登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
山梨百名山No.89笹山(黒河内岳)四天王3座目 笹山[黒河内岳](南アルプス)
img

記録したユーザー

カズパパ さん

この登山記録の行程

塩見橋近傍駐車スペース(6:00)→水場入口(7:40)休憩9分→幕営地(9:26)休憩3分→笹山南峰(10:41)休憩5分→笹山北峰(10:52)休憩41分→笹山南峰(11:42)→幕営地(12:30)休憩5分→水場入口(13:31)休憩8分→途中休憩3分→塩見橋近傍駐車スペース(14:52)


総距離 約12.9km 累積標高差 上り:約2,046m
下り:約2,043m
山梨百名山89座目となる笹山(黒河内岳)に行って参りました。この山は山百の四天王の一つと言われており、破線ルートですが最近では登山者も増えたこともあり、テープが随所に付いていて、少し注意すれば迷うことは無いと思います。
奈良田湖を渡る150Mはあろうかという吊り橋にまずびっくりです。少し湖沿いを歩き、通行止のトンネル手前で山方面に向かうと登山道に入ります。ここはいきなりの急登でせりあがる斜面を九十九折しながら登っていきます。標高1000M付近のダム設備を越え、しばらく歩き尾根の少し開けたところでようやく山々の景色が目に飛び込んできます。しかし、朝方まで残った雨の影響かガスってきています。スタートから1時間40分程で水場入口に到着、標高1603Mですので750M程登ったことになります。標識には水場まで400M、往復20分と記載されていましたが、とても立ち寄る気にならず10分程休憩して先に進みます。
なだらかな道はほとんど無く、基本登り、急登といった感覚で標高を上げていきます。2300M程まで登ると幕営適地に到着、確かにテントは張れそうですが、眺望はありません。山と高原地図の次のポイント2560地点を目標に登っていきますが、それらしき標識も無く見つけることが出来ません。標高2550Mを超えたあたりで前方上方にピークが見えます。あれは笹山なのか、2560地点なのか疑問に思いながら登っていくと笹山南峰に到着です。破線ルートだからなのかコースタイムがアバウトな気がします(あまりにも早く着いてしまった)。笹山南峰は低木に囲まれていて景色が良さそうなのは分かりますが、木の間からの眺望しかありません。ここで今日初の登山者(男性ソロ)にお会いしました。北峰に行かれたかをお聞きしたところ、ここまでで疲れすぎたので下山するとのこと。コースタイム10分で360度の大展望と調べていたので、えっ〜と少しお話ししたら白河内岳を北峰と勘違いされていた様子。改めて見直してみたところ、低木の間からすぐ近くの小山に2人の登山者を見つけ、あれなら行くべしと気を取り直されました。私の後をすぐに着いて来られ一緒に北峰に向かいました。北峰到着間近で別のソロ男性が下山、北峰でもう1人ソロ男性がいらっしゃいました。山頂はまさに360度の感動物の大展望。富士山側には雲が広がっていましたが雲海の上から顔を出している姿も神々しい感じ。南アルプスの荒川岳、塩見岳や間ノ岳、農鳥岳、北岳そして鳳凰三山がきれいに見える大絶景です。先程南峰で下山しようとされていた方も大満足の様子でした。
眺望を堪能しながら昼食をとった後、下山路に向かいます。南峰までの間にご夫婦1組とすれ違い、今日の出会いはソロ男性3名とご夫婦1組でした。帰りは行きと反対で下り一辺倒です。膝に痛みが来ないよう慎重に歩きます。踏み固められていない場所では特に転倒に注意しながら下り、何とか奈良田湖に着き、吊り橋を渡り山歩き完了です。
道迷いの可能性が少なくなったとは言え、標高差1900M弱、道中は9割方樹林帯で、精神的に厳しいところは四天王の片鱗を見せつけられました。しかし、足に自信がある人であれば苦しんで、苦しんで、苦しんで最後に最高のご褒美という山ですので、一登りの価値はあると思います。

登山中の画像
  • 塩見橋近傍駐車スペース
  • 塩見橋
  • 長~い、結構揺れる~
  • 登山口
  • いきなりの急登、九十九折りで登っていきます
  • ダム設備
  • ギンリョウソウ
  • 水場入口 標高1603M
  • うっそうとした樹林帯
  • 厳しい登り
  • 北岳!
  • 鳳凰三山
  • 奥秩父の山々?
  • イワカガミ
  • 幕営適地
  • 道が狭くなってきた
  • 木々の間から雲上の富士
  • 結果、笹山でした
  • 山頂直下の登山道横、唯一の残雪でした
  • 山梨百名山標柱(南峰)
  • 南峰からの白峰三山
  • 北峰からの360度のパノラマ 感動物です
  • 荒川、赤石、聖方面、勉強不足で山座同定できません・・・
  • 蝙蝠岳
  • 塩見岳
  • 中央アルプス
  • 白河内岳
  • 間ノ岳、農鳥岳、北岳 白峰三山
  • 鳳凰三山
  • 富士山
  • 急降下
  • ようやく奈良田湖に到着
  • 広場からの塩見橋
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カズパパさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    「山の日」の頃の暑さから比べると、ずいぶん涼しくなってきました。秋を感じ始めています
    19年08月22日(木)
    南アルプス市 北岳山荘~北岳
    南アルプス市 北岳山荘
    落雷注意! 夕立・雷雨の発生率が著しく上昇し、早い時はお昼前でも雷が発生しています。
    19年08月09日(金)

登った山

関連する登山記録

もっと見る

カズパパ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年8月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...