登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
扇ノ山B・C SKI 扇ノ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2018年4月8日(日)

  • パーティ

    3人 (いずみやま さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:鳥取道からルート9号を蒲生トンネルに走り、岸田川を遡上して海上集落上の標高650m付近の路側へ駐車。徒歩で上山高原を目指す。

  • 天候

    ☁一時小雪 0℃ 山頂-2℃
    [2018年04月08日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

5:10⇒勝北支所5:30⇒7:20林道650m付近Ⓟ7:30→上山高原避難小屋8:30→ショウブ池8:48→コズッコ小屋9:32→オオズッコ10:26→10:56山頂避難小屋11:45☞1本目☛12:34小屋☞2本目☛稜線12:48☞オオズッコ13:03☞コズッコ小屋13:42☞上山高原避難小屋14:23→15:20駐車地15:30⇒17:40勝北支所⇒18:00着


総距離 約17.3km 累積標高差 上り:約1,171m
下り:約1,197m
↑1,233m ↓1,259m 18.9 ㎞ 22,940歩 7:50分 1/3人
海上集落から林道を詰め、標高520m付近のシワガラの滝駐車場まで登る。上へ伸びる林道に通行止めは無く、さらに800m程進むと残雪がカーブを塞いでいた。

ここで車は断念、少しバック、路側に駐車し出発だ。残雪が埋めたカーブには「旧草原界」の登山道標示があった。30m程で、残雪は途切れ、再び舗装が伸びている。

帰りの滑走を想定し、雪が続く状況を見ながら舗装林道を1㎞程登り、ヘアピンカーブの吹き溜まりを過ぎると上山高原の端に出た。陽当たりがよくなだらかな草原の間を、雪解けの林道が上山避難小屋(登山口)へ向かってカーブを繰り返している。

更に1㎞程高原を進むと、やっといつもの出発地、上山高原避難小屋へ到着した。時刻は8時半、ちょうど1時間スキーを担いで登ってきた。

ここからは雪に埋もれた林道を、シールSKIで進んで行ける。ショウブ池を過ぎ、コズッコ小屋の下まで林道を進みます。

ここで小休止、いよいよ山道へ進入です。時刻は9時半、歩き始めて2時間が経過しました。山道に取り付いて数分でコズッコ小屋へ出ます。

小屋の前が開けて雪の原っぱになっています。この辺りで新雪7・8㎝ぐらいでしょうか4月の雪が積もって、お山はリセットされています。

小屋から広いブナ林を緩やかにコズッコのピークへ向かう。途中、河合谷登山道との分岐指導票が雪の中に現れ、ルート確認ができた。更にブナ林を進んでコズッコ(1,159m)を通過。

次の目標は芦生杉の大株だ。地図ではここに大石からの登山道が合流している。左右に大杉があり、目印が無いブナ林でルート確認でき、ホッとできるポイントだ。

斜面は徐々に傾斜を増して、オオズッコの登りにさしかかる。一旦コルを通過し更に中斜面が続く。10時半前オオズッコ(1,273m)に到着。あと少しだ( `ー´)ノ…

次は難関のブナ斜面を下ります。ここのブナ林は陽当たりがいいからか?密生していて、その上根開きの穴が広がってシールSKIで滑り降りるのが難儀なのだ。

注意しないと木にぶつかりそうになるし、足元の穴に転落しかねない。Nさんも奇声を上げながら滑っている。(^-^;…

80m程高度を下げたコルには、兵庫から霧ヶ滝ルート・鳥取側の上地(わじ)ルートが登ってきている。

コルから登り返すと、扇ノ山の山頂稜線だ。ここまで来たらあとは一息、手前に畑ヶ平へ下る中国自然歩道の分岐があるが、この時期分厚い雪庇の下に埋もれている。鳥取市街の見える展望台も見えて来た。

11時前山頂小屋へ到着。\(^o^)/… 小屋の中に人影が見える。今まで踏み跡は見てない、どこから登ったのかな?

雪が降ってきて山頂気温は―2℃くらい、小屋に入って熱々ラーメンで元気注入です。
先客さんは2人連れの登山者。休憩中に2パーティ―到着1組は山SKI、出がけに来られたお二人は登山でした。

今日山頂でお会いしたのは登山2組と山スキー1組、そして我々3人組はテレマーカー2人と山SKIの管理人。

カフェも頂きたっぷり休憩、先ずは姫路側の斜面に向かう。上部はブッシュと笹が邪魔し、下りずらいがブナ林に出るとリセットされた広い斜面が落ち込んでいる。

春特有のストップ雪だが、その分スピードが出ないので、小曲にトライ、下に向いて雪を削って落ちてゆく。1,170m付近までドロップしてみた。

高度180mの登り返し、今日は新手の「フィッシャー、プロフォイル」鱗シールを使用。新雪グリップは申し分ないことを確認したが、硬い斜面には弱い。古い雪面が出たところではズリずり滑って不安定だった。

小屋へ登り返して2本目はふるさとの森方面へドロップ。
2本目はシールを付けたまま滑走してみた。

こちらは前方向にはなんとか滑るが、テールがズレない。結果シュテムスタンスを取らざるを得ない。満足なシュプールは書けず、やはり滑走は面倒がらずにシールは剥がしたい所です。

早々に止まりトラバースして帰りに向かう。帰りもオオズッコの登りに備えシール装着の儘滑る。

オオッズッコへ登れば後は下りで楽勝だ、と思って頑張った。しかし昼からのストップ雪はさらにブレーキが効き、漕がないと下ってくれない。1時間もあれば上山高原まで下れると思ったが、甘かった。途中で林道を登って来た単独登山者と、犬連れの単独山スキーヤーにお会いした。オオズッコから1時間20分、やっと上山高原まで下山した。

舗装林道の下りがまだ2km残っている。残った雪を拾いながら滑ったり歩いたりして、車に帰ったのは1時間後の15:20分、駐車地は車が2台増えていた。

扇の山の賞味期限はもう少し先だねと話しながら無事下山しました(^_^)v

詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.jp/2018/04/201848bc-ski1310m.html

登山中の画像
登山画像
旧草限界指導票をスタート、舗装林道を登る
登山画像
上山高原の広い草原を登る今朝は4月の雪で白くな…
登山画像
高原の説明板を見る
登山画像
登山口の上山高原避難小屋へ到着ここまで1時間経過
登山画像
林道をトレースして進む
登山画像
林道は深い雪の下斜面をトラバースしていく。
登山画像
コズッコ小屋へ向かう2人ここで2時間経過
登山画像
コズッコ小屋は開けている
登山画像
タムシバの花は霜に当たったようだ
登山画像
霧氷の下を進んでいく
登山画像
霧氷の花が咲いています
登山画像
目印の芦生杉に到着
登山画像
頂上稜線の展望台へ到着あと一息
登山画像
山頂避難小屋到着 小雪が降ってきた小屋の中に…
登山画像
1本目ドロップしてシールを装着中少し晴れ間が出た
登山画像
1っ本目滑った斜面を登り返す
登山画像
さらに1本滑り下りに向かう芦生杉まで下ってきた
登山画像
霧氷の見納め
登山画像
コズッコ小屋まで下りて来た
登山画像
帰りの林道 下からおひとり登ってこられた
登山画像
ショウブ池付近から今日歩いた尾根筋を振り返る…
登山画像
上山高原避難小屋へ下山
登山画像
下りの林道は雪を拾いながら滑ったり歩いたりし…
登山画像
旧草原界の指導票へ無事下山
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年10月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!