登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 9
鳳凰三山縦走 ドンドコ沢~中道の日帰り(南アルプス)
img

記録したユーザー

ずん さん
  • 日程

    2018年6月17日(日)

  • 利用した登山口

    青木鉱泉  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:青木鉱泉に4:10着 駐車場受付は帰ってきたらワイパーに紙が挟んであるので後払いにて精算。
    4割ほどの駐車率
    薄暗い夜明け前、林道は鹿が横切ったりするので注意

  • 天候

    到着まで小雨ガスぎみ、稜線が見えるので天気予報を信じ出発。天気予報大当たり、快晴
    [2018年06月17日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

青木鉱泉(04:30)・・・南精進ノ滝(06:07)[休憩 5分]・・・五色ノ滝(07:45)[休憩 15分]・・・鳳凰小屋(08:55)[休憩 15分]・・・アカヌケ沢ノ頭(10:05)[休憩 20分]・・・観音岳(12:00)[休憩 30分]・・・御座石(13:41)・・・中道登山道入口(15:00)・・・青木鉱泉(15:45)

総距離 約14.5km 累積標高差 上り:約2,074m
下り:約2,074m
コースタイム 標準:11時間55分
自己:9時間50分
コースタイム倍率 0.83
三山縦走、極楽浄土をおいしいとこどり定番日帰りルート。でも、ホントは日帰りはきついんじゃないの?を体験してきました。

興奮してか1:30起き、双葉SAで軽食を取って青木鉱泉に4時過ぎに到着は予定より1時間早め。4:30気温12℃長Tにウインドブレイカーで出発。
夜は明けているけど山の中はまだ薄暗い。沢や滝近くでは気温が下がり気味にて9℃ほど。しかし暑いのでウインドブレイカーを脱ぎます。
鳳凰小屋15℃山頂付近17℃上着いらず、最高のコンディション。
水分はペット3本水筒1本。鳳凰小屋までにペット1本摂取し、水場で補給。水筒に補給を忘れる。摂取量は補給を含めペット4本分。
携帯、スマホはおおむね圏外。微弱に繋がる箇所あり、観音岳は微弱より強めで通信可でした。

以下箇条書き
上り編
●鳳凰小屋を10:00までに通過が目安となります。5:00青木鉱泉スタートが最終ラインでしょう。中間は30分ほど鳳凰小屋よりの位置に白糸ノ滝があります。ここまで2時間半ならあと2時間と思ってください。
●無休憩になりがち。鳳凰小屋まで歩き始めて4~5時間掛かります。上りなら90分から2時間おきには荷物をおろした小休止が欲しいとこ。南精進ノ滝、鳳凰ノ滝、白糸ノ滝とスポットはありますが、景観は良しでも休憩には適したスペースではありません。
●腹が減る。行動食は少ないながらもゴミが出るのを嫌ってこれまではほとんど取らなかったのですが、あめ玉一個で元気が出ます。立ち止まった休憩や歩きながらでも口に入れられる行動食を多く持ったほうがいいでしょう。

下り編
●展望無し
●下りは楽に重力に任せスタコラサッサとは行きません。上りと同じく狭い登山道は一歩ごとにつま先からの丁寧な足運びを求められ、行程が予定より早まるだろうことは無いと思います。
●つま先が痛い。長い下りで親指に水ぶくれ、小指は爪に内出血。この退屈かつ4時間近い下りが最大の難所だったりして。つま先に余裕があるものや足首でホールドする靴がいいかもしれません。爪のお手入れも忘れずに。

総括としては、道中に危険や恐怖を感じる場所もなく初心者でも歩きやすい。一泊がベストなのは楽しい稜線歩きと長い下りがセットで一日分ということでしょう。上りより下り重視で考えたほうがいいかもしれません。
私も日帰りでいきなりここは難しいかもしれませんが、一か月の山行でここまで登れるようになりました。シーズン始まったばかり、まずここ目標でやってきた甲斐がありました。



登山中の画像
  • 稜線は晴れ
  • 反対側は曇天この辺が天気の境目でしょうか
  • 日の出からしばしあと、ようやく太陽が山を越えてきます
  • 緑が眩しい
  • キノコやら
  • 生命力に満ち溢れてます
  • 南精進ノ滝
  • 五色ノ滝分岐 滝つぼまで下りられます。
  • 水量、落差、山奥で立派な滝ですね ここでようやく休憩できるスペースがあり、おにぎりタイム
  • 虹掛かる滝
  • 鳳凰小屋までもう少しのところで沢に出て視界が開けます。オベリスクに釣られて沢を渡ると道間違え。沢を上ります。
  • 鳳凰小屋。御座石ルートと合流し、皆が目指してくる休憩スポット。ここまでが長いのよ
  • 地蔵岳に向かって
  • 振り返れば雲海
  • 観音岳に富士が並び立つ。写真じゃ富士山の存在感が物足りないなー
  • 飛行機もたびたび通過
  • 今行くぜ!
  • てっぺんまで行けんのかな?
  • あと一段!といったところでよかろうかい
  • 賽の河原
  • 絶景の縦走 言葉はいらないですね
  • この縦走が見たかった、来てよかった、来れた喜び。
  • 梅雨時にこの天気はもうけたなー
  • 下りたくない。そんなハイカーの言葉が全てを語ってくれてますね。
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、ストーブ、燃料、ライター、コッヘル
参考になった 9

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ずんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 南アルプス市 北岳山荘~北岳
    南アルプス市 北岳山荘
    北岳山荘は2020シーズンは営業を行いません。林道および登山道は利用できません
    20年07月02日(木)
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    感染症対策して営業中(小屋泊、テント泊とも要予約。売店なし)。黒戸尾根はほぼ融雪
    20年06月25日(木)
  • 南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    6月の週末(金土)および7月より宿泊営業を再開、利用案内をご確認ください。ドンドコ沢は通行困難
    20年06月25日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ずん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 9

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月8日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。