登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
山梨 VOL.9 金峰山(関東)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2018年3月3日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:中央自動車道の「須玉IC」を出て、県道23号(増富ラジウムライン)を北上し、「みずがき湖」を右に行き、狭い道を進んで「増富ラジウム鉱泉」を抜け、さらに細い道を登って行くと「瑞牆山荘」に到着します。山荘の前を右折して富士見林道に入ると、100m先のゲートの左側に100台(一部未除雪)の無料駐車場があります。「須玉IC」から約25km・40分です。快晴予報の土曜日の5時50分着で6台目でした。

  • 天候

    快晴、至軽風/稜線~山頂:和風
    [2018年03月03日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

瑞牆山荘駐車場(06:20)・・・稜線ベンチ(07:00)・・・富士見平(07:15)・・・鷹見岩分岐(08:05)・・・大日小屋の上(08:20)・・・大日岩分岐(09:05)・・・2317m小ピーク(10:00)・・・砂払ノ頭(10:45)・・・金峰山山頂着(11:55)昼食・・・金峰山山頂発(12:25)・・・砂払ノ頭(13:05)・・・2317m小ピーク(13:30)・・・大日岩分岐着(14:00)休憩・・・大日岩発(12:20)・・・大日小屋の上(14:45)・・・鷹見岩分岐(14:55)・・・富士見平(15:25)・・・瑞牆山荘駐車場(16:00)


総距離 約11.5km 累積標高差 上り:約1,293m
下り:約1,293m
事前の情報では「氷の上に雪が乗っている状況で、前爪アイゼン・ピッケル必携」程度でした。
少し歩いてみたら、雪の下は全面氷だったので、駐車場からアイゼン装着で登り始めました。
ピストンの距離を考えると駐車場の車の少なさにちょっと驚きましたが、その通りの山でした。
「富士見平」までは普通に歩けましたが、「飯盛山」を右から巻き始めるとラッセルの状態です。
先行するトレースは2~3人程度しかなく、新雪にはまっている足跡の穴だらけの状態でした。
同時間に駐車場をスタートした方2人と、抜きつ抜かれつしながら先頭を譲りあって登ります。
膝上まで足を落としながら、長い樹林帯を抜け、「砂払ノ頭」に出るまで4時間半かかりました。
「砂払ノ頭」からは風の強い稜線歩きになるので、ここで服装や装備の変更をして再出発です。
快晴の強い日差しの中あまり強い風も無く、岩場では足元に注意しながら心地よく進みます。
しかしここでも雪は圧雪されていなく、ズボズボと足がはまる状態で、またしても先頭交代です。
遠くに「五丈岩」が見えていますが、雪に足元を取られて、なかなか山頂は近づいて来ません。
北面では固い雪にピッケルを差して、それ以外では雪にはまり、岩を乗り越え、山頂到着です。
「砂払ノ頭」から「金峰山」山頂まで1時間以上かかりましたが、その間ずーっと絶景連続です。
「金峰山」の山頂は、象徴である「五丈岩」の先になりますが、全体としては大きな広がりです。
広がりの中で昼食を取って、下山をしましたが、素晴らしい景色を眺めながらの稜線歩きです。
富士山、アルプス、八ヶ岳、そして八ヶ岳の手前には、なぜか小さな「瑞牆山」が印象的です。
「砂払ノ頭」からは延々の樹林帯歩きとなりますが、登りと違ってトレースが出来ていました。
しかし20人にも満たない登山者では圧雪までは至らず、ぐしゃぐしゃの雪道を下山しました。
春から秋の季節は、人気の「大弛峠」から往復4時間ちょいのお手軽な「日本百名山」ですが
人が少なくて、渋滞が無い、静かで美しい「金峰山」を満喫するには冬の季節がお勧めです。
雪質にもよりますが、長時間の樹林帯歩きの疲れを吹き飛ばすだけの稜線が見事な山です。

登山中の画像
登山画像
瑞牆山荘駐車場で0セットです
登山画像
駐車場からアイゼン装着でスタートです
登山画像
楽勝に見えますが、雪の下は凍っています
登山画像
稜線ベンチ 175m
登山画像
富士見平 265m
登山画像
「飯森山」を巻くまでは直線で登ります
登山画像
「飯森山」を右に巻いて登って行きます
登山画像
朝日が出てきましたが、すごい積雪です
登山画像
鷹見岩分岐 485m
登山画像
大日小屋の上 450m
登山画像
事前情報には無かった積雪量です
登山画像
「大日岩」の直下は滑落注意です
登山画像
大日岩分岐 640m
登山画像
トレースは3人程度で雪はまりです
登山画像
膝上の雪に足を落としながら登ります
登山画像
樹林帯は風が無く、ラッセル不向きです
登山画像
2317m小ピーク 775m
登山画像
かなり体力を使う雪中の樹林帯です
登山画像
「砂払ノ頭」へ向けて最後の急登が続きます
登山画像
「砂払ノ頭」から「富士山」が見えます
登山画像
「砂払ノ頭」へ出て視界が一気に広がります
登山画像
砂払ノ頭 880m
登山画像
「砂払ノ頭」からは危険な稜線となります
登山画像
「千代ノ吹上」の絶壁の彼方に山頂が見えます
登山画像
この状況では役に立たない鎖です
登山画像
絶好の天気の中、稜線を登って行きます
登山画像
近いようで遠い、「金峰山」の山頂です
登山画像
相変わらず、ズボズボの深雪です
登山画像
「金峰山」のシンボル「五丈岩」です
登山画像
「金峰山」の山頂は向こうのピークです
登山画像
「金峰山」山頂からの霊峰「富士山」です
登山画像
「金峰山」山頂からの「八ヶ岳連峰」です
登山画像
山頂横の岩の上からの山頂全景です
登山画像
金峰山山頂 1070m
登山画像
下山を開始します
登山画像
まだまだ雪がたっぷりあります
登山画像
下りの稜線の先に「瑞牆山」が小さいです
登山画像
こいつを登り返さなくてはいけません
登山画像
いい感じの雪庇です
登山画像
眼下の「瑞牆山」をアップにしました
登山画像
砂払ノ頭 885m
登山画像
やっと雪に道が付いていました
登山画像
2317m小ピーク 780m
登山画像
大日岩分岐着 640m
登山画像
今日は「大日岩」には登りません
登山画像
トレースが出来ましたが、深く足を取られます
登山画像
大日小屋の上 460m
登山画像
鷹見岩分岐 480m
登山画像
「富士見平」に向けて道が直線になりました
登山画像
富士見平 270m
登山画像
やっぱり「瑞牆山」は格好がいいです
登山画像
この溶けた雪が今晩凍りつきます
登山画像
「瑞牆山荘」は右、駐車場は左です
登山画像
瑞牆山荘駐車場に無事下山です
登山画像
お疲れ様でした
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ライター、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    2018年の営業を終了しました。ありがとうございました。
    18年12月01日(土)
    瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    2018年の営業を終了しました。ありがとうございました。
    18年11月26日(月)
  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    林道牧丘川上線・大弛峠が冬期通行止めとなりました。 そのほかの登山口からの通行は問題ありません。今シーズンは12月1日泊までの営業です
    18年11月21日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年12月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは?
軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。