登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
ビワイチついでに賤ケ岳 賤ヶ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

yzr400 さん

この登山記録の行程

登山口山頂登山口

1日目
朝、3時に起きて4時20分にマンションを出て山科から大津へ!
ビワイチは瀬田の唐橋からみたいだけど近江大橋を渡って少しショートカット(^^
今日は晴れの予報だけど朝方は曇っている(><)
琵琶湖の東岸から比叡山を左手に見ながら一路、琵琶湖大橋へ!
琵琶湖大橋から更に北上してヒコニャンのいる彦根に到着したのが9時くらいだったからな?
長浜の手前、長浜バイオ大学ドーム近辺でやたらと警察官が多く警備にあたって少し行った所で警備の人に止められて皇太子様が通行するまで通れないとの事!
セブンイレブンの駐車場がお迎え?場所に指定されているみたいだったので自転車を止めてお迎え(^^
先導のパトカーだけど3分前は「3」の数字を貼ったパトカーが通り「2」「1」と続き、皇太子様の車が駐車場に近づくとスピードを落として手を振っていただけた(^^
皇太子様が通過した後は集まっていた人はそれぞれに解散し、私も北上を続ける!

余呉湖に到着したのが12時くらいだったかな?湖畔を回って国民宿舎跡近くの登山口に自転車を止めて賤ケ岳へ!
ホントならゆっくりと縦走して目指したかったけど、時間と体力から今回のコースを選択した。
1時間かからずして山頂に到着、午前中曇ってた空は青空になって琵琶湖や周辺の山々が綺麗に見えるけど冬場みたいにクッキリとはいかない(><)
山頂で景色を堪能した後は自転車を回収して再び、ビワイチのコースを走る!
海津大崎からマキノ、近江今津を越えた辺りで自転車がパンクしてしまったのでやむなく近辺でテントを張ってこの日の走りは終了!
テントを張ってパンク修理もせず、途中で買った唐揚げとビールで一息つく(^^
一息ついた後はパンク修理をして本格的に晩御飯の用意♪
今夜はハンバーグのホットサンドだ(^^
ご飯の後、歯を磨いて横になったら朝が早かったのでバタンキュー!!

夜中に蚊に噛まれて目を覚ますが眠いのでムニュムニュしながら朝を迎える。

2日目
朝起きると、蚊が2匹彷徨っていたので叩くと私の血を吸っていたのだろう手が血まみれだ(><)
テントを撤収して朝ごはんを食べて湖西を南下!
道の駅「しんあさひ風車村」にさしかかると工事かと思いきや閉鎖されて取り壊されているようだった。
国道161号線に合流してしばらく行くと湖の中に鳥居が現れて白髭神社に到着!
ここでしばしの休憩をとってから再び南下してバイパス手前から湖岸のサイクリングロードへと入って蓬莱までこの道を行く事になる。
近江舞子を越えて、比良駅から堂満岳を横目に走る、蓬莱からはほぼ国道を走ることになった。
琵琶湖大橋のマクドナルドでソフトクリームを食べて浜大津に着いた頃にはいつの間にか空は曇り空(><)
浜大津でちょっと休憩をしてから帰路についたが最終的に230kmを走って家へとたどり着いた。



登山中の画像
登山画像
4時過ぎに自宅を出発だ!
登山画像
逢坂山
登山画像
早朝の琵琶湖(大津西側から)
登山画像
早朝の琵琶湖(東側から)
登山画像
琵琶湖大橋北東近辺で
登山画像
ちょっと休憩
登山画像
面白い照明だ!
登山画像
彦根城
登山画像
彦根城(工事している?)
登山画像
彦根城
登山画像
彦根城
登山画像
長浜バイオ大学近辺で
登山画像
皇太子様
登山画像
多くの人でした
登山画像
伊吹山
登山画像
長浜城
登山画像
道路にはビワイチ
登山画像
賤ヶ岳登山口
登山画像
余呉駅
登山画像
余呉駅で出発から120km
登山画像
余呉湖の一周は6.8km
登山画像
余呉湖
登山画像
賤ヶ岳登山口今回はここからピストン
登山画像
賤ヶ岳山頂
登山画像
賤ヶ岳山頂へタッチ
登山画像
余呉湖方面
登山画像
七本槍?8個あるよね?
登山画像
登山口に戻って来た
登山画像
ホントならここから登って縦走したかった!
登山画像
すっかり天気も良くなった(^^
登山画像
奥琵琶湖
登山画像
海津大崎
登山画像
ふ~!良く走ったな~!
登山画像
とりあえずのどが渇いたので(^^
登山画像
パンク修理をしないと(><)
登山画像
今宵の寝床
登山画像
晩御飯はホットサンド♪
登山画像
撤収!
登山画像
毛虫がたくさんいた(><)
登山画像
ありがとう~~~!!
登山画像
今朝は天気がいいね!
登山画像
白髭神社の鳥居が見えてきた(@@)
登山画像
白髭神社の鳥居
登山画像
堂満岳、武奈ヶ岳方面
登山画像
蓬莱山方面
登山画像
サイクリングロード
登山画像
浜大津で!
登山画像
ずいぶんと雲が出てきた
登山画像
鴨川まで戻って来た!
登山画像
総走行距離は?
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、スニーカー・サンダル、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ロールペーパー、非常食、行動食、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
【その他】 予備チューブ、炭酸ガス、輪行袋
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yzr400さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yzr400 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨時々曇
(日本気象協会提供:2019年10月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!