多く、慎重に降りる必要がある。行者小屋でデポしてた荷物を背負い、アイゼンを外して、ピッケルからまたストックに持ち替え、赤岳鉱泉まで約30分、赤岳鉱泉で小屋に泊まり、冬山の小屋のありがたみが身にしみる。晩ご飯もまさかのステーキで非常に美味しく、豪華過ぎたので、今後テントに戻れるか不安。
二日目は朝8:30から赤岳鉱泉のアイスキャンディをひとしきり遊び、ラーメンを食べて、持参した食料をあらかた片付け、14時に出発、北沢コースもアイゼン無しで歩いて降りたが、凍結箇所が多く、特に凍結した上に雪が乗ってると、うっかり滑って二度ほど転んでしまった。これまたチェーンアイゼンが便利そう。堰堤広場からは、タイヤで固められた道になるので、より滑る。車道歩きにうんざりしながら、下山し、美濃戸口の駐車券でコーヒーを頂き、近くの「もみの湯」に浸かって、帰宅。
天気が良く、人気のあるコースなので、非常に歩きやすく、非常に充実した山行となった。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ゴーグル、ザイル、ロープ、8環・ATC、カラビナ、環付きカラビナ、ビレイデバイス(確保器)、スリング(シュリンゲ)、ハーネス、ヘルメット
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

クマおとうさんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    唐沢鉱泉が冬季休業に入ったため唐沢鉱泉登山口までの道路が除雪されなくなります。渋ノ湯登山口をご利用ください
    21年01月22日(金)
    赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    周辺の積雪はあまり変わらず10~30cm。「アイスキャンディ」や周辺の氷爆は、順調に成長しています
    21年01月21日(木)
  • 北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    単独行の方が多くなっています。そのリスクを十分理解した上で入山してください
    21年01月17日(日)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    例年より登山者が少なく、降雪後はトレースがない場合もあります。マイナールートは特にご注意ください
    21年01月13日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

クマおとうさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2021年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...